SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
*映画秘宝 7月号にてスタンダップコメディと『ウォッチメン』について寄稿。(5/21/20)
*FRIDAYデジタルにて「新型コロナ ルポ・アメリカ南部のいま」というコラムを寄稿。(4/27/20)
*Cinra.netにて『黒い司法 0%からの奇跡』について寄稿。(2/28/20)
*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
過去記事

Les miserables / レ・ミゼラブル (2019) 1756本目

良き教育者になるために『レ・ミゼラブル

フランス人俳優ラジ・リの自伝的な作品であり、彼の初となる長編映画監督作品。しかも、初ながら2020年に行われたアカデミー国際長編映画賞のフランス代表作品であり、ノミネートも果たした作品です。オスカーは逃しましたが、カンヌ映画祭にて審査員賞を受賞!「ミュージックマガジン8月号」でも少し書きました。ブラック・ライブズ・マター運動が全米だけでなく、イギリスやフランスなど世界に飛び火した訳が、理解できる作品なのです。何より面白い!

2018年ワールドカップにて優勝したフランスはお祭りムードで、凱旋門エッフェル塔の周りには人で溢れかえっていた。そんな中、警察署には新入りルイーズ(ダミアン・ボナール)がやってきて、クリス(アレクシ・マナンティ)とグワダ(ジブリル・ゾンガ)のベテランコンビに付き添ってパトロールに出かけた。クリスの少々行き過ぎなパトロールに戸惑いながらも、黙々とこなしていった。しかし、街のトラブルを捜査中に、催涙弾で視界を失ったグワダが撃ったフラッシュボールが、少年イッサ(イッサ・ペリカ)に命中してしまう。そして、その様子をドローンで偶然に撮影していた少年がいた。3人の警察官は、ドローンで撮影していた少年を探しだし、イッサの事故を隠滅しようとするが...

という感じなので、タイトルとなっている有名なヴィクトル・ユーゴーの小説を映画化した訳ではありませんが、関係ないこともないのです。同じモンフェルメイユが舞台で、ユーゴーの文が引用されております。

そして、2005年のパリ郊外で起きた暴動が題材となっている。警官に追われたことが原因で移民が感電死した事件から起きた大きな反乱。日本でも報道されている事件だ。

この映画の何が面白いかっていうと、単なる人種や宗教でキッチリと分けていない所。移民の少年を誤って撃ってしまったのは、同じ移民のグワダ。劇中グワダは仕事と割り切っているのか割りと中立の立場で、白人のルイーズが移民などに対して感情移入しており、白人のクリスはいかにもな悪役ぽさがある。そんな三者三様の人たちがいても、人々の怒りをどうすることも出来ない。それは、被害者となる少年を囲む人々も様々で、サラーのような出来た大人もいれば、ゾロのような最低な大人もいて、怒りを回避することは出来ない。ドローンで撮影していた子も最初は同級生の女の子の着替えを撮影していたりと、どことなくのび太くんを連想させる平和な雰囲気だった。偶然に撮影してしまったことで追われることになる。

暴力は結局暴力を生む。そして連鎖していく。ヴィクトル・ユーゴーの「我が友よ、これを覚えておいてくれ。雑草も悪人もいないのだ。悪しき教育者だけがいるのだ」。この言葉が、鑑賞後に何度も頭を駆け巡る。

(4.75点:1756本目)
www.blackmovie-jp.com

The Last Dance / マイケル・ジョーダン: ラストダンス (2020) (TV) 1755本目

マイケル・ジョーダンはこれを最後の舞にすべきではない

もう2年くらい前だったか、ESPNでこのマイケル・ジョーダン(以下MJ)のドキュメンタリーのCMが流れ、即座に楽しみとなった。だって、あのMJのドキュメンタリーなのですから。バスケットボール界の神。70年以上の歴史を誇るNBAでも、歴代のトップ5、いや1位かもしれない選手だと私は思っている。何しろ私はリアルタイムでMJを見てきた。最初の3連覇、そして復活からの3連覇。特に、復活からの3連覇は夢中で観ていた時期。その頃には、ペニー・ハーダウェイという選手が好きで、MJのシカゴ・ブルズを応援するために見ていた訳ではないが、BSで放送していたらどのNBAチームの試合でも見ていたし、あの頃はNBA関連の雑誌も買っていた。MJ以降、スター選手が出てくると、やたらとMJと比較される。それも嫌だった。MJが勝つに決まっている。今でもそう思っている。こう書くとMJを神格化していると思われるだろう。恐らくそうだ。でもそうじゃないことも逆に知っている。昔からの悪い噂は、好きゆえに耳に入ってくるものだ。それでも、私はMJが選手として好きだ。リアルタイムで感じたあの凄さは忘れられない。だから、このドキュメンタリーはあの時のあの凄さを感じられるだろうと楽しみにしていた。MJ本人が出てきて話すというから余計に。

スポーツ専門チャンネルESPNが近年力を入れているスポーツドキュメンタリー映画。論争を呼ぶフットボール選手O.J.・シンプソンを追った『O.J.: Made in America / 日本未公開 (2016)』では、7時間にも及ぶ作品ながら、見事にアカデミー賞長編ドキュメンタリー作品賞に輝く快挙を成し遂げた。そんなESPNが総力を挙げて制作したのが、NBA界きってのスーパースターであるマイケル・ジョーダンのドキュメンタリー。そのESPNで『The Fab Five』というミシガン大バスケットボールチームを追ったドキュメンタリーを制作した若いジェイソン・ヘヒアーが監督。10エピソードのミニ・ドキュメンタリーシリーズとしてESPNで放送された。本来ならば6月からの放送・配信スタートだったが、新型コロナウイルスの影響で早まり、4月19日に解禁となった。

ESPNがかなり気合を入れたため、放送・配信前からESPNでの煽りが凄まじかった。「バスケット好きなら見るよね?当然だよね?」的な煽り。現役・引退選手たちもその煽りに加勢していた。それよりも、最初に書いたように楽しみで仕方が無かった。だって、MJのプレーのハイライトを編集するだけで、面白くない訳がなかったからだ。でも、私の期待はエピソード1から見事に崩された。ドキュメンタリーなのに、時系列が行ったり来たりする演出、そしてMJ本人が語るからこそのご都合主義を感じずにはいられなかった。時系列が行ったり来たりするのは、最初の3連覇と復活からの3連覇を効果的に見せるためかな? 最後にはその演出が見事にハマったりするのかな? という期待はあった。でも、MJがルーキー時代のシカゴ・ブルズの選手たちのドラッグ事情を話し始めて、自分だけを守った時から、「そうかー、やっぱりMJ(だけ)のためのドキュメンタリーかー」と感じ始めてしまった。エピソード2では、最高の相棒と言われたスコティ・ピペンの詳細、エピソード3では悪童デニス・ロドマンなど、チームメイトやコーチなどの詳細を挟みながら進んでいくエピソード。どれもチームメイトを称賛しているようで、そうじゃない部分も見え隠れする。そして、逆にMJ本人については、MJの陰の部分も見え隠れしているように見せているが、ギャンブルなどのスキャンダルな部分は割りと言い訳というか、上手く言い逃れしているように感じた。そして決定的なのがオーナーのジェリー・クラウスやアイゼイア・トーマスとの確執。放送後、アイゼイア・トーマスは、メディアに度々登場し反論する羽目になった。トーマスだけでなく、他の選手も反論をする者が後を絶えない。だが、クラウスは故人なので、もう反論すらできない。そして、やはり最後まで時系列が行ったり来たりする意味が分からなかった。最初の3年間も復活からの3年間も確実に違う3年間で、観客の頭を混乱させるだけだ。良かったのは、MJのハイライトが久々にじっくりと観れたこと、そしてMJの引幕の美学というのは感じられた。

このドキュメンタリーを作る必要なんてなかった。だってMJは、バスケットボールのコートに入ってしまえば、神だったのを誰もが知っているから。だからこそ、このドキュメンタリーに何とも言えない感情を覚えてしまう。

(3.5点:1755本目)
www.blackmovie-jp.com

Blue Story / 日本未公開 (2019) 1754本目

10年後の評価が楽しみなギャング・オペラ『Blue Story』

本国イギリスでの劇場公開後の24時間で、映画に関連した事件が25件も勃発した問題作。観たかった。アメリカでも3月後半から劇場公開される予定だったけれど、新型コロナウイルスの影響で延期・変更になって、やっとVODで公開。本国での評判はマチマチのようですが、私的には最高でした。久々に来たなって感じ。イギリスの『Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)』なんていう言い方をされることもあるみたいですが、作品的には『Menace II Society / メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙 (1993)』に近いかなーなんて思います。『HiGH&LOW』にも近いと思った。ラップマンの名前でラップをしているアンドリュー・オンウボルが監督・脚本・ナレーション的なラップを劇中で披露しております。元は、そのラップマンがYoutubeで披露していたシリーズを映画化。

ロンドンの南部にあるペッカムとデトフォード地区には、双方に「ペッカム・ボーイズ」と「ゲトー・ボーイズ」というギャング集団が存在し、お互いがライバルでイザコザが絶えなかった。そんな中、高校で仲が良くなったのが、ティミー(ステファン・オデュボラ)とマルコ(マイケル・ワード)。しかし、ティミーはデトフォードに住み、マルコはペッカムに住んでいた。ティミーは学校が同じリア(カーラ=シモン・スペンス)という女の子が好きだがシャイで中々言い出せなかった。そんな中、ティミーの旧友で現在はデトフォード地区のギャング集団ゲトー・ボーイズの一員キリー(カリ・ベスト)が2人を見つけ、マルコにちょっかいを出してくる。ゲトー・ボーイズに襲撃され、ペッカム・ボーイズが逃げる映像がネットに出回っていた。マルコの兄はペッカム・ボーイズの一員で、リベンジを考えていた。ティミーとマルコはギャングとは無縁だったが、お互いが住んでいる地区というだけでギャング闘争に巻き込まれていく...

プロットでは書ききれないくらい、複雑に色々と絡み合っていきます。もっともっと複雑です!私はこの作品を「ギャング・オペラ」と呼びたい。とても複雑な人間関係だし、でも理解出来るし、切ないし、悲しいし、感情がグチャグチャになる。何だろう、男同士の「ロミオとジュリエット」みたいな。生まれた所から違うだけで悲劇を生んだ的な。物語は最後の最後まで人間関係が複雑で、絶対に先読めないですよ。ラップマンは凄い物語書いた。ただ最初は誰がどのメンバーなのかが、ちょっと分かりにくいかな。分かるようになるとすごく面白くなる。『HiGH&LOW』も最初は複雑で分かりにくいですものね。でも、チームの色とか個性とか分かると凄く面白くなる!あの感じに似ております。

本作に触発されて暴力事件が起きたのは非常に残念。そういうものこそ切なくて不要だと描いているのに。なんでも、ペッカム・ボーイズとゲトー・ボーイズは実在するギャングらしいですね。その関係もあって、暴力事件が多発したのかもしれないです。アメリカでも『ボーイズ’ン・ザ・フッド』とか『New Jack City / ニュー・ジャック・シティ (1991)』公開時に暴力事件が起きて問題になったのを思い出し、90年代のアメリカのあの頃を追懐していた。観た後のなんとも言えない感情もあの頃と同じ。このギャング・オペラは、今は本国では理解されないかもしれない。でも恐らく10年後20年後に再評価されるような作品なのかも。

(5点満点:1754本目)
Blue Story / 日本未公開 (2019)

All Day and a Night / オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕 (2020) 1753本目

今改めて問題を深く考えるために...『オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕』

あの『Black Panther / ブラックパンサー (2018)の脚本家の1人ジョー・ロバート・コールの監督作品。しかもカリフォルニアのオークランドが舞台!!!と、なったら観ますよねー。速攻観ますよねー。しかも主演が、『Moonlight / ムーンライト (2016)』のアシュトン・サンダース。父親役に『Shaft / シャフト (2000)』のジェフリー・ライト。その3つが揃えば、もう既に勝者的な何か。期待値が上がります。オークランドで生活する父と息子の悪循環を描いたクライムストーリー。Netflix配信。

ラップの練習をするジャ(アシュトン・サンダース)。ジャはマルコムの家を襲撃し、マルコムを殺した。そして、ジャは終身刑を言い渡される。小さい頃に、年上に玩具を取られ、父(ジェフリー・ライト)に怒られ暴力を振るわれ、次の日にはその年上にやり返した。そんなことを思い出し、過去を振り返っていた。ジャは父のようにならないと思い、そして彼女シャンテイ(シャキーラ・ジャネイ・ペイ)との間に息子もでき、ジャも父となったが、マルコムと対峙していた...

かなり渋い作品。父と息子の関係には大きな溝がある。息子からしてみたら、父親らしいことなんてしてもらったことがない。そして父親のせいで、自分の人生も狂った。そう思っている。だけど、自分が父親の立場になってみて分かることも沢山あった。息子のためにまともな人生を送ろうとしても、世間がそれを許さない。真面目に働かせてなんてくれない。だから、安い犯罪に手を染めてしまう。息子のために... でも、本当は嫌がらせにも歯を食いしばって耐えて、真面目に働かないといけなかった。そこで何とか悪循環を断ち切らねばならなかった。でも父も息子も2人してそこを間違えた。そして、2人ともにやっとその間違いを理解した。そして... っていう希望。とても渋くて分かりにくいかもだけど、ラストは最高でした。そして2人の演技も終始最高でした。

90年代には多かったテーマだけど、最近はあまり見かけなくなった。2020年、ブラック・ライヴズ・マター運動の最中、またもう一度彼らの抱えた問題を深く考えてみたい。

(4.5点:1753本目)
www.blackmovie-jp.com

Bad Trip / 日本未公開 (2020) 1752本目

新しさと過激さを追求したプランク映画『Bad Trip』

The Lion King / ライオン・キング (2019)』に、ドナルド・グローヴァービヨンセ等と共に声優をつとめたエリック・アンドレ主演作品。日本ではまだまだ知名度低いですが、『The Eric Andre Show』というコメディ番組で少しずつ人気が出てきているコメディアン。一時期は、あのロザリオ・ドーソンと付き合ったほど!そのエリック・アンドレが、『Get Out / ゲット・アウト (2017)』のリル・レル・ハウリーと、『Girls Trip / ガールズ・トリップ (2017)』のティファニー・ハディッシュという今が旬の2人を従えて制作したコメディ。と言っても、ただのコメディ映画じゃない。隠しカメラで、一般人の素の反応をそのまま取り入れた「Prank(いたずら)」映画で、『ジャッカス・ザ・ムービー』みたいな作品。監督は日本生まれのキタオ・サクライ。SXSW映画祭や劇場上映が予定されていたけれど、新型コロナウイルスの影響で中止。アマゾン・プライムが少しの期間うっかり配信。その後に削除されたけれど、うっかり期間の間に観ました。後日、太っ腹なNetflixが権利を買い取り、これから配信予定です。

クリス(エリック・アンドレ)はうだつのあがらない男。フロリダの小さなカー・ウォッシュ店に勤務。そこに高校時代から思いを寄せているマリア(ミカエラ・コンリン)がやってくる。しかし、ヘマをして恥ずかしい姿を見せてしまう。近くにいた男の人の助けで、マリアの電話番号を聞こうとするも撃沈するが、マリアはNYへ行くことを知る。クリスの親友バド(リル・レル・ハウリー)の姉トリーナ(ティファニー・ハディッシュ)の車があることを知り、その車でマリアを追いNYへ行くことを思いつくが...

プロットだけでは分からないと思いますが、まあ過激。その辺りは『ジャッカス』と同じ。その過激なことを見て、一般人がどう反応するのかを観る作品。そして、その反応にプロのコメディアンたちがどう返すのか? ティファニー・ハディッシュは上手い。彼女の役柄自体が一番過激なので、恐らく一般人に一番引かれるであろう。でも、カメラが回り続ける間は全然屈しないし、演技も崩さない。そこはすごく感心した。そして、車が爆破するシーンに登場する若い一般人のお兄さんがすごく素敵。真剣に心配しているのが伝わってくる。こういうシーンは良い。でも、ゴリラのシーンとかは気持ち悪い。こういうプランク物って、どうも過激にしようとすると、下ネタでも下品な方に行ってしまう。それだけでもないのだけれど、そこはやっぱり気になってしまう。

それでも、何か新しいことをやろうとしているのは伝わる。何かここから生まれれば良いが...

(3.75点:1752本目)
www.blackmovie-jp.com

映画秘宝 9月号

映画秘宝 9月号
7/21(火)発売、映画秘宝 9月号の「#Black Lives Matter特集」に参加しております。まずは、スパイク・リーDa 5 Bloods / ザ・ファイブ・ブラッズ (2020)のレビューを!なんとたっぷりと2800文字も頂きまして、たっぷりと思う存分に作品について書かせて頂きました。しかも、『ザ・ファイブ・ブラッズ』のキャストについても書いております。1つだけ書き忘れたなって思ったことがありまして、それは巻末プロフィールに書いております。なので、もうこの作品についての思いは全て映画秘宝9月号に込めさせて頂いたので、サイトやこのブログに書くことはないと思います。なので誌上でよろしくお願いいたします。この『ザ・ファイブ・ブラッズ』の特集は凄く濃くて、とにかく凄いです(語彙力酷いですが、その言葉に尽きます)!ベトナムのキャストの事とか、凄く面白いですよ。もちろん、この映画の音楽のことも!これは私もまだ未読ですので、楽しみです。

そして「配信秘宝」では、「黒人を悩ます6つの憂鬱 最新ブラックムービー&ドラマ10選」にて解説をしております。今回の10選は、「今絶対にすぐに配信で観れる!」がテーマです。最新の作品なので、「今」が知れる作品ばかりです。作品については、私以外の映画秘宝オールスターなライターさんたちが書いておりますので、楽しみにしてください!ただ、誰も御覧になっていないであろう、ミーク・ミルの『フリー・ミーク』は私が執筆しております。かなりマニアックな作品ばかりで、他では絶-----対に選ばれないであろう流石秘宝!的なとにかく凄い(また語彙力酷いです)選出になっております。

あと、最強新聞で、な、な、なんと... ブルース・リードキュメンタリー映画『Be Water』のレビューも執筆させて頂きました。ESPNで放送された作品です。本当に素敵な作品なので、一刻も早く全世界で公開されて欲しい。そして、最強新聞ではブラックムービー・ヒーローズ特集があります!凄いことになっています。少し聞いただけでも、とにかく凄いです(またまた語彙力酷いですが、この言葉が最適です)!

編集部の皆さんは、このBlack Lives Matter特集にとても真剣に取り組んでくれました。熱い特集になっております。

という訳で、今月号の映画秘宝もどうぞよろしくお願いいたします。そして、25周年おめでとうございます!!またの、これからの25年も楽しみにしております。

映画秘宝

映画秘宝 2020年9月号 [雑誌]

映画秘宝 2020年9月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/07/21
  • メディア: 雑誌

ミュージック・マガジン 8月号

ミュージック・マガジン 8月号
7/20(月)発売のミュージック・マガジン 8月号の「ブラック・ライヴズ・マターとアフリカン・アメリカンの歴史」特集の「映画ガイド」にて29作選び、その中から11作ほど解説しております。先日「FRIDAYデジタル」で書いた「映画が描いてきたBlack Lives Matterの深層」と重複する作品もあるかと思いますが、その作品については他のライターさんが書いております。今回は、日本で公開された作品の中から選びましたので、比較的に皆さんが見やすい映画だと思いますので、是非見て頂きたいです。今回も、1950年代の映画から70年代、90年代、そして最近公開されたばかりの2019年作品と幅広い時代から選んでおります。

表紙が最高です!ジェームズ・ブラウンとビリー・ホリディとリル・ベイビー。何卒よろしくお願いいたします。

ミュージック・マガジン2020年8月号:株式会社ミュージック・マガジン


ミュージック・マガジン 2020年 8月号

ミュージック・マガジン 2020年 8月号

  • 発売日: 2020/07/20
  • メディア: 雑誌