SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

Gemini Man / ジェミニマン (2019) 1720本目

地球にはウィル・スミスの敵は残っていない『ジェミニマン』

ウィル・スミスって、やっぱり天性のスターって感じしますよね。見ているだけで、ワクワクして笑顔になる。色んなタイプの芸能人がいるけれど、ウィル・スミスは人を笑顔にする生まれながらのエンタテイナー。でも、ウィル・スミスだって人なので、そりゃたまには人を怒らせたり、イラっとさせることもあるかと思うけれど、カメラが回っている時には、常にエンタテイナーであり続けるような人だと思う。絶対的なオーラに包まれている感じ。もう生まれた時から次元が違う感じ。正直、インスタを始めた時には、ウィルレベルの人にやって欲しくないなーとは思ったけれど、インスタでもちゃんと「ウィル・スミス」ブランドを保っているのが凄い。やっぱり違う。そんな天性のスター(ウィル・スミス)vs生まれながらのエンタテイナー(ウィル・スミス)が対決するSFアクション映画。監督は、2度もオスカーを獲得しているアン・リー

ヘンリー(ウィル・スミス)は、類まれな才能を持った政府雇われスナイパー。どんなに離れた所からでも、動く高速列車に乗るターゲットを仕留めることも出来る。しかし年齢的に引退をしようと決めるが、無関係者を殺したと虚位の報告をされ、ヘンリーの命が狙われるようになった。接触してきた女性ダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)と古い友人バロン(ベネディクト・ウォン)の手を借り、虚位の報告をしたユーリという男を追う。すると、自分の若い頃にそっくりなジュニア(ウィル・スミス)が追ってきて...

この映画の話を聞いた時には、もう地球にはウィル・スミスの相手になるモノなんて残っていないんだ!己と戦うしかないんだ!と思った。今まで、『ID4』『MIB』...あげたらキリないくらい何度も地球守ってきたからね。そりゃ、最終的には自分vs自分になるでしょう!その作品の監督にアン・リーとは出来過ぎでしょう!と思いました。この映画の脚本は90年代から今まで何度も書き直しになって、監督も主演も何度も交代を繰り返してきた。CGIとかの技術も遥かに進歩した今、そして稀代のスターであるウィル・スミスも年齢重ねてこの役にピッタリで、アカデミー賞を2度も受賞したアン・リーなら、そんな難しさだってクリアに... と思ったけれど、やっぱり難しかったのでしょうね。ジュニアなどのキャラクターに、やっぱり本物さを感じることが出来なかった。動きとか特に。でも表情とかは、とても繊細。ウィル・スミスが後生言われることないと思っていた言葉をジュニアが言われた時、ジュニアが傷ついた表情をするのだけど、その時は胸が割けそうになった。CGでもウィル・スミスは良い表情するなーと。この時の会話と表情が、ラストで効いてくる。ラストは観客に安心感を与える。そして、途中はもっと驚きの事実で切なくさせてくれる。

正直ですね、ウィルのクローンを本気でつくるなら、戦わせるのではなく、世界中に配って世界を幸せにして欲しい!と願う訳です。確かに、映画の中では何度も地球を救ってきて、キレキレ優秀なウィルなのですが、普通にニコニコさせておいた方が、世界が幸せになる気がするのです。

でも何だかんだ書いても、やっぱりウィル・スミスはSFアクション映画で映える!ということ。見ているとワクワクする、あのいつものウィル・スミスだ。劇中で、ウィルの実年齢51歳だということを何度も認識させられる。正直驚く。自分だけが歳を取っていて、ウィル・スミスは永遠の29歳なような気でいたから。あと何回、ウィルはスクリーンで私たちをワクワクさせてくれるのだろうか?この映画のヘンリーと少し重ねてしまい、しゅんとしてしまう自分がいる。

(3.5点:1720本目)
www.blackmovie-jp.com

The Weekend / 日本未公開 (2018) 1719本目

地獄のような優しさの元カレとの週末『The Weekend』

誰でも失恋くらいはしたことがあると思う。ごく稀に初恋を成就させて結婚する人もいるかもだけど、あの玉木宏だって、振られたことがあると語っていたので、まあ世の中の人97%は失恋を経験している筈。私も幾つか経験して大人になりましたが、スッキリと忘れてしまい、今や名前すら憶えていない人もいれば、中には今でも夢に出てくる人までいる(なんかごめん)。まあ相手やタイミングが違えば、結果というか色々と違ってくるものです。この映画の場合、かなーーり尾を引いているタイプの女性が主人公。面白いのが、本人は割りとさっぱり系でイジイジしなさそうなのに、かなーーーり面倒臭い感じで拗らせております。主演は、『サタデー・ナイト・ライブ』のレギュラーだったサシェア・ザマタ。監督は、『Everything, Everything / エブリシング (2017)』のステラ・メギー。恋愛映画監督の新星!

スタンダップコメディアンのザディ(サシェア・ザマタ)は、ステージに立ち観客を笑わせていた。次の朝、ブラッドフォード(トーン・ベル)が迎えに来た。この週末は、ブラッドフォードの誕生日で、ザディの母が経営するB&Bで過ごす予定なのだ。車内で和気あいあいと過ごしていたが、ブラッドフォードはもう一人を迎えに行った。マーゴ(ディワンダ・ワイズ)だった。マーゴは、私が助手席に座るべきだと主張し、ザディは負けて後部座席に移った。そう、ブラッドフォードはザディが3年前に別れた元カレで、今でも何でも話せる親友。そしてマーゴは、ブラッドフォードの新しい彼女。奇妙な3人の週末の旅が始まるが、B&Bには1人で宿泊中のオーブリー(イ’ラン・ノエル)も居て...

ブラッドフォード、いけず...でしょ?別れた彼女を親友として近くに置いておくなんて、凄くズルいよね。2人は付き合う前の大学時代から親友で、その流れで付き合って、別れて...なので、まあ今更、会わないという訳にもいかない部分もあるけれど、ブラッドフォードは保険を掛けているようにしか見えなかった。そして、ザディがこれまた癖の強い女性なので、中々他の人から受け入れて貰えないだろうから、余計にブラッドフォードに固執するのも何となく分かる。ザディの場合、かなり拗らせているのに、割りと前向きで積極的なのが面白かった。マーゴにもズケズケと話すので気持ちが良い。しかし、ブラッドフォードはズタズタですな。まあ自分が招いた悲劇でしょう。映画自体は、会話が重点を置くタイプなので、好き嫌いが分かれる。

有吉弘行が再ブレイクし始めた頃だったと思う。テレビで「結婚する気がなかったら、それはハッキリ伝えて、嫌われて別れた方が彼女のためになる」みたいなことを話していて、それから暫く有吉がイケメンに見えて困ったことがある。この映画を観ていて、何となくそれを思い出した。拗れない別れ方って大事だよねって。紛らわしい優しさは時に地獄。鬼のようなことが、本当の優しさだったりもする。大人の恋愛って分かるまで苦労する。3年気づかなかったけれど、今回の週末でそれを理解したザディは、まだ幸せな方だったとも思う。

(4.5点:1719本目)
www.blackmovie-jp.com

"30 for 30" Rodman: For Better or Worse / 日本未公開 (2019) (TV) 1718本目

ロドマンは狂っている。追憶的ロドマン狂騒記『"30 for 30" Rodman: For Better or Worse』

デニス・ロドマン。きっと誰の脳裏にもあの派手な衣装(特にウェディングドレス)をまとった破天荒な男というイメージが残っていると思う。私が彼の名前を聞くと毎回思い出すのが、まだネット回線が光回線だのDSLだの言う前のネット回線あけぼの...掛け放題の頃を思い出す。信じられないだろうけど、昔はネットに繋げるために電話回線を利用するので、その分電話代がかかるのだ。30分ネットに繋げれば30分の電話代を払うことになる。だけど夜の11時になると掛け放題になる。そのチャンスだけ、ネットに十分に繋がれた時代... その頃にはまだツイッターフェイスブックどころか、ブログすらなかった。人と繋がるのは、メールを介したメーリングリストだった。当時からNBA好きの私はNBAメーリングリストに入っていた。そのメーリングリストで絶大な存在感を放っていたのが、デニス・ロドマンのファンの男性だ(ここまで説明メッチャ長くなった)。名前こそ失念してしまいましたが、デニス・ロドマンの話題になる度に、この頃を思い出す。ちなみにその頃のメールクライアントは、Eudora...(涙目)。みんな元気でしょうか?少なくともデニス・ロドマン本人は元気のようです。ESPNの「30 for 30」シリーズの最新作は、そんなデニス・ロドマンのドキュメンタリー。ジェイミー・フォックスがナレーションと制作総指揮を担当。

軍人の父は幼い頃に家族を捨て、母と姉に囲まれて成長したデニス・ロドマン。今となっては信じられない事だが、非常にシャイな性格でいじめられっ子だった。姉の1人がバスケットボールで才能を開花させるが、デニス本人は目立たない性格で、高校を卒業し、テキサス州ダラスの国際空港で働くも、他の人たちと共に盗みを働き逮捕され解雇。母からも追い出され、1人ホームレス生活まで経験する。しかし、その後に5フィート9インチ(175㎝)だったロドマンが突然11インチ(27㎝)も成長を遂げる。姉の影響で高校のバスケットボールのチームに入ってはいたが、フルシーズンプレーしたことすらなかったが、短大のチームにスカウトされる。そこで目を見張る活躍を見せ、オクラホマ州の小さな大学に転入。大きな大学組織NCAAではなく、小さな大学のアスリート組織NAIAにて更に活躍。所属した3シーズン全てでオール・アメリカンに選ばれ、リバウンド王2回。その成績にデトロイト・ピストンズが目をつけ、ドラフト2巡目27番目に選ばれてNBA入り(サラッと書いたけど、これは物凄い奇跡です)。その頃のデトロイト・ピストンズはチャック・デイリーHCの下、アイゼイア・トーマスやジョー・デュマースなどの若手が成長しつつあり、東の強豪として活躍していた。デニス・ロドマンと同じ年にジョン・サリーも加入。デトロイト・ピストンズのライバルは、同じく若手スター選手マイケル・ジョーダンやスコティ・ピペンなどが所属していたシカゴ・ブルズ。いい子ちゃんブルズ(というのは語弊あるけど)に対抗すべく、デトロイト・ピストンズは「バッド・ボーイズ」を形成しつつあった...

と、長くなりました。そういえば、デニス・ロドマンには自伝映画『Bad As I Wanna Be: The Dennis Rodman Story / デニス・ロッドマン ストーリー (1998)』というテレビ映画がある。ベストセラーとなった自伝本が映画化。ま、映画はアレ(お茶濁す)ですが、映画が作られるほどデニス・ロドマンは人気があったということ。☝の2パラグラフ目はざっと書いたけれど、みんなが良く知るデニス・ロドマンはそのうんと後の事で、シカゴ・ブルズ時代の頃だと思う。デトロイト・ピストンズの頃はパーティも行かない真面目男。ジョン・サリーや元チームメイトは口をそろえて「あの頃はシャイだった。クラブ(踊る方)行ってもミルク飲んでた」という。そんなシャイな男がどうして、あのマドンナと付き合って、ヴァンダムと共に映画『ダブルチーム』に出たり、自分の結婚を発表するのになぜかロドマンがウェディングドレス着ちゃうような人になったのか... このドキュメンタリーで良く分かる。父親の不在が大きいし、あとそれまで目立たなかった人が目立つようになるとコントロールが効かなくなる。

私の記憶の中のデニス・ロドマンは、狂ったようにリバウンドを取っていた。ガードで小さいくせに同じように虎視眈々とリバウンドを狙っているラッセル・ウェストブルックを見ていると、現役時代のロドマンを思い出す。デニス・ロドマンは、ゴール下でひたすらボールがゴールに落ちずに飛び跳ねてくるのを待って絶妙なタイミングでジャンプしてボールを取る姿が忘れられない。「ロドマンは狂っている」。そう言ってしまうと、恐らく人はデニス・ロドマンのウェディングドレスを思い浮かべるだろう。けど私は、狂ったようにリバウンドばかりを狙うデニス・ロドマンの狂気と情熱に敬意を払って言っているのである。ネット回線はいつの間にか繋げ方も回線も速くなっていた。イザコザなんかする暇なかった掛け放題の頃のネット時代を懐かしく思ってしまう。そして、北朝鮮の事で泣いたりしない、リバウンドだけを追っていたロドマンを私は少し懐かしくなってしまうのだ。

(3.75点:1718本目)
www.blackmovie-jp.com

Amazing Grace / 日本未公開 (2018) 1717本目

1972年ワッツは熱かった『Amazing Grace

1972年、ロサンゼルスのワッツは熱かった。気候的な暑さではなく、この年にワッツの歴史を模り、そして語り草となるイベントが2つも起きたのだ。まずは、この映画となったアレサ・フランクリンによるゴスペルライブアルバムの収録、そして、『Wattstax / ワッツタックス (1973)』である。

1972年1月、既に20枚以上のアルバムを発売し、グラミー賞にも輝いていたアレサ・フランクリンは、何か違うことをしたいと模索していた。アレサは、自分が小さい頃から親しんだゴスペルライブアルバムの制作を思いついた。『追憶』や『トッツィー』などで知られるシドニー・ポラック監督が、そのアルバム制作の模様を撮影することが許された。その後発売されたアルバムはベストセラーとなる。ポラック監督が撮影した映像は、ライブ映画として上映される筈だったが、テクニカルの問題でお蔵入り。時を経て、編集し直して、ドキュメンタリー映画として映像は甦った。

ライブにはハプニングがつきものだ。ジェームズ・ブラウンが「Live at the Apollo」というライブ・アルバムを制作した時にも起きた。「俺がJBだ!」という自伝でもそれについて触れている。お婆ちゃんが卑猥な言葉を発し、マイクがそれを拾ってしまった。でもそのライブ感が受けた。JBがそのアルバムを制作した頃は、ライブアルバムの常識はなくて、所属レーベルから猛反対されてしまう。どうしてもライブアルバムを作りたかったJBは、自主制作でアルバムを制作したほどだった。ライブでハプニングといえば、エディ・マーフィの『Eddie Murphy Delirious / エディ・マーフィー/ライブ!ライブ!ライブ! (1983)』のハプニングも思い出させる。エディ・マーフィの見事な切り返しに、アッパレだと感じたものだった。そういったライブでのハプニングの対応に、エンターテイナーとしての真価が問われる。このアレサ・フランクリンのライブには、流石にそういうハプニングはない。バプティスト教会という神聖な場所なので、観客がそれを弁えている。JBやエディ・マーフィのライブとは違うのだ。でも、アレサの迫真のゴスペルを聴いてしまうと、黙っては居られない。徐々に観客が高揚していくのが分かる。立ち上がりリズムを取る者、一緒に口ずさむ者、足を鳴らす者、神の名を叫ぶ者... その観客と共に、アレサの熱も高まっていくのが分かる。そして1月とは思えない熱気で、汗が凄い。そんなアレサの汗をそっと拭くアレサの父C.L.・フランクリン。そしてジェームズ・クリーブランドとの共演とアレサの即興は、圧巻で凄いものを見せつけてくれる。いつの間にか、自分も1972年に行われたその教会に居るように勘違いしてしまう。

一曲目を歌う前のアレサ・フランクリンの顔は、ベテランとは思えないほどの緊張感が漂っている。しかし、歌いだすと、私たちが知るいつもの貫禄のアレサが登場する。ライブ・アルバムだけでは知ることが出来なかった一面も見れるのが映像記録の良さである。

(4.5点:1717本目)
www.blackmovie-jp.com

Canal Street / 日本未公開 (2019) 1716本目

他とは違うブラック・ライヴス・マターを描く『Canal Street』

ブラック・ライヴス・マター。この言葉が使われるようになったのは、2012年にフロリダ州で起きたトレイヴォン・マーティン殺害事件だ。丸腰で無罪の17歳の少年トレイヴォン・マーティンが、自警団を名乗るジョージ・ジマーマンによって殺害されたが、ジマーマンは自衛を主張して無罪になった事件である。その前から、黒人の間では鬱憤が溜まっていた。2009年に起きたオスカー・グラント殺害事件もその要因の一つで、後に『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』のライアン・クーグラー監督が『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』にて鮮明に映画の中で描いているので記憶している方々も多いだろう。そして、最近では後が絶えずニュースで相変わらず同じような事件が伝えられている。この映画はそんな状況を伝えているけれど、ちょっと趣向が違う作品。シカゴが舞台。

コリ(ブリシェア・グレイ)は、父(マイケルティ・ウィリアムソン)の仕事の関係で、シカゴの割りと良い地域に引っ越し、それまでとは違った白人学生の多い学校に転校した。白人生徒ブライアン(ケヴィン・クイン)から言いがかりを付けられてイザコザとなるが、逆にそれで仲良くなった。ブライアンに誘われてパーティに出かけ、そしてその帰り道、コリが新車で送り届けたブライアンの家の前で何者かがブライアンを射殺した。コリはブライアン殺害事件の容疑者として逮捕される。コリの父は弁護士で、息子の容疑を晴らそうとするが...

ということで、若い黒人が殺人事件の容疑者として展開していく物語。なので、黒人が銃の犠牲となってしまう「ブラック・ライヴス・マター」とは違うのです。でも、その事件を取り囲む様子は「ブラック・ライヴス・マター」と同じ。ラジオDJたちが討論し、大きな教会(メガチャーチ)が関わっていて、そしてメディアとSNSで煽るという状況はそのもの。そして劇中、終盤まで誰が犯人か分からずサスペンス的な要素もある。犯人が分からないので、世間&社会は、コリとその周りの人物たちを人種という枠にはめた偏見だけで語っていく。そんな怖さも描いております。コリを演じたのが、『Empire / Empire 成功の代償 (2015-Present)』にてライオン家の3男ハキームを演じているブリシェア・グレイ。ハキームもそうだけど、見た目が偏見の目で見られそうだよねーと、上手いキャスティングです。監督は、シカゴ出身のライアン・ラマーという新進系の監督。

タイトルは、A$APロッキーの曲に同じタイトルがありますが、それとは意味が異なっている。映画冒頭で説明されているのが、「偏見なく平等に機会に通じる、全ての社会に存在するストリートのこと」という名詞が「Canal Street」。他とは違った感じでブラック・ライヴス・マターを描いているのが面白い。

(3.25点:1716本目)
www.blackmovie-jp.com

Don't Let Go / 日本未公開 (2019) 1715本目

時空を超える限界『Don't Let Go』

デヴィッド・オイェロウォとストーム・リードが出演のホラー/スリラー映画。なのだけど、何だか違和感がある。オイェロウォとリードの作品なのに、あの人の名前が見当たらない。そう、『When They See Us / ボクらを見る目 (2019)』のエヴァ・デュヴァネイ監督ですね。2人は、デュヴァネイ監督のミューズ。オイェロウォは、『Middle of Nowhere / 日本未公開 (2012)』に出演し、『Selma / グローリー/明日への行進 (2014)』では主役のキング牧師を演じた。ストーム・リードは子役として活動していたが、『A Wrinkle in Time / リンクル・イン・タイム (2018)』にてデュヴァネイ監督に主役に抜擢されている。『ボクらを見る目』でもコリーの彼女役で出演してますね。そんな2人が、今回はデュヴァネイ監督を離れ、ジェイコブ・エステス監督作に挑んだ作品。エステスはハリウッド版『ザ・リング/リバース』の脚本家の1人。最近ではホラー映画といえば...となったブラムハウス制作。

映画を観たあと、迎えにくる筈だった両親が来れず、近所に住む伯父で刑事のジャック(デヴィッド・オイェロウォ)に電話するアシュリー(ストーム・リード)。2人は仲良く、ダイナーで食事をした。後日、再びアシュリーから電話を受けたが、様子が変で途中で切れてしまった。嫌な予感がしたジャックは、アシュリーたちの家に向かう。そこで悲劇が待っていた。自暴自棄になるジャックだったが、刑事として事件を追及していこうとする。すると、アシュリーから電話が掛かってくる。掛かってくるはずなどないのに。混乱するジャックだが、それから度々アシュリーから電話が掛かってきて、事件の真相に少しずつ近づいていくが...

ツイッターで先に書いてしまいましたが、アメリカでは映画『オーロラの彼方へ』の緩いリメイクだとか言われております。でも私は、去年辺りにフジテレビで放送されていた『シグナル 長期未解決事件捜査班』に近いと思った。いや、そのフジがリメイクした韓国の『シグナル』に近いのかもしれないけれど、私はそれは見ていないので何とも言えない。つまり、過去と送信する系のファンタジー/スリラー作品ですね。『オーロラの彼方へ』の方はよりファンタジーでロマンチックだった印象がある。今回のこの作品は、そんなファンタジーぽい所を残しているけれど、どちらかというと『シグナル』の事件を解決していくスリラーぽさが強い。でも結末は、この作品が一番ファンタジー。だから、最後が「あれ?」となった感じもする。でも、俳優たちの熱演が見どころ。というか、見てしまう。

時空を超える難しさと限界を感じた。

(4.25点:1715本目)
www.blackmovie-jp.com

Jacob's Ladder / 日本未公開 (2019) 1714本目

眼福コンビが長所を封印し、ガッツリ見せるサスペンス『Jacob's Ladder』

ウィル・パッカー制作、マイケル・イーリー主演。と言ったら、『Takers / テイカーズ (2010)』とか『Think Like A Man / 魔法の恋愛書 (2012)』でお馴染みですね。ウィル・パッカーは最近コメディで当ててますが、元々はサスペンス/スリラー系の映画が得意な人。以前、女性が主役のサスペンス系も書きましたが、女性主役だけじゃなく、なぜかこのサスペンス系映画ってブラックムービーに多いんですよね。マイケル・イーリーとモリス・チェスナットがその主役の座を争っている感じです。マイケル・イーリーに関しては、今年はすでに『The Intruder / 日本未公開 (2019)』にも出演しております。まーああ多い。なのですが、これは意外と...

アフガニスタンの砂漠地帯にあるアメリカ軍基地内で、ジェイコブ(マイケル・イーリー)はビールを飲みながら、妻サム(ニコール・ベハーリー)とスカイプで会話していると、サムから妊娠した知らせを受け、喜んだが、回線が悪く切れてしまった。そして、すぐに救急で基地内に運ばれてきた人物が居て、ジェイコブは仕事に戻った。血だらけで運ばれてきたのは、ジェイコブの兄弟アイザックジェシー・ウィリアムス)だったのだ。様々なフラッシュバックがジェイコブを襲う。そして何か月か経ち、ジェイコブスはアメリカのアトランタで退役軍人の病院で働いていた...

と、これ、ティム・ロビンス主演の同タイトル『ジェイコブス・ラダー』(90年)のリメイクなんです。ティム・ロビンスの方は、もう何十年も前の映画で、その頃に観た記憶はあるのですが、記憶はかなりぼんやりしております。でも、リメイクと明らかに違うのが、割りとその元になっている旧約聖書の創世記「ヤコブのはしご」に近く、兄弟の軋轢も描いているということ。ティム・ロビンスの方は兄弟出てきてましたっけ?出てなかった気がするんです。その兄弟をマイケル・イーリーとジェシー・ウィリアムスという、黒人俳優では珍しいブルーアイズ・コンビが演じていて、中々面白かった。眼福コンビですが、そのイケメンぷりに頼ったこの手のサスペンス系映画にありがちなセクシー系じゃなくて、ガッツリと物語を見せたのが良かったですね。彼らの長所を封印したら、意外と良い作品になった!という不思議な作品。最後の最後まで、どっちなのー!どっちなのーーー!とハラハラです。最後は意外とアッサリなんですが、でも切ない。とても切ない。最後の最後にあの人があの人を抱きしめる(ネタバレなので)のですが、私も抱きしめてあげたくなった。切ない人生だなーと。でも体も精神も色々と蝕まれた彼にとっての天国への門は、ああするしか見つからなかったのかもとも思う。

戦争なんて全く必要ない!と、切なくさせるサスペンス/スリラー作品です。そんな所が他にはない作品となった。

(3.75点:1714本目)
www.blackmovie-jp.com