SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

マーロン・ウェイアンズの魅力が丸裸『ネイキッド』

甘えん坊で構ってちゃん、しつこいけれど兎に角ついてくるので、どうも憎めない。最後だし甘やかしてしまえ!やっぱり可愛い、とにかく可愛い。という末っ子の特徴であり魅力が出まくっているのがマーロン・ウェイアンズ。それもその筈。10人もいる兄弟の末…

ニック・キャノンはきっといい友達『School Dance』

コメディアンでTV司会者で音楽もやって、マライア・キャリーの夫でもあったニック・キャノンの監督・脚本・制作・出演(ちょっとだけ)作。カリフォルニアの高校を舞台にしたコメディ。最近ではスクールカーストと言われているけれど、この映画では黒人らし…

追悼ディック・グレゴリー

50年代から活躍したスタンダップコメディアンのディック・グレゴリーが細菌感染で病院にて療養中に心不全により、2017年8月14日に他界した。84歳だった。スタンダップコメディでは第一線で活躍しながらも、ビル・コズビーやリチャード・プライヤーのように映…

今世紀最高のコメディアン、デイブ・シャペルはなぜそんなに凄いのか?『デイヴ・シャペル』

2000年以前はリチャード・プライヤー、2000年以降はデイブ・シャペルが、スタンダップコメディの神。『Dave Chappelle: Killin' Them Softly / 日本未公開 (2000)』を観てからは、その位に私は思っている。日本ではデイブ・シャペルよりもクリス・ロック、ク…

マライアの夫とはもう言わせない『Nick Cannon: Stand Up, Don't Shoot』

何度でも書かせてもらいますけど、ニック・キャノンがマライア・キャリーと結婚した時、日本で「ラッパーのニック・キャノン」と書かれて、お腹抱えて笑ったのが今でも忘れられない。まあ一様音楽活動もしているので、間違いじゃないんだけど、アメリカ黒人…

選挙後にデイブ・シャペルが『サタデー・ナイト・ライブ』で語った大事な事

2016年11月8日、アメリカで大統領を決める選挙の日。アメリカは日曜とか普段の日とか関係ない。4年に一度必ず11月8日に選挙が行われるのだ。その直後の11月12日の『サタデー・ナイト・ライブ』のホストにデイブ・シャペルが決まったのが、11月4日。『サタデ…

#OscarsSoWhite

オスカーの前日及び前には、ここ何年か続けてアカデミー賞受賞者予想をしていたのですが、今年は抗議の意味も込めまして...やりませんー!知るかー!!ボイコットではないです。という訳で、なぜかオスカーにはカスリもしませんでしたサミー・デイビス・ジュ…

デイブ・シャペル

@LeratoAnzjp: デイブ・シャペルが高校時代に出演したエイズ/HIV知識啓蒙の為のビデオ。17歳位?ラップまでやってるよ!URL URL2015-10-13 07:47:06 via Twitter Web Client

トレイシー・モーガン

@LeratoAnzjp: ウォルマートのトラックと衝突し事故ったトレイシー・モーガンがウォルマート側と裁判で和解。この事故でモーガンは一緒にツアーを回っていたコメディアンの仲間を失っている。自身もまだリハビリ中。車椅子はもう使用していないが杖が必要。 …

リチャード・プライヤー

After years of resistance, Richard Pryor finally gets a hometown statue URLいえーい!リチャード・プライヤーの銅像がプライヤーの故郷に建つ事に!いえーーーい!!2015-05-05 23:39:47 via Twitter Web Client 稀代のコメディアンであるリチャード・…

デーモン・ウェイアンズ

@LeratoAnzjp: Damon Wayans demos his new app Vhedz URLデーモン・ウェイアンズが自分の会社制作のAppを自らプレゼン。2015-05-15 22:06:33 via Twitter Web Client

マイケル・チェという男は何者なのか?

元々ライターとして参加していたアメリカのコメディ番組の老舗中の老舗である『サタデー・ナイト・ライブ』(以下SNL)の人気コーナー「ウイークエンド・アップデート」を担当する事になったのが黒人コメディアンのマイケル・チェ。このコーナーは長いSNLの…

サタデー・ナイト・ライブと黒人問題

あの有名な「サタデー・ナイト・ライブ(以下SNL)」のレギュラーである黒人コメディアンのキーナン・トンプソンが先日「なんでSNLには黒人女性の出演者が少ないのか?」という問いに、「準備出来ている黒人コメディアンヌ・女優が居ないから」と答え、黒人…

エディ・マーフィ

ぱーてぃーおーるざたいむ!ぱーーてぃーおーるざたいーーむ!で御なじみのエディ・マーフィが、また音楽に取り組んでいて、シングル制作していて後には新アルバムを発売するかも?という噂。シングルのタイトルは「Red Light」と決まっていて、レゲエ調の曲…

クリス・ロック&デイブ・シャペル

一度は立ち消えとなったクリス・ロック&デイブ・シャペルという、黒人コメディアンを代表する2人が組んでツアーをするという話が、ここに来て現実味を帯びているという!!というのも、先日2人がニューヨークの小さなコメディクラブで共にステージに立った…

エディ・マーフィ現象と私

エディ・マーフィの功績を称える番組「Eddie Murphy: One Night Only」を観た。予想していたよりも面白くて凄かった。何と言っても、スティービー・ワンダーがエディ・マーフィの為に歌ったのが、この番組の山場であった。エディ・マーフィはスティービー・…

リチャード・プライヤー&エディ・マーフィ

先日、有名人の子供達がフットボール選手として活躍する事が多くなったと書きましたが、ちゃんと父の跡を追う息子達もいる。コメディアンのリチャード・プライヤーとエディ・マーフィの息子達がそうで、しかも彼等はなんと2人揃ってツアーをしている! リチ…

マーティン・ローレンス

TVシリーズ「Martin」や映画「Bad Boys / バッド・ボーイズ (1995) 」でおなじみのマーティン・ローレンス。久々にテレビシリーズに戻る事を以前にも書きましたが、詳細が違っているようだ。CBSで2つのパイロット版を用意していたローレンスだったが、どうや…

マーティン・ローレンス

90年代にアメリカで放送していたマーティン・ローレンスの「Martin」は、黒人の若者にとって楽しみな番組の一つだった。そのローレンスはその後に「Bad Boys / バッド・ボーイズ (1995)」で国際的なスターとなった。そして、ローレンスがまたテレビに戻るか…

クリス・ロック

以前、ユーモア・ミルが独占で伝えていたクリス・ロックとデイブ・シャペルのジョイントショーを、クリス・ロックが肯定している!サンダンス映画祭に訪れていたロック本人が答えている。なんでもジェイZとKayne Westの2人に触発されたとも語っている。Chris…

クリス・ロック&デイブ・シャペル

コメディアンに詳しいユーモア・ミルによれば、なんとクリス・ロックとデイブ・シャペルが一緒にスタンダップコメディのツアーをする噂があるとの事。クリス・タッカーはブロードウェイで「The Motherf*cker With the Hat」の舞台を終え、ニューヨークのコメ…

ワンダ・サイクス

「Pootie Tang / プーティ・タン (2001)」等で知られるコメディアンヌのワンダ・サイクスが、エレン・デジェネレスのトークショーにて乳がんを患った事を告白した。ガンは悪化しなかったが、それにより2月に両乳房の一部を切除したことも告白した。ワンダ・…

デイブ・シャペル

先日マイアミで行われた元NBA選手アロンゾ・モーニングのチャリティイベントに参加したデイブ・シャペルは、観客からのブーイングでステージを降りた。見れば分かりますが、どうもピーク時のデイブとは全然感じが違う。どうしちゃったんでしょうか?このステ…

クリス・タッカー

「Rush Hour / ラッシュアワー (1998)」シリーズの破格なギャラのせいで最近仕事しなくなったクリス・タッカー。そのタッカーが再び始動する!しかもスタンダップコメディに戻ってくるのだ。8月19日のカリフォルニアのロングビーチを皮切りに大都市18箇所を…

バーニー・マック

2008年に惜しまれながらもこの世を去ったBernie Mac (バーニー・マック)。その未亡人であるラフォンダが皮膚科医を相手取り訴える事が分かった。その皮膚科医はマックが倒れた時に8時間も救急車も呼ばずにオフィスに放置していたという。その8時間の間にはマ…

ニック・キャノン

多分日本ではコメディアンというよりも、俳優とかひょっとしたらミュージシャン...そして最近ではマライア・キャリーの夫として知られているニック・キャノン。ニック・キャノンのキャリアはスタンダップコメディアンとしてスタートしていて、コメディが彼の…

マーティン・ローレンス

先日全米で封切られた「Death at a Funeral / お葬式に乾杯! (2010)」が中々の好評価を受けているマーティン・ローレンス。そのローレンスが自身のルーツであるスタンダップコメディに戻ったのは以前にもお伝えしたが、その様子をコンサートフィルムとして…

マーティン・ローレンス

先日全米で封切られた「Death at a Funeral / お葬式に乾杯! (2010)」が中々の好評価を受けているマーティン・ローレンス。そのローレンスが自身のルーツであるスタンダップコメディに戻ったのは以前にもお伝えしたが、その様子をコンサートフィルムとして…

The REAL Everybody Hates Chris?

ニューヨーク大の映画科に通っていたマイケル・デニスが監督したショート・ドキュメンタリー「Who Is Chris Rock」。まだコメディクラブに出演中で駆け出しの頃のクリス・ロックと、クリスの有名な母親のローズにインタビューしている。

ケビン・ハート&トニー・ロック

若手コメディアンで「Soul Plane / ソウル・プレイン (2004)」等で知られているケビン・ハートと、クリス・ロックの弟トニー・ロックが組んで、2月20日にニューヨークのコメディクラブでハイチ救済の為の慈善スタンダップコメディライブを行う予定。The Humo…