SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

『ボクらを見る目』と共に観て欲しい作品集

『ボクらを見る目』と共に観て欲しい作品集 先日Netflixにて配信された『When They See Us / ボクらを見る目 (2019)』を観た人たちは色々と衝撃を受けたらしく、大きな反響を受けている。「これが事実だなんて酷すぎで、観るのが辛かった」…この意見が多かっ…

ブラックムービーの今

総合エンタメニュースサイトのリアルサウンド映画部さんにて、ブラックムービーに関するコラムを寄稿いたしました。2018年、『ブラックパンサー』から始まった怒涛のブラックムービーたちの活躍。それを裏付けることや、それの起源とは?そして日本ではどう…

2019年ゴールデン・グローブ賞ノミネート

2019年ゴールデン・グローブ賞ノミネートのまとめ 2019年1月6日発表のゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表。今年は映画ドラマ部門作品賞でブラックムービーが3作も入るという快挙を成し遂げたのと、140字じゃ収まり切らないので、ブログでまとめます。…

ブラックムービー ガイド

本日(2018年10月15日)から拙著「ブラックムービー ガイド」が発売になります。 Amazon.co.jp : ブラックムービー ガイド 杏レラト/ブラックムービー ガイド - TOWER RECORDS ONLINE 楽天ブックス: ブラックムービー ガイド - 杏 レラト - 9784905158608 : …

細胞も貢献も怒りも死なず『The Immortal Life of Henrietta Lacks』

2010年に発売されベストセラーとなった「The Immortal Life of Henrietta Lacks(不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生)」を映画化。というか、その本にするまでを映画化。この話が映画化される時に読んだ映画のプロットを読んでも正直言っ…

新・セントルイス・ブルース『Cronies』

ラップ界の歴史の語り草となっている数多くの名曲を生んだ「ロクサーヌ戦争」を描いた映画『Roxanne Roxanne / ロクサーヌ、ロクサーヌ (2017)』が、今年初めに行われたサンダンス映画祭にて好評を得た。ラップも映画もマハーシャラ・アリも大好きな私は、た…

しごきとイジメと暴力と縦社会『ヘルウィーク』

日本とアメリカの大学の大きな差はフラタニティ&ソロリティとサークルだと思う。グループを作って、飲み会したり、ゆくゆくはOBからの就職のヘルプなど、大まかに似ている点はあるけれど、フラタニティの方がはるかに厳しい感じを受ける。フラタニティは規…

『ムーンライト』をより愉しむために

アカデミー作品賞を見事に獲得した『ムーンライト』を観て、一番に感じたのが黒人の詩人たちの世界観。叙情的ながら自分たちらしいリズム、そして言葉に隠された深い意味と感情、心を抉る圧倒的なパワー。特にラングストン・ヒューズに似ていると思った。ラ…

『ムーンライト』の先駆者たち

『ムーンライト』がアカデミー賞の作品賞を取ってくれて、本当に良かった。そしてこの映画で本当に良かった。心からそう思う。なぜなら日本では特にオスカーを取った作品だからというだけで作品を観てくれる人が多数居るからだ。そうして『ムーンライト』を…

ブラックホラー映画の名作が誕生した背景『Get Out』

黒人が主役のホラー映画は生まれにくい背景がある。なぜなら黒人自身が黒人は賢いと思っているからだ。まず、怪しい人里離れた小屋とか行かない。普段から危機管理能力が優れていて、怪しいと思ったら、速攻逃げる...と彼ら自身がホラーを見ながら口にしてい…

私が黒人ボンドに拘る理由

イドリス・エルバ主演の『Bastille Day / フレンチ・ラン (2016)』。ツイッターには「『ダイ・ハード』とか『エンド・オブ・キングダム』みたいなちょっとだけやさぐれた男が悪に1人で立ち向かう系の映画が好きな人におススメ」と書きましたが、正式に書くと…

第89回アカデミー賞予想

今回は珍しくオスカー作品割りとほぼ観ている。作品賞のは全部観た!ブラックムービーが3作も選ばれているのも理由の一つかもしれない。去年は予想をボイコットしましたが、今年はやりますか。まだまだ不満は沢山ありますけれど。 作品賞 『Moonlight / ムー…

『Sweet Micky for President』とハイチとフージーズ

ターコイズ色の海に白浜という美しいカリブ海に浮かんでいる島をドミニカと共有しているハイチ。2010年の大地震も記憶している人は多いだろう。そんな大地震の直後に行われた大統領選と、ハイチが生んだ世界的スーパースターのフージーズのメンバーであるプ…

『The New Edition Story』音楽映画はこう作れ!

私が10代の頃から憧れのニュー・エディション。友人たちがスマップで騒いでいた頃、「いやいや、ニュー・エディションこそナンバーワンボーイズバンドでしょ!」とは友達が減るので言えず、心の中で叫び続けた学生時代(ちなみにそんな私も今じゃスマップの…

『Life, Animated』とドキュメンタリーに拘る監督たち

今回の第89回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー部門にノミネートされた『Life, Animated / ぼくと魔法の言葉たち (2016)』。自閉症の青年は、家族の支援を受けながら、大好きなディズニー映画と共に自立を目指す事を追っているドキュメンタリー映画だ。自…

教科書には載っていない偉大な功績を残した黒人たちと『Hidden Figures』

公民権運動の波が押し寄せていた1961年に、数学者キャサリン・ジョンソンとエンジニアのメアリー・ジャクソンと2人を支えたドロシー・ヴォーンの3人の女性がNASAで働いていた。そんな3人の活躍を『The Help / ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜 (2011)』調に…

2016年最高傑作『ムーンライト』で感じたLA反逆者たちの功績

アカデミー賞の作品賞にもノミネートされた『Moonlight / ムーンライト (2016)』。バリー・ジェンキンス監督の故郷マイアミを舞台にした少年が大人になるまでを主人公の性と環境と共に描いた作品。作られた時には殆ど話題にならず、余り有名とは言えないテル…

『Fences』とオーガスト・ウィルソンの舞台はなぜ評価され人に愛されたのか?

オーガスト・ウィルソン。1945年ペンシルバニア州ピッツバーグに生まれ育ち、2005年に享年60歳にて他界した舞台の劇作家。生まれた時の名前はフレデリック・オーガスト・キッテル・ジュニア。ドイツからの移民の父とアフリカ系アメリカ人の母の間で生まれ、…

#OscarsSoWhite

オスカーの前日及び前には、ここ何年か続けてアカデミー賞受賞者予想をしていたのですが、今年は抗議の意味も込めまして...やりませんー!知るかー!!ボイコットではないです。という訳で、なぜかオスカーにはカスリもしませんでしたサミー・デイビス・ジュ…

When I made that turn off the 110...

先日コンプトンが舞台の映画『Christmas in Compton / 日本未公開 (2012)』に書いた時に思ったのですが、多分日本人にはコンプトンと言われてもピンと来ないですよね。コンプトンにイングルウッドにロングビーチにクレンショーにサウスセントラル、最近だっ…

映画での黒人スーパーヒーローの一覧

@LeratoAnzjp: デビット・ウォーカー氏による映画での黒人スーパーヒーローの一覧!素晴らしい?!ブランクマンはもちろんAbarからブラザー・チャールズまで!!Petey大好き!URL2015-11-27 00:08:31 via Twitter Web Client @LeratoAnzjp: 『Abar, the First…

Straight Outta Comptonの評判

@LeratoAnzjp: ハリウッドリポーターの『Straight Outta Compton』のレビューを読んだけど、分かり難い!分かった事はイェラとMCレンの出番は少なく、シュグ・ナイトは悪役で出番多しという事#StraightOuttaCompton URL2015-07-31 22:49:35 via Twitter Web …

最近のヒップホップ映画のオールドスクールへの回顧現象について

@LeratoAnzjp: 「ローリングストーン」誌による映画・ドラマでヒップホップの回顧ブームについての記事。ただ単にあの頃は良かったと回顧するだけでなく、過去と今を結びつけ、未だ(警察の暴力や学校の不備など)現状が変わっていない事も表現している。URL2…

グローリー/明日への行進関連

@LeratoAnzjp: 本日から日本公開となっている『グローリー/明日への行進』について、明日発売の映画秘宝の8月号に寄稿させて頂きました!「私には夢がある」じゃないですが、私の夢はキング牧師について書かせて頂く事でした。感動で震えております。よろし…

マイケル・オアー

@LeratoAnzjp: 映画『しあわせの隠れ場所』となったNFLのマイケル・オアーはその映画が嫌い。理由は映画以降、普通のフットボール選手として見られなくなり、キャリアを傷つけられたから。URL2015-06-18 22:55:08 via Twitter Web Client@LeratoAnzjp: 確か…

Love & Basketball / ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム (2000)

@LeratoAnzjp: うわ!『Love & Basketball / ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム (2000) URL』が全米公開から15周年目で、LA映画祭にてリユニオンQ&Aを開催!15年かー!!2015-06-16 23:52:04 via Twitter Web Client 主役のオマー・エプスとサナー・レイ…

ジェームス・ブラウン〜最高の魂(ソウル)を持つ男 大ヒット祈願

@LeratoAnzjp: うぉん!(ノω・、) ウゥ・・・ ありがとうございます!!映画ヒットが日本でしますよーに!! URL2015-05-29 23:31:55 via Twitter Web Client@LeratoAnzjp: RT @synergyr: あ。『ジェームス・ブラウン』には「ウォーキング・デッド」のモーガンがJBの…

Timbuktu

@LeratoAnzjp: アブデラマン・シサコ監督の『Timbuktu』がワールドワイドのトレンドに入っている!イギリスでの公開が始まったからみたい。それだけで入るとは凄いでしょ!アメリカでは劇場公開は映画祭と限定だけど、来月にDVD発売!楽しみー URL2015-05-29…

AFFRM

@LeratoAnzjp: 『グローリー』のエヴァ・デュヴァネイ監督が今日は朝からツイッターでキャンペーン中。ジョン・シングルトンやタイラー・ペリーなどの黒人監督43人(もっと増えているかも)と一緒に@AFFRMへの加入を訴えている。黒人映画人たちが結集し、黒…

Ride Along / 日本未公開 (2014)

全米公開が控えているアイス・キューブとケビン・ハートの共演コメディ「Ride Along / 日本未公開 (2014)」。色々なプロモーションをやっていますので、その映像集。NBAとタイアップして、カーメロ・アンソニーとクリス・ポール等が出演のプロモCM。懐かしい…