SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

舞台『恭しき娼婦』パンフレット

舞台『恭しき娼婦』パンフレット
www.tbs.co.jp
6/4(土)が初日となる舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿しております。奈緒さんと風間俊介さんが主演の舞台です。で、何で私が? という感じかもしれませんが、舞台を知る人ならばタイトルで「はい、はい」と分かって頂けると思いますが、分からないよーという方のために説明しますと、ジャン=ポール・サルトル原作のこの舞台は、アメリカ南部で起きたとある人種問題事件をモデルにしているからです。サルトルは、フランスにいながら当時のアメリカを的確に把握し、かつ冷静に見つめていたなと感じる劇作です。


ただ...私はその舞台が見れないのがひじょーーーに残念。奈緒さんの『竜の道』(玉木宏ファンなので)とか、『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』のお姉さん役とか大好きなのです。そして風間俊介さん... 彼の出演した『金八』で、カツ丼のシーンで号泣して夫にビックリされた思い出があり大好きです。なので、リズィーを演じる奈緒さんとフレッドを演じる風間さんを勝手に妄想しながら台本を読みまして、「うん、ピッタリだな」と。嗚呼、もう絶対に2人のリズィーとフレッドは最高な筈!


かなり頑張って書きました。いつもとは違い、普段は人種問題などに興味のないであろう方々が、触れるであろうアメリカでの人種問題なので、基本から分かりやすく、そして今までどこにも出ていない情報もつめこみました(最後のキング牧師の部分)。私にとっても、改めて勉強になったというか、とても糧になった執筆でした。

本日から色々な地域でも上演されるようなので、会場でパンフレットを手にとって頂けますと幸いです。詳細は、☝☟のリンク先にて。何卒よろしくお願いいたします。

舞台「恭しき娼婦」|TBSテレビ
舞台『恭しき娼婦』【公式】 (@uyauyashiki) | Twitter

KKKをぶっ飛ばせ!

KKKをぶっ飛ばせ!

映画『KKKをぶっ飛ばせ』公式サイト

4月22日より日本公開となる『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿しております。映画の背景などについて書きました。イギリス映画なのですが、舞台はアメリカのテネシー州。そこで起きるクー・クラックス・クランKKK)による残虐な行為。そしてそれを上回るエグイ行為で復讐を! ということで、かなり無慈悲な映像がたっぷりのホラー映画です。しかもブラックスプロイテーション風味満載なので、それ系が好きな方には自信を持っておススメいたします。そして、看板(邦題)に偽りなし... ぶっ飛ばせ! いやー、本当に過激なのですが、スッキリ爽快です。写真は、キャデラックとKKKを象徴する松明(トーチ)。

劇場でパンフレットを手に取って頂けたら光栄です。よろしくお願いいたします。

kkk-movie.jp

『スモール・アックス』特集

『スモール・アックス』特集
ex.star-ch.jp
f:id:blackmovie:20220331045305j:plain:w250:right
スターチャンネルEXにて3月29日(火)より配信の『スモール・アックス』について、スターチャンネルのサイトにて解説文を寄稿しております。『スモール・アックス』は、『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督が制作で、イギリスの知られざる歴史を5つの物語で追うアンソロジー・シリーズです。イギリスのみならずアメリカでも色々な賞にノミネートされたり、受賞したりしておりますが、とにかく観て欲しいシリーズ。出来れば順番通りに観て欲しいかも。記事内の最後に書いたことが、その理由でして、順番通りに観た方が理解が深まるかも。そして、おススメの話は全てです! 「1話好きかも」と思っていると、「あれ、2話目も好き」ってなり、3話目で「これは全て神回かも」となります。スティーヴ・マックイーン監督らしさが光る「絶対に知って欲しい」アンソロジーです。

それにしても、私が書いた記事のアイキャッチ画像が”ブラックパンサー”党員役のレティーシャ・ライトこと、シュリなのは何かの運命でしょうか? 運命に決まっている。嬉しい。

P.S. サッカー選手の名前は、アーセナル・ファンで最近やたらとイギリス・サッカーに詳しい子供に聞きました。本当は、マーカス・ラッシュフォード選手の名前もあったのだけど、直前で文字数足りないので彼の名前は削除しました。ラッシュフォードのファンの皆さまごめんなさい。残った選手の方はたったの6文字(・含めて)だったのと、トミーこと冨安健洋選手のチームメイトなので日本での知名度はあるかも? と思い、残しましたー。あと教えてくれたアーセナル・ファンの子供に感謝を込めて。サッカー選手だけでなくて、ソフィー・オコネドーとか大好きだし、タンディ・ニュートンとかググ・バサ=ローとかウンミ・モサクとかいっーーぱい世界的に活躍する役者は多くて紹介すべきですが、断念。ダニエル・カルーヤは普通に忘れておりました。アメリカ作品の方が有名で上手く溶け込んでいるから。

何卒よろしくどうぞ!

ex.star-ch.jp
ex.star-ch.jp

チャールズ・バーネット特集

This is Charles Burnett
afterschoolcinemaclub.com
3月19日(土)~20日(日)に渋谷ユーロライブで開催されるチャールズ・バーネット監督特集「This is Charles Burnett」のチラシなどでコメントをしております。『Killer of Sheep / キラー・オブ・シープ (1977)』と『My Brother's Wedding / マイ・ブラザーズ・ウェディング (1983)』の2本が日本初上映されます。『キラー・オブ・シープ』は、私の生涯ナンバーワン作品でして、「映画秘宝EX 究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」でも堂々1位の作品です。大変光栄なことに私のサイトを読んで、上映会を決めてくれたとのこと。この上ないお言葉を頂き、なんという最高な幸せ、そして感無量でございます。何度でもしつこいくらいに書きますが、この映画がなかったら、今のブラックムービーはない。スパイク・リーも、バリー・ジェンキンスも、エヴァ・デュヴァネイも、チャドウィック・ボーズマンも... (リストは続く)という人々が影響を受けた作品。バリー・ジェンキンスの『Moonlight / ムーンライト (2016)』は、かなり影響を受けたことが、『キラー・オブ・シープ』を見れば一発でははーんと勘付くはずです。そして私もこの作品にかなり影響を受けております。イメージを誇張せず、ありのままを書いていきたい。この作品には、誇張がない。だからと言って説教臭さもない。メッセージ性を無理に埋め込んでおらず、観客が自然に映画を感じることができる。私の目標は、そこ! 出来ていないけど、目標はそこ!!! 『マイ・ブラザーズ・ウェディング』も同じです。誇張は一切ない。自然体であり、説教臭さもない。でも、鑑賞後は色々と思いを馳せる。そして気づく。だから私の一番大好きな監督はチャールズ・バーネットなのです。

ちなみにこのブログの☝のタイトル画像も、私のツイッタープロフィールの上画像も、『キラー・オブ・シープ』からです。私のツイッターアイコンとサイトのタイトル画像は、メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ御大の『Sweet Sweetback's Baadasssss Song / スウィート・スウィートバック (1971)』。この2作は私にとっての大切な宝物。

好評だったら、また開催するかもとのことなので、是非是非ユーロライブに足を運んでくださいませ。この機会を逃さないでくださいね。詳細は、☟☝リンク先まで。よろしくお願いいたします。

afterschoolcinemaclub.com
eurolive.jp

キネマ旬報 2022年3月上旬号

キネマ旬報 2022年3月上旬号

発売中のキネマ旬報 2022年3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、作品及びウィル・スミスについて寄稿しております。昨年発売して話題になったウィルの回想録より彼の知られざる生い立ちからキャリアをギュっと濃縮にかなりのボリュームで書きました。読むとより『ドリームプラン』そして、ウィルが演じたリチャードを理解しやすくなるかもです! そしてウィルのインタビューも読めるみたいです。そして、そして、昨夜のスクリーンアクターズ協会賞で見事にドラマ部門の主演男優賞を受賞しましたね。これで初オスカーのチャンスがまた1歩近づきました。おめでとう、ウィル! 

表紙は、『ウェストサイド・ストーリー』の2人。何卒よろしくお願いいたします。

2021って丑年だったんだ

2021って丑年だったんだ

今年は特にブログでは何も書いておらず、宣伝ばかりのブログとなってしまいました。やるとか近々書くとか書いておいてです! 最低です!! 本当に忙しい時を過ごしておりました。色々やることがあったんです。お許しください。とはいえ、悩んではいます。書けてないので。色々と辛いニュースばかりでした。まあ本当に悩むことは多いです。悩ましい年でした! はぁ(*´Д`)=3

スポーツでも、なんだか推しがパッとしない。ツイートしないのも、私が応援するのが駄目だからじゃないかと悩み、それ関連のツイートはしておりません。嫌いになったとか諦めたとかじゃないです。あれ? あのチームは良いんじゃない? と思われる鋭い方もいるかもですが、全てが終わってからツイートします。他の推しについては、悩ましい年でした! はぁ(*´Д`)=3

日本のドラマもいつものようには観れておりません。なにせ忙しかったので、そこが一番疎かになっております。まあ書きたいことは一杯あるけれど、やっぱり玉木宏様が好きだなーと。今年も沢山の玉木様をありがとうございました。多忙な中、作品を観ているだけでかなり癒されました。ストレスが吹っ飛びました。来年早々にも新たな玉木様が観れるとのことで最高な新年早々のお年玉です。

ダイエットは続行中。感謝祭だったり、クリスマスだったり、来る新年などのイベントごとで体重が増えたりはするけれど、すぐに戻せるまでにはなって、体重も維持している。ただ、ここから痩せない! あと1~2㎏だけ痩せて、その体重を維持したい。そうしたら、増えても気にならないから。

毎年、新たにとか再びドはまりする何かがあった気がするのですが、今年は何もなかった。何せ忙しかったからね! あ、唯一はインスタでチョコレートケーキを切って断面を見せる映像とか、ケーキを切ったらチョコレートがだらぁああああと流れ出す映像とかにハマっておりました。何かストレスがチョコレートとともに流れていくのを感じたのです。って夫に話したら、「ヤバいね、相当狂ってるね」と言われました。

映画は旧作ばかり観ておりまして、音楽でも以前聴いていた久保田利伸やらボーイズ・II・メンの旧作ばかり聴いていて、B2Mのファーストアルバムってあんなにニュージャックスウィングしていたんだなとか改めて思ったりして、温故知新な年でした。旧作を観返すことの大事さを今年1年で学びました。

2021年の私の漢字は、「悩 はぁ(*´Д`)=3(ため息つきで)」。

なんだか辛気臭いブログになってしまいましたが、これを書くために干支を調べたら今年は丑年だと知りました。もう終わりだけど。今日の写真は『パラダイス・アーミー』。なぜか? イヤー・オブ・ザ・オックス。こじつけ。R.I.P.ジョン・キャンディ

2022年こそはいい年に、そして色々と出せるアウトプットな年にしたい。

今年もブログやツイートで反応してくださり、ありがとうございました! 2022年は、皆さまが沢山の幸せを感じられる年となりますように。

映画秘宝 2月号

映画秘宝 2月号

12/21(火)発売の映画秘宝 2月号にて寄稿しております。

連載では、パム・グリアの続きで『フォクシー・ブラウン』で丸々書ききりました。いろいろと映画のことやら伝説的なことやら『フォクシー』について語っております。

そして、タイリース・ギブソン主演『レッド・ブレイク』のレビューも書いております。なんと、タイリースがジョン・マルコヴィッチの息子! なぜなのかは、映画で。邦題の『レッド』の方は、ジョン・マルコヴィッチが『Red』に出ていたからかな? 『ブレイク』の方はタイリースが『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に出ていたからな? で、2人合わせて『レッド・ブレイク』! という漫才師ぽいノリかなと。なんとマイケル・ジェイ・ホワイト先生が出ております。なので私に話しが来たわけです。アクションバリバリで、タイリースらしくなっております。最初にタイリース・ギブソンとフルネームで書いたけれど、私の中では未だにタイリース。ギブソンは忘れがち。すっかりアクション俳優。

ぷくぷくなマシュマロマンが今月の目印です。よろしくお願いいたします。