SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Men in Black: International / メン・イン・ブラック:インターナショナル (2019) 1736本目

MIBが再びやってきた!でも彼らは貴方に思い出させない『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 Here come the Men in Black, They won't let you remember... 『メン・イン・ブラック』と聞くと、ウィル・スミスのラップもだけど、Cokoのこの☝のボー…

よろしくお願いいたします

お知らせ Cinra.netさんにて、㊗『バッドボーイズ フォー・ライフ』公開、「映画界に進出したラッパー百科」という記事を書きました。多くのラッパー兼俳優が活躍する中、『バッドボーイズ』のウィル・スミスを軸に、色んなタイプのラッパー兼俳優を集めてま…

Whitney / ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~ (2018) 1735本目

ただ歌うことが好きだった人が変わるまで『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』 ホイットニー・ヒューストン。2012年に他界してから、もうすぐで8年が経とうとしている。毎年、グラミー賞前にはホイットニーを思い出すようになった。熱狂的なファ…

The Black Godfather / ブラック・ゴッドファーザー:クラレンス・アヴァントの軌跡 (2019) 1734本目

業界支持率100%男『ブラック・ゴッドファーザー:クラレンス・アヴァントの軌跡』 こういう人って本当に凄いよね。一般人にはあまり知られていないけれど、その業界内では知らない人はいない的な。業界支持率100%みたいな。そういうのって凄いカッコいいで…

映画秘宝 3月号

映画秘宝 3月号 今年も有り難いことに参加させて頂きました映画秘宝恒例の「映画秘宝ベスト10&トホホ映画」!!!2度目になりますが、本当に有り難いことです。年末、このメールが私の元に届くのか、どうか... かなりドキドキしながら待っております。無事…

Queen & Slim / 日本未公開 (2019) 1733本目

もうそうなるしかない2人『Queen & Slim』 私がこの『Queen & Slim』を観た直後に思い出した作品がタランティーノの『トゥルー・ロマンス』だ。疾走感とか痛々しさがあって、『トゥルー・ロマンス』と似ている。主演は『Get Out / ゲット・アウト (2017)』や…

2019年、令和元年。

2019年、令和元年。 今年は令和元年。「元年」を経験するのが2度目となり、「いやー、年食った!私、もう結構年寄りじゃん」と思っております。まあでも、前の「平成元年」の時より、確実に「元年」と書く(打つ)機会は減ったように思う。もう元号使うよう…

21 Bridges / 日本未公開 (2019) 1732本目

チャドウィック・ボーズマンらしいアクション映画『21 Bridges』 チャドウィック・ボーズマン。私にとって、もうボーズマン=ブラックパンサーであって、『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』とは切っても切れない。この先、もし『ブラックパンサー…

Hitsville: The Making of Motown / 日本未公開 (2019) (TV) 1731本目

大好きなモータウンの詰め合わせ『Hitsville: The Making of Motown』 その人のことを知るための質問の中に「無人島に1枚だけアルバムを持っていくなら?」というのがある。1枚だけというのが超難問である。恐らく私は、R&Bと三代目J SOUL BROTHERS曲が200曲…

Luce / 日本未公開 (2019) 1730本目

大人好みな屈折した高校物語『Luce』 今年、一体何回ケルヴィン・ハリソン・ジュニアと書いただろうか?というくらい、今年は沢山の映画に出演していたケルヴィン・ハリソン・ジュニア。一番印象に残っているのが『Monsters and Men / 日本未公開 (2018)』の…

Burning Cane / 日本未公開 (2019) 1729本目

絶望の底に見えるもの。とんでもない19歳が現れた『Burning Cane』 あなたは17歳のころ、何をしていましたか?何を考えていましたか?私が17歳だったころ... 遥か遠い過去のこと過ぎで記憶が無いけれど、映画の脚本を書こう!とペンを握った記憶がない事だけ…

Black and Blue / 日本未公開 (2019) 1728本目

見た目で物事を判断してはいけない『Black and Blue』 『Moonlight / ムーンライト (2016)』のジャンキーなママ、ダニエル・クレイグ主演『007』のマネーペニー... イギリス出身のナオミ・ハリスは、今やイギリスだけじゃなくて、アメリカでも大活躍中だ。そ…

Undercover Brother 2 / 日本未公開 (2019) 1727本目

Not Solid『Undercover Brother 2』 『Undercover Brother / アンダーカバー・ブラザー (2002)』、好きだった。ジェームズ・ブラウンやブーツィー・コリンズやビリー・ディ・ウィリアムスという本当にカッコいい人たちを引っ張りだして、パロディを本格的に…

Harriet / 日本未公開 (2019) 1726本目

水の中を歩いて渡るモーゼ、ハリエット・タブマン物語『Harriet』 ハリエット・タブマン、いずれはアメリカの20ドル紙幣になるかもしれない歴史的な人物。その女性は、奴隷状態の人々を率いて約束の地まで連れていったモーゼと同じ状況でだったので、「モー…

Farming / 日本未公開 (2018) 1725本目

俳優アドウェール・アキノエ=アグバエはなぜスキンヘッドになったのか?『Farming』 俳優アドウェール・アキノエ=アグバエの監督デビュー作!トロント映画祭でワールドプレミアしてから気になっておりました。なんでも、アキノエ=アグバエの自伝的な作品…

Brian Banks / 日本未公開 (2019) 1724本目

知って欲しい、そして話を聞いて欲しい不屈の男『ブライアン・バンクス』 ブライアン・バンクスのことは、ずいぶん前から知っていて、ニュースで聞くたびに気を揉んでいた。もう最近では日常化し過ぎている気がする、冤罪により刑務所暮らしをした人の物語だ…

Dolemite Is My Name / ルディ・レイ・ムーア (2019) 1723本目

『ドールマイト』&ルディ・レイ・ムーアをより魅力的にした自伝映画の最高級品『ルディ・レイ・ムーア』 やりよった。エディ・マーフィはやりよった!元々やる男だとは思ってた。特に『Dreamgirls / ドリームガールズ (2006)』で見せた演技力からずっと期待…

Dolemite / ドールマイト (1975) 1722本目

史上最高に緩い映画は史上最強に愛くるしい映画であった『ドールマイト』 あのエディ・マーフィがルディ・レイ・ムーアを演じる。そう聞いた時、正直言って驚いた。「いやいや、エディ... その前にレッド・フォックスやリチャード・プライヤーを演じて!」と…

Sweetheart / 日本未公開 (2019) 1721本目

生きることはカッコいい。新感覚のホラー『Sweetheart』 キアシー・クレモンズ、大好きです。唯一無二の存在感を感じる。髪型や表情が違うだけで、雰囲気が全く変わるのも、彼女の強み。なんと言っても『Dope / DOPE/ドープ!! (2015)』でのボーイッシュな…

映画秘宝1月号

映画秘宝1月号 映画秘宝 2020年 01 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 洋泉社発売日: 2019/11/21メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る 透明感が尋常じゃないのんが表紙の映画秘宝1月号にて、『Dolemite Is My Name / ルディ・レイ・ムーア (2019)』について…

Gemini Man / ジェミニマン (2019) 1720本目

地球にはウィル・スミスの敵は残っていない『ジェミニマン』 ウィル・スミスって、やっぱり天性のスターって感じしますよね。見ているだけで、ワクワクして笑顔になる。色んなタイプの芸能人がいるけれど、ウィル・スミスは人を笑顔にする生まれながらのエン…

The Weekend / 日本未公開 (2018) 1719本目

地獄のような優しさの元カレとの週末『The Weekend』 誰でも失恋くらいはしたことがあると思う。ごく稀に初恋を成就させて結婚する人もいるかもだけど、あの玉木宏だって、振られたことがあると語っていたので、まあ世の中の人97%は失恋を経験している筈。…

"30 for 30" Rodman: For Better or Worse / 日本未公開 (2019) (TV) 1718本目

ロドマンは狂っている。追憶的ロドマン狂騒記『"30 for 30" Rodman: For Better or Worse』 デニス・ロドマン。きっと誰の脳裏にもあの派手な衣装(特にウェディングドレス)をまとった破天荒な男というイメージが残っていると思う。私が彼の名前を聞くと毎…

Amazing Grace / 日本未公開 (2018) 1717本目

1972年ワッツは熱かった『Amazing Grace』 1972年、ロサンゼルスのワッツは熱かった。気候的な暑さではなく、この年にワッツの歴史を模り、そして語り草となるイベントが2つも起きたのだ。まずは、この映画となったアレサ・フランクリンによるゴスペルライブ…

Canal Street / 日本未公開 (2019) 1716本目

他とは違うブラック・ライヴス・マターを描く『Canal Street』 ブラック・ライヴス・マター。この言葉が使われるようになったのは、2012年にフロリダ州で起きたトレイヴォン・マーティン殺害事件だ。丸腰で無罪の17歳の少年トレイヴォン・マーティンが、自警…

Don't Let Go / 日本未公開 (2019) 1715本目

時空を超える限界『Don't Let Go』 デヴィッド・オイェロウォとストーム・リードが出演のホラー/スリラー映画。なのだけど、何だか違和感がある。オイェロウォとリードの作品なのに、あの人の名前が見当たらない。そう、『When They See Us / ボクらを見る目…

Jacob's Ladder / 日本未公開 (2019) 1714本目

眼福コンビが長所を封印し、ガッツリ見せるサスペンス『Jacob's Ladder』 ウィル・パッカー制作、マイケル・イーリー主演。と言ったら、『Takers / テイカーズ (2010)』とか『Think Like A Man / 魔法の恋愛書 (2012)』でお馴染みですね。ウィル・パッカーは…

Rafiki / ラフィキ:ふたりの夢 (2018) 1713本目

映画で世界発信して戦う監督ワヌリ・カヒウ『ラフィキ:ふたりの夢』 ケニア生まれのワヌリ・カヒウ。アフリカ映画の父ウスマン・センベーヌ監督の魂ががケニアに再び参上?それともスパイク・リーのアフリカ版なのか... 何が書きたいのかというと、ワヌリ・…

Dave Chappelle: Sticks & Stones / デイヴ・シャペルのどこ吹く風 (2019) 1712本目

スタンダップとは...『デイヴ・シャペルのどこ吹く風』 10年に一度の間隔で、スタンダップコメディ界には新星が現れる。とりわけ、黒人のスタンダップコメディは、それが顕著に現れる。60年代のレッド・フォックス&ディック・グレゴリー&マムス・マーブリ…

The Last Black Man in San Francisco / 日本未公開 (2019) 1711本目

サンフランシスコに吹く新しい風『The Last Black Man in San Francisco』 港町サンフランシスコにはいつも風が吹いている。そして、いつも新しい風を映画界にも吹き込んでくる。例えば、『Moonlight / ムーンライト (2016)』がアカデミー賞作品賞に輝いたバ…