SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Residue / 日本未公開 (2020) 1768本目

LAの反逆者たちのDNA『Residue』

数多く存在する映画の中でも私が熱心に一番勉強している(そして、もっとしたい)のは、「LAの反逆者たち」。70年代にUCLAの映画学科で学んだ若者たちです。パム・グリアの自伝の中に、LAに来たばかりのデビュー前の頃に「UCLAの映画科の人たちが撮影しているのを熱心に見入った」と書いてある。その頃にはUCLAに通っていたカリーム・アブドゥル=ジャバーとお付き合いしていた頃だろうから、パムは「LAの反逆者たち」の撮影を眺めていたのだ。ところで、その「LAの反逆者たち」は、『Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)チャールズ・バーネット、『Daughters of the Dust / 自由への旅立ち (1991)』のジュリー・ダッシュ、『Passing Through / 日本未公開 (1977)』のラリー・クラーク、そして『Teza / テザ 慟哭の大地 (2008)』のハイレ・ゲリマである。正確にはもっともっといる。なんで今回「LAの反逆者たち」の話を書いたかというと、今回の映画『Residue』は、「LAの反逆者たち」の2世代目、ハイレ・ゲリマの息子メラウィ・ゲリマ監督作品である。そして思った以上にハイレ・ゲリマのDNAを感じる作品であった。

ワシントンDCの街、バイクやラップ、そしてデモの音が聞こえてくる。その中で「どうして戻ってきたの?ジェイ...」という囁きが聞こえる。ジェイ(Obinna Nwachukwu)は、久々にDCに戻ってきた。街は少しずつ変わってきたようで、知らない人も多い。ジェイは親友デメトリアスを探していた。旧知に聞いて回るが、なぜか皆歯切れが悪い...

もう冒頭から「ハイレ・ゲリマか!」と思ったほど。あの囁きには父ハイレ・ゲリマを凄く感じた。そしてドキュメンタリーぽい所は、『Hale County This Morning, This Evening / 日本未公開 (2018)』を感じた。そのような手法でこの映画は、「ジェントリフィケーション」を描いている。ジェイが久々に戻ってきたことで感じる故郷の違和感。その違和感は、ジェイを孤独にさせる。「ここから出ることが目標」だったけれど、それでも故郷に愛着を感じるのは当たり前のこと。ずっと故郷で生活している者にとっては、ジェイは故郷を見限った男で、俺たちを置き去りにした男。そして故郷が変わったことが当たり前と捉えている故郷で暮らす人たち。そんなギャップが両者にある。だからジェイは孤独に感じる。そしてデメトリアスのことも、ジェイは蚊帳の外だ。

その孤独が最後ジェイを思いもしない行動をさせてしまう。まるでドキュメンタリー映画のように、ジェイの孤独が淡々を語られていき、感情がむき出しとなる。この生々しさこそが、「LA反逆者たち」だ、と思い出すのだ。

(4.5点/1768本目)
www.blackmovie-jp.com

2020年も終わるし

2020年も終わるし

年が終わる事がこんなに嬉しい年は初めてじゃないかと思うくらい... そんな年が2020年でしたね。2020というゴロが良いので、いい年になるんじゃないかと思っていたけれど、全然そんな事がなかった。今年は悲しいことが多過ぎた。チャドウィック・ボーズマン... 彼の姿がもう見れないのが、悲しくて、寂しくて、辛くて... 彼が遺してくれた大切なものを伝え続けていきたい。「ワカンダ・フォーエヴァー」。ワカンダが永遠のように、彼が遺してくれた姿は色褪せずに永遠なのです。私にとっての「ワカンダ・フォーエヴァー」という言葉は、チャドが永遠にという意味もあります。だから叫び続ける。ワカンダ・フォーエヴァー!!

そして、ジョン・ルイス。彼のような公民権運動の人たちが亡くなってしまうのは、とても悲しく、そして損失が大きい。実際に参加した人たちの話を聞くというのは、何冊もの本に匹敵するだろう。アフリカでは、人が亡くなると1つの図書館が無くなると言われておりますが、そんな風に本当に思います。もっともっと色んなお話しを聞きたかった。そして、11月のアメリカの大統領選の時、ジョン・ルイスが遺してくれたものは、人々に根付いていると感じました。御膝元アトランタ投票率とその結果が、ジョン・ルイスが遺してくれたものです。

今年は魔法使いの年
今年は魔法使いの年でした。大好きなNBA選手ラッセル・ウェストブルックが、ワシントン・ウィザーズ(魔法使い)へ! そして、推しの町田啓太くんが『チェリまほ(魔法使い)』でブレイク。ここで玉木宏さまが魔法使いになってくれたらコンプリート出来ましたが、今年の玉木宏さまは魔法使いからは程遠いチンピラ&ヤクザな年でしたね。チンピラ宏は最高でした! 今年は、玉木宏さまの『竜の道』と町田くんの『チェリまほ』があったので、ドラマ的にはとーーーーーっても楽しく良い年となりました。ありがとうございました。そして去年から引き続きハマっている漫画も全部楽しかった! 漫画やドラマや映画から心にスッと入ってくるセリフを沢山貰いました。ありがとうございました。今年は本当に私が魔法使いになって、この世からウイルスを消したい年でした。

今年の嬉しいニュース
そして今年も沢山の映画やドラマを紹介させて頂きました。沢山の作品を紹介する機会を頂きましてありがとうございました。
なんと言っても今年の嬉しいニュースは、映画秘宝の復活っ!!!!!! 

いつも年の締めくくりにホームページの方で世界一遅い一昨年のベストを選んでいるのですが、今年は時間なくてまだやっていないです。ごめんなさいです。そのうち。多分。

今年の言葉は、これに尽きると思います。

I thought 2020 would be the year I got everything I wanted. Now I know 2020 is the year I appreciate everything I have.
2020年は欲しいものすべてが手に入ると思っていた。けれど、2020年という年は私がもっているものをありがたく思う年だと知った。

fredandfar.com

2020年という年ほど、自分や家族が元気でいること、に感謝した年はないです。「何を大切にしないといけないのか、この状況が教えてくれました」と、前向きになるしかない年でした。

2021年、かもーーーん!早くー!

駒草出版ウェブマガジン

BLM(ブラック・ライヴズ・マター)を知る映画
note.com

駒草出版ウェブマガジンにて「BLM(ブラック・ライヴズ・マター)を知る映画」という記事を寄稿しました。押野素子さんが訳された『フライデー・ブラック』に関連する記事なのですが、あんまり関係ないかもしれず... 申し訳ないです。でも、自由に選び、自由に書かせて頂きました。途中、何を書いているのだ、君は... と思う箇所(多分KFCのところ)があったりしますが、私が南部に暮らしていて感じたことを率直に書きました。自分でもここまで率直に書いてしまって大丈夫かな? とも思ったりもしました。でも、アメリカでも西海岸やハワイなど、色々な所に住んできましたが、南部はやっぱり独特だよねと思った部分を書きました。1940年代の古い映画から、今年公開の映画まで、紹介しております。その1940年代の古い作品と、つい最近配信開始になった『Ma Rainey's Black Bottom / マ・レイニーのブラックボトム (2020)』の両方を見ると面白いと思うし、より分かると思う。そして、その1940年代の映画、記事内では比較的安価で...と書きましたが、多分パブリック・ドメインになっている筈なので、Public Domain+作品名で字幕はありませんが、ネットで見れるのではないかと。写真を使わせて頂いたりした『Just Mercy / 黒い司法 0%からの奇跡 (2019)』に感謝です。2度目になります、本当にありがとうございました。そして、自由に書かせて頂きました駒草出版にも感謝です。ありがとうございました。

是非是非よろしくお願いいたします。

杏レラト(黒人映画研究家)が紹介するBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本|駒草出版|note

映画秘宝 2月号

映画秘宝 2月号

映画秘宝 2021年2月号 [雑誌]

映画秘宝 2021年2月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/12/21
  • メディア: 雑誌
12/21(月)発売、映画秘宝2月号の「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿しております。オールタイム・シスターフッド映画、私は何を選んだか... 誌上で確認してくださいませ! この映画がすごーく好きなのですが、ブログとかでも書いたことないと思うので、今回初だしです。今回書くために久々に再見しましたが、痺れました。号泣しました。記事内でも触れたあの女性が本当にカッコいい! クライマックスは、ベストシーンですよね。彼女が演じた役で一番好きです。あの覚悟がすごく痺れる。写真もいいシーンの写真を使って頂きました。他の29作も、映画秘宝らしい作品が並んでいます。他では、選ばれないだろう作品ばかりです。

そして、「イケメン女優名鑑」では、ダナイ・グリラについて書きました!『ブラックパンサー』のオコエ隊長です!ダナイの魅力をギュっと濃縮して書きました。写真もそれが分かるような目力あるイケメンな写真です。ダナイの魅力は何と言ってもその○○感!

賀正らしい、のんx橋本愛のゴージャスな表紙が目印です。どうぞよろしくお願いいたします。

Project Power / プロジェクト・パワー (2020) 1767本目

パワー絶大なスター・パワー『プロジェクト・パワー』

ジェイミー・フォックス主演のスーパーヒーロー映画。ジェイミー・フォックスNetflix作品に出るのかー! というのが最初に思ったこと。とは言え、ウィル・スミスだってNetflix作品があるのだから、そうか当たり前か! とも思った。コロナ禍が始まってから益々Netflixの勢いが止まらない。その勢いを感じる作品となった。共演には、『(500)日のサマー』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、『The Hate U Give / ヘイト・ユー・ギブ (2018)』のドミニーク・フィッシュバック。監督は、『パラノーマル・アクティビティ4』のヘンリー・ジュースト。

近未来のニューオリンズの真夜中に、「これこそパワーだ」と謎の「パワー」と呼ばれるカプセルが麻薬密売人たちに無料で配布された。それから日が経った頃、高校生のロビン(ドミニーク・フィッシュバック)は従兄弟ニュート(マシンガン・ケリー)から仕入れたパワーを売りさばいていた。パワーは5分間だけスーパーパワーを使えるカプセルだったのだ。パワーを狙った強盗に襲われそうになったが、ニューオリンズ警察のフランク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が助けてくれた。フランクはロビンの顧客の1人だったのだ。そして、アート(ジェイミー・フォックス)がニューオリンズにやってきて、ビギーと呼ばれる男を探していた...

突っ込もうと思えば、突っ込み所のある物語ではあるけれど、私は好き。この3人の才能をビシバシ感じて、物語の穴も気にならなかったほど。特にドミニーク・フィッシュバックが素晴らしい。父親を欲し、アートと出会い、そして父親を思う気持ちに似たものを感じるけれど... そう簡単にはいかないですよね。ラストも凄く良かった。警察官ながら少し汚れた部分もありながら、それでもやっぱり正義感のあるジョセフ・ゴードン=レヴィットも良かった。そして、そして... ジェイミー・フォックスですよ! 彼はやっぱりオスカー俳優。ドミニーク・フィッシュバックとの距離感が凄く良かった。そして最近はよく映画のロケーションとして使われるニューオリンズ。『The Lovebirds / ラブバード (2020)』でも使われておりました。今回は、ニューオリンズ・セインツの試合後でファンが「Who Dat?」のあの有名なチャントが出てきましたね。そしてアートが冒頭でニューオリンズに来るシーンと、ニューオリンズを出るシーンがとても良かった。

主要キャスト3人のスターパワーをとても感じた作品。彼らの演技がこの映画を牽引し、面白くさせている。このパワーは絶大だ。

(4点/1767本目)
www.blackmovie-jp.com

The Forty-Year-Old Version / 40歳の解釈: ラダの場合 (2020) 1774本目

40歳になるのも悪くない『40歳の解釈: ラダの場合』

こちらの作品に関しては、映画秘宝1月号に全て込めさせて頂いたので、そちらで読んでくださいませ。よろしくお願いいたします。

映画秘宝 2021年1月号 [雑誌]

映画秘宝 2021年1月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/11/21
  • メディア: 雑誌

(5点満点/1774本目)
www.blackmovie-jp.com

Emperor / 日本未公開 (2020) 1766本目

歴史から学ぶこととは『Emperor』

最近、特に思う。歴史を知っているようで知らない。そして、歴史を知ることの大切さを。歴史を知ることの大切さは、過去の失敗or成功を今に活かせること。例えば、今世間を苦しめている新型コロナウイルスだって、過去のスペイン風邪から学ぶことも多い。だけど、意外と人はそれをしない。そして、学校で習う歴史って、ごくごく...ごくごくごく一部。基本中の基本しか教えてくれていないけれど、基本なので勉強して損はないというか、知っておくべきことなのだ。私も年号だけ覚える歴史は苦手だけれど、歴史と地理の授業は大好きだった。アメリカの歴史は特に好きだった。新しい国ゆえ、範囲が狭いし分かりやすい。ということで、そんな私にぴったりな歴史の偉人映画です。

エンペラー(皇帝)と呼ばれた男シールズ・グリーン(ダヨ・オケニ)は、サウスカロライナで奴隷として生まれた。成長したシールズは、機知に富み優秀だったので、奴隷の間から一目置かれていた。だが、彼がいたプランテーションのマスターはギャンブルにはまり、新しい買い手にプランテーションが買われてしまっていた。新しいマスターは酷い男で、作物の種すら与えようとしなかった。シールズは代表して、種のことを伝えるが、逆に折檻に遭う。嫌気を差したシールズは逃亡を試みる。逃亡している間に、奴隷廃止論者ジョン・ブラウン(ジェームス・クロムウェル)やフレデリック・ダグラス(ハリー・J・レニックス)と出会い...

シールズ・グリーンという実在した逃亡奴隷が、ジョン・ブラウンフレデリック・ダグラスと出会い、ハーパーズ・フェリーの戦いに参加するまでを描いたドラマです。制作者の1人が、『House Party / ハウス・パーティ (1990)』や『Marshall / マーシャル 法廷を変えた男 (2017)』の監督、レジナルド・ハドリンです。制作者としては、『Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)』や、テレビ版の『Black Panther / 日本未放送 (2011-)』で有名です。こういう英雄伝が好きなのでしょうね。基本、プランテーション時代&逃亡時代の白人はとても悪役として描かれているけれど、ジョン・ブラウンやリーヴァイ・コフィンが出てくるのも良いです。ジョン・ブラウンは有名ですが、リーヴァイ・コフィンはそこまで有名じゃないけれど、彼も「地下鉄道」を支えた白人のクエーカー教徒。演じたのはブルース・ダーン。これまた渋い演技をみせてくれています。そして黒人も良い人と悪い人が描かれているのがとてもバランスが良くて良い。こういう奴隷を描いた作品だと黒人は良い人ばかりに描かれることが多いので。そして主役ダヨ・オケニの主役ぽさと言ったら!エンペラーと呼ばれた男に相応しい風格があって良かった。

この映画の白人・黒人像はとてもバランスが取れている。どの人種にも良い人と悪い人はいる。人種が良い訳でも悪い訳でもなく、人を形どるのはその人の行動だからだ。そして、アメリカの歴史の一部がたった1時間40分ほどで手に取るように分かるなんて、見る人にとっては幸運である。

(4点/1766本目)
www.blackmovie-jp.com