SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

The Clark Sisters: First Ladies of Gospel / 日本未公開 (2020) 1751本目

ゴスペルの深さを堪能せよ!『The Clark Sisters: First Ladies of Gospel』 南部に来て一番驚いたこと。それは教会の多さ(いつも書いているが人口より多い気がする)と、私よりもゴリゴリにラップを聞いてそうな若者でも車内でゴスペルを聞いているという…

Death Force / 日本未公開 (1978) 1750本目

We go 0 to 100, real quick『Death Force』 もうこういう時(コロナとかいうウィルス)は、絶好調なブラックスプロイテーションでも観て、ぱぁああああああっと現実逃避でもしていくっきゃないよね。と、そんな私の気持ちを察するかのように、この映画はい…

Clemency / 日本未公開 (2019) 1749本目

心に残る静『Clemency』 タイトルの『Clemency』とは、恩赦の意味。大統領やら州知事やら権力のある人が、死刑執行を直前で止めたり、減刑したりすること。ただあまり期待は出来ない。私がこの映画を観て、すぐに思い出したのが、トロイ・デイヴィスのことだ…

Uncorked / ワインは期待と現実の味 (2020) 1748本目

熟成と新鮮さが同居する『ワインは期待と現実の味』 配信後に私界隈では割りと話題になった作品。私界隈って何よ?って感じですよね。私がフォローしている有名人の間。この作品の監督・脚本・制作のプレンティス・ペニーが業界では友達が多いんでしょうね。…

The Banker / ザ・バンカー (2019) 1747本目

只者ではない人たちが銀行を作ったサクセスストーリー『ザ・バンカー』 ブラックムービーには伝記モノが多い。そしてサクセスストーリーが非常に多い。随分前に、「黒人映画はサクセスストーリーの伝記映画ばかり」と、少し意地悪な書き方をした文に出会った…

John Henry / 日本未公開 (2020) 1746本目

ハンマーと巨人伝説が現代のコンプトンに甦る『John Henry』 ジョン・ヘンリー。黒人民話の主人公。前にダニー・グローヴァー主演で『John Henry : Tall Tales & Legends / 日本未公開 (1986)』というTV映画化された作品を観ているので、タイトルだけでピー…

Always in Season / 日本未公開 (2019) 1745本目

「またか...」をいつか無くすために『Always in Season』 恐らくこれから書くことは多くの人々にはあまり歯牙にもかけないことかもしれず、それゆえにこの作品への興味もないかもしれない。「またか...」そう思う人が多数であろう。その「またか...」だから…

Killer Inside: The Mind of Aaron Hernandez / 内なる殺人者: アーロン・ヘルナンデスの素顔 (2020) おまけ

スポーツとは?言葉にならない気持ちを残す『内なる殺人者: アーロン・ヘルナンデスの素顔』 女性は付き合った男性に影響されるとよく言う。元々趣味がハッキリしている私にはそんな通説は通用しない!と言い切りたいところですが、残念ながらアメリカン・フ…

The Slender Thread / いのちの紐 (1965) 1743本目

上手過ぎで...『いのちの紐』 随分前にターナー・クラシック・ムービー(TCM)チャンネルで、シドニー・ポワチエ特集をしていた時に放送した映画(だったと思う)。中々観ずにそのままにしてしまった。という訳で、シドニー・ポワチエ主演作品です。監督は本…

Quest / 日本未公開 (2017) 1742本目

淡々と1家族を見つめ、そして何かを伝える『Quest』 2017年のサンダンス映画祭にて公開されたインディペンデントのドキュメンタリー映画。この年のサンダンス映画祭のドキュメンタリー部門は激戦だった。兄を殺害されたヤンス・フォードがその真相に迫る『S…

Miles Davis: Birth of the Cool / 日本未公開 (2019) 1744本目

史上最強のクールの誕生『Miles Davis : Birth of the Cool』 私は映画のことを書いていて行き詰った時、つい手に取ってしまうのが中山康樹氏の『マイルス・デイヴィス』という講談社新書だ。私のマイルス・デイヴィスの知識は殆どこの本から頂いた。そして…

The Photograph / 日本未公開 (2020) 1741本目

心地いいラブストーリー『The Photograph』 私は最近、少女漫画に激ハマっている。いい歳して気持ち悪いと思うし、いきなりどうでも良い話きたねって感じではありますが、関係あるので我慢して読んでください。前々から書いているけれど、少女漫画的な設定で…

Bad Boys for Life / バッドボーイズ フォー・ライフ (2020) 1739本目

25年ぶりに奴ら”バッドボーイズ”がやってきた!どうする?『バッドボーイズ フォー・ライフ』 25年。それは産まれた赤ちゃんが既に成人してしまう位長い。成人どころか、生まれてから25年間の間に結婚すらしてしまう人がいる。実際に私が25歳までには結婚・…

Just Mercy / 黒い司法 0%からの奇跡 (2019) 1738本目

事実は小説よりも... 物語ではない現実を知る『黒い司法 0%からの奇跡』 Cinraさんにて一生懸命にレビューを書かせてもらっているので、そちらを最初に読んで頂けると幸いです。 この記事を読んでいただけると、『黒い司法 0%からの奇跡』のオフィシャル…

The Apollo / 日本未公開 (2019) 1737本目

アポロ劇場の歴史の長さとその重さを感じる『The Apollo』 ニューヨーク、ハーレムの観光名所であろうアポロ劇場。オフィシャルサイトによると、アポロ劇場としてオープンしたのが1934年だそうなので、今年で86年目になる。86年もハーレムの歴史を見続けた..…

Men in Black: International / メン・イン・ブラック:インターナショナル (2019) 1736本目

MIBが再びやってきた!でも彼らは貴方に思い出させない『メン・イン・ブラック:インターナショナル』 Here come the Men in Black, They won't let you remember... 『メン・イン・ブラック』と聞くと、ウィル・スミスのラップもだけど、Cokoのこの☝のボー…

Whitney / ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~ (2018) 1735本目

ただ歌うことが好きだった人が変わるまで『ホイットニー ~オールウェイズ・ラヴ・ユー~』 ホイットニー・ヒューストン。2012年に他界してから、もうすぐで8年が経とうとしている。毎年、グラミー賞前にはホイットニーを思い出すようになった。熱狂的なファ…

The Black Godfather / ブラック・ゴッドファーザー:クラレンス・アヴァントの軌跡 (2019) 1734本目

業界支持率100%男『ブラック・ゴッドファーザー:クラレンス・アヴァントの軌跡』 こういう人って本当に凄いよね。一般人にはあまり知られていないけれど、その業界内では知らない人はいない的な。業界支持率100%みたいな。そういうのって凄いカッコいいで…

Queen & Slim / 日本未公開 (2019) 1733本目

もうそうなるしかない2人『Queen & Slim』 私がこの『Queen & Slim』を観た直後に思い出した作品がタランティーノの『トゥルー・ロマンス』だ。疾走感とか痛々しさがあって、『トゥルー・ロマンス』と似ている。主演は『Get Out / ゲット・アウト (2017)』や…

21 Bridges / 日本未公開 (2019) 1732本目

チャドウィック・ボーズマンらしいアクション映画『21 Bridges』 チャドウィック・ボーズマン。私にとって、もうボーズマン=ブラックパンサーであって、『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』とは切っても切れない。この先、もし『ブラックパンサー…

Hitsville: The Making of Motown / 日本未公開 (2019) (TV) 1731本目

大好きなモータウンの詰め合わせ『Hitsville: The Making of Motown』 その人のことを知るための質問の中に「無人島に1枚だけアルバムを持っていくなら?」というのがある。1枚だけというのが超難問である。恐らく私は、R&Bと三代目J SOUL BROTHERS曲が200曲…

Luce / 日本未公開 (2019) 1730本目

大人好みな屈折した高校物語『Luce』 今年、一体何回ケルヴィン・ハリソン・ジュニアと書いただろうか?というくらい、今年は沢山の映画に出演していたケルヴィン・ハリソン・ジュニア。一番印象に残っているのが『Monsters and Men / 日本未公開 (2018)』の…

Burning Cane / 日本未公開 (2019) 1729本目

絶望の底に見えるもの。とんでもない19歳が現れた『Burning Cane』 あなたは17歳のころ、何をしていましたか?何を考えていましたか?私が17歳だったころ... 遥か遠い過去のこと過ぎで記憶が無いけれど、映画の脚本を書こう!とペンを握った記憶がない事だけ…

Black and Blue / 日本未公開 (2019) 1728本目

見た目で物事を判断してはいけない『Black and Blue』 『Moonlight / ムーンライト (2016)』のジャンキーなママ、ダニエル・クレイグ主演『007』のマネーペニー... イギリス出身のナオミ・ハリスは、今やイギリスだけじゃなくて、アメリカでも大活躍中だ。そ…

Undercover Brother 2 / 日本未公開 (2019) 1727本目

Not Solid『Undercover Brother 2』 『Undercover Brother / アンダーカバー・ブラザー (2002)』、好きだった。ジェームズ・ブラウンやブーツィー・コリンズやビリー・ディ・ウィリアムスという本当にカッコいい人たちを引っ張りだして、パロディを本格的に…

Harriet / 日本未公開 (2019) 1726本目

水の中を歩いて渡るモーゼ、ハリエット・タブマン物語『Harriet』 ハリエット・タブマン、いずれはアメリカの20ドル紙幣になるかもしれない歴史的な人物。その女性は、奴隷状態の人々を率いて約束の地まで連れていったモーゼと同じ状況でだったので、「モー…

Farming / 日本未公開 (2018) 1725本目

俳優アドウェール・アキノエ=アグバエはなぜスキンヘッドになったのか?『Farming』 俳優アドウェール・アキノエ=アグバエの監督デビュー作!トロント映画祭でワールドプレミアしてから気になっておりました。なんでも、アキノエ=アグバエの自伝的な作品…

Brian Banks / 日本未公開 (2019) 1724本目

知って欲しい、そして話を聞いて欲しい不屈の男『ブライアン・バンクス』 ブライアン・バンクスのことは、ずいぶん前から知っていて、ニュースで聞くたびに気を揉んでいた。もう最近では日常化し過ぎている気がする、冤罪により刑務所暮らしをした人の物語だ…

Dolemite Is My Name / ルディ・レイ・ムーア (2019) 1723本目

『ドールマイト』&ルディ・レイ・ムーアをより魅力的にした自伝映画の最高級品『ルディ・レイ・ムーア』 やりよった。エディ・マーフィはやりよった!元々やる男だとは思ってた。特に『Dreamgirls / ドリームガールズ (2006)』で見せた演技力からずっと期待…

Dolemite / ドールマイト (1975) 1722本目

史上最高に緩い映画は史上最強に愛くるしい映画であった『ドールマイト』 あのエディ・マーフィがルディ・レイ・ムーアを演じる。そう聞いた時、正直言って驚いた。「いやいや、エディ... その前にレッド・フォックスやリチャード・プライヤーを演じて!」と…