SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

2021って丑年だったんだ

2021って丑年だったんだ

今年は特にブログでは何も書いておらず、宣伝ばかりのブログとなってしまいました。やるとか近々書くとか書いておいてです! 最低です!! 本当に忙しい時を過ごしておりました。色々やることがあったんです。お許しください。とはいえ、悩んではいます。書けてないので。色々と辛いニュースばかりでした。まあ本当に悩むことは多いです。悩ましい年でした! はぁ(*´Д`)=3

スポーツでも、なんだか推しがパッとしない。ツイートしないのも、私が応援するのが駄目だからじゃないかと悩み、それ関連のツイートはしておりません。嫌いになったとか諦めたとかじゃないです。あれ? あのチームは良いんじゃない? と思われる鋭い方もいるかもですが、全てが終わってからツイートします。他の推しについては、悩ましい年でした! はぁ(*´Д`)=3

日本のドラマもいつものようには観れておりません。なにせ忙しかったので、そこが一番疎かになっております。まあ書きたいことは一杯あるけれど、やっぱり玉木宏様が好きだなーと。今年も沢山の玉木様をありがとうございました。多忙な中、作品を観ているだけでかなり癒されました。ストレスが吹っ飛びました。来年早々にも新たな玉木様が観れるとのことで最高な新年早々のお年玉です。

ダイエットは続行中。感謝祭だったり、クリスマスだったり、来る新年などのイベントごとで体重が増えたりはするけれど、すぐに戻せるまでにはなって、体重も維持している。ただ、ここから痩せない! あと1~2㎏だけ痩せて、その体重を維持したい。そうしたら、増えても気にならないから。

毎年、新たにとか再びドはまりする何かがあった気がするのですが、今年は何もなかった。何せ忙しかったからね! あ、唯一はインスタでチョコレートケーキを切って断面を見せる映像とか、ケーキを切ったらチョコレートがだらぁああああと流れ出す映像とかにハマっておりました。何かストレスがチョコレートとともに流れていくのを感じたのです。って夫に話したら、「ヤバいね、相当狂ってるね」と言われました。

映画は旧作ばかり観ておりまして、音楽でも以前聴いていた久保田利伸やらボーイズ・II・メンの旧作ばかり聴いていて、B2Mのファーストアルバムってあんなにニュージャックスウィングしていたんだなとか改めて思ったりして、温故知新な年でした。旧作を観返すことの大事さを今年1年で学びました。

2021年の私の漢字は、「悩 はぁ(*´Д`)=3(ため息つきで)」。

なんだか辛気臭いブログになってしまいましたが、これを書くために干支を調べたら今年は丑年だと知りました。もう終わりだけど。今日の写真は『パラダイス・アーミー』。なぜか? イヤー・オブ・ザ・オックス。こじつけ。R.I.P.ジョン・キャンディ

2022年こそはいい年に、そして色々と出せるアウトプットな年にしたい。

今年もブログやツイートで反応してくださり、ありがとうございました! 2022年は、皆さまが沢山の幸せを感じられる年となりますように。

映画秘宝 2月号

映画秘宝 2月号

12/21(火)発売の映画秘宝 2月号にて寄稿しております。

連載では、パム・グリアの続きで『フォクシー・ブラウン』で丸々書ききりました。いろいろと映画のことやら伝説的なことやら『フォクシー』について語っております。

そして、タイリース・ギブソン主演『レッド・ブレイク』のレビューも書いております。なんと、タイリースがジョン・マルコヴィッチの息子! なぜなのかは、映画で。邦題の『レッド』の方は、ジョン・マルコヴィッチが『Red』に出ていたからかな? 『ブレイク』の方はタイリースが『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に出ていたからな? で、2人合わせて『レッド・ブレイク』! という漫才師ぽいノリかなと。なんとマイケル・ジェイ・ホワイト先生が出ております。なので私に話しが来たわけです。アクションバリバリで、タイリースらしくなっております。最初にタイリース・ギブソンとフルネームで書いたけれど、私の中では未だにタイリース。ギブソンは忘れがち。すっかりアクション俳優。

ぷくぷくなマシュマロマンが今月の目印です。よろしくお願いいたします。

ウォーターメロンマン

ウォーターメロンマン

【特集上映】70ー80年代アメリカに触れる! 名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館 | 京都みなみ会館

70ー80年代アメリカに触れる! 名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて、『ウォーターメロンマン』が上映されます!! そして、そのパンフレットで、『ウォーターメロンマン』について寄稿しております。こんな下ネタを書いて怒られないかな? と、実はビクビクしながら書いてしまったのですが、それが良いとお褒め頂きました。中々読めない感じだと思うのですが、実は一番の要だったりもします。監督は、先日、惜しまれつつ他界したメルヴィン・ヴァン・ピーブルズ御大。ブラックシネマのゴットファーザーです。彼から近代ブラックシネマは始まっていくのです。その歴史が始まっていく歴史的作品を是非! 日本では初上映となりますし、日本語字幕付きでスクリーンで観れる機会は、ほぼゼロに近いと思います。新型コロナが未だ猛威を振るっておりますが、気を付けて見に行って欲しいです。大事なことだから2度書きます。日本のスクリーンで観れる機会は、今回が初です! この機会をお見逃しなく。日程などの詳細は、☝にも☟にもリンクつけましたので(同じところに飛びます)、そちらをご覧くださいませ。

kyoto-minamikaikan.jp



何卒よろしくお願いいたします。

映画秘宝 1月号

映画秘宝 1月号

11月20日に発売された映画秘宝 1月号に寄稿しております。

連載で、パム・グリアとタマラ・ドブソンの続きを書いております。日本では読んだことないかも? と、仰っていたので、恐らく日本初の話です。2人ともに、スクリーンの外でもカッコいいっていう話を書きました。何卒よろしくお願いいたします。

スケキヨが表紙なので、本屋さんでもかなりのインパクトだと思われ見つけやすいと思われます!

映画秘宝 12月号

映画秘宝 12月号

10月21日(木)発売予定の映画秘宝 12月号に沢山寄稿しております。

まずは、メルヴィン・ヴァン・ピーブルズの追悼を……。未だ12月号に書いた通りの心境でして……、でも、追悼文を書く機会を頂いたのですから、皆さんの気持ちを代表して追悼できるように、弔意を表しました。メルヴィンのカッコいい生き様を皆さんに知って頂けますように。書くにあたって、作品を総ざらいで再見し、『The Sophisticated Gents / 日本未公開 (1981)』とか『Identity Crisis / 日本未公開 (1989)』なども見たのですが書ききれませんでしたし、メルヴィンのタトゥーの話もあったのですが、あんなに沢山の文字数を頂いたのに書けませんでした。書ききれないくらいにとにかくカッコいい伝説があり過ぎるのです。写真などもとてもカッコ良く仕上げて頂いておりますので、絶対に見て欲しい。メルヴィン御大、安らかに。

そして、連載でもメルヴィン追悼しつつ、パム・グリアとメルヴィンの関係性などを明らかにしております。そして、パムの親友のアノ人も登場。別のページに『クレオパトラ・ジョーンズ』シリーズについて読めるようなので併せてどうぞ! 素晴らしきかな70年代の仲間たち。

マイケル・K・ウィリアムズの追悼文も書きました。文中にあったNFLのは、ここに映像があります。観客の声が大きくて分かりにくいかもですが、耳をすませば最初の方で聞こえます。『ザ・ワイヤー』の舞台ボルチモアの伝説的存在になったのが、ウィリアムズのオマー。愛されてますね。ここまで舞台となった地で愛されたキャラクターはいないのではないでしょうか? そしてトゥパック・シャクールとの関係性や、色々なミュージシャンとの関係も明らかにいたしました。マイク、安らかに。


ジェニファー・ハドソンが「ソウルの女王」アレサ・フランクリンを演じた『リスペクト』のレビューも書いております。アレサがなぜ女王に君臨したのか分かるような作品です。アレサのヒット曲が満載。私は担当しておりませんが、ジェニファー・ハドソンや、アレサの夫でマネージャーだったテッドを演じたマーロン・ウェイアンズのインタビューなども読めますよ。ウェイアンズ研究家としては、「ほぉぉおお、そうなのか!」と、鼻息荒くして拝読いたしました。

『エターナルズ』特集でヒーローを演じるブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフについても書いております。ブライアンと言えば! とか、ローレンとは! 的に紹介しております。2人ともに『エターナルズ』で見るのが楽しみであります。

表紙はハロウィン感満載なジェイミー・リー・カーティスです。そして、もう12月号なのですね... 1年とは早いものです。是非、誌面で! 何卒よろしくお願いいたします。

映画秘宝 11月号

映画秘宝 11月号

9月21日(火)発売予定の映画秘宝 11月号に色々と寄稿しております。

まずは、連載。今回はすんなりとパム・グリアについて。パムのキャリアが走り出した感じのところです。次はいよいよ、アレ! アレです!! 文字数大丈夫そうだったら、更にアレも書けるかも? そんな感じで、しばらくパム嬢が続く感じです。

そして、嬉しいことに『キャンディマン』のレビューを書いております。新作の2021年版です。もうこれは、本当に早くみんなにも観てもらいたい作品。凄いです。なんていうか、ただのリブート版ではない感じ。記事に書いた通りです。もし、この『キャンディマン』が分かってもらえないとするならば、絶対にオリジナルの旧作を知らないからなのです。ということで、旧作の3部作についても書いております。両方併せて絶対に見てください! あぁああ、早く言いたい...

そしてそして... 今月号の表紙を飾る千葉真一の追悼にて、千葉真一アメリカでの人気について... すなわちSonny Chibaが如何にアメリカ人に愛されたのかを書いております。愛された理由に納得です。Viva, viva Sonny Chiba, Chiba...

是非是非よろしくお願いいたします。

P.S. 最近、お知らせばかりですが、もう少ししたらちゃんと更新します!

映画秘宝 10月号

映画秘宝 10月号

8月20日(金)発売の映画秘宝 10月号にて、連載、『ニューヨーク1997』特集でのアイザック・ヘイズ、そしてロバート・ダウニー・シニア追悼文を寄稿しております。

連載では、アクション女優の歴史を長期で... と、書いておりましたが、いきなり脱線しております。が! 歴史を語る上で、どのように武道(マーシャルアーツ)がアフリカ系アメリカ人に広まったのかを知っておいた方がいいと思いますので、是非是非。アクション、特にマーシャルアーツが好きな方には、絶対に読んでもらいたいです。文では、ブルース・リーが...と、書きましたが、今日という日を迎えて改めて思うのは、千葉真一ブルース・リーと共に広めた1人ですね。アメリカでの昨日の反応を見ていると、絶対にそうです。尊敬されております。という訳で、今回の連載はソニー千葉に捧げます。

そして巻頭の『ニューヨーク1997』では、アイザック・ヘイズについて書いております。役名はデュークですが、デュークというより、The Dukeなので、(ニューヨークの)君主って感じです。本職はミュージシャンですが、映画では色んな役を演じてきました。なんていうか、デュークが一番アイザック・ヘイズぽさがあるなと思います。イメージ通りといいますか。改めて再見したけれど、やっぱりカッコいいですね! もう40周年かーという感じです。ちょうど続編の『エスケープ・フロム・L.A.』が25周年というハリウッド・リポーターだったかな? の記事を読んでいる時に執筆の依頼がやってきました。それRTしようかなと思ったけれど、匂わせになりそうなのでやめました。

なぜ私がロバート・ダウニー・シニアを追悼????? と、思われた方は是非記事を読んで頂けますと分かると思います。そういうことです。ロバート・ダウニー・ジュニアの父親ですが、それだけじゃない、監督として、そしてこの映画で追悼できました。安らかに。

表紙はスネークです! よろしくお願いいたします。