SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*FRIDAYデジタルにて「オバマ前大統領は映画プロデューサー」というコラムを寄稿。(2/4/20)
*『黒い司法 0%からの奇跡』にコメントをしました。(2/4/20)
*Cinra.netにて「映画界に進出したラッパー百科」というコラムを寄稿。(1/27/20)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2019に参加。(1/21/20)
*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

なぜブラックフェイスがダメなのか?

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の浜ちゃんのブラックフェイス(日本のマスコミはなぜか黒塗りメークだの黒塗りメイクだの使っておりますが、ここでは敢えてブラックフェイスという言葉を使用します)についてツイッターでコメントした所、色々…

英国男性たちを恐怖に陥れた事件の映画化『My Murder』

フランツ・ドラメーの事を調べている時だったかな?何のタイミングでいつだったか、正確には憶えていないけれど、この作品の事を偶然に見つけた。何!あの『スター・ウォーズ』シリーズに出るまでにもなったジョン・ボーイエガと、あの『Roots / ROOTS…

「我々は戦う事を諦めない!」あるブラック・パンサー党員の叫び『Passin' It On』

トゥパック・シャクール自伝映画『All Eyez on Me / オール・アイズ・オン・ミー (2017)』の冒頭で使われたのがブラック・パンサー党員ドルーバ・ビン・ワハドのスピーチ。なぜかそれをマルコムXだと思っているバカな批評家もいる。トゥパックならマルコムの…

長く熱い夏にぴったりの背筋も凍るホラー『Detroit』

「ロング・ホット・サマー(長く熱い夏)」...とりわけ、1967年の夏は暑かった。人種間の軋轢により、ケネディ大統領暗殺後の1964年以降暴動が多くなっていた。1967年は一番多く、なんと159回もの暴動があったとの事だ。その中の一つがデトロイトの暴動。そ…

この映画に出会えた感謝『I Am Not Your Negro』

ジェームス・ボールドウィン。黒人文学界の宝。ボールドウィンの半自伝的『Go Tell It on the Mountain / 日本未公開 (1985)』は大好きだ。「ソニーのブルース」や「ジョバンニの部屋」など数々の名作を遺したボールドウィンだが、脱稿出来なかった本がある…

映画やアイス・キューブと共に見てみる1992年のLA暴動『LA 92』

ロドニー・キングへの暴行ビデオから始まり、その加害者である警察官たちの無罪判決によって始まった一連の出来事を、人々はLA暴動というけれど、黒人、とりわけLAの黒人は「暴動」という言葉を回避しているように思える。このドキュメンタリー映画のタイト…

そのまんまニューヨーク『Doin' Time in Times Square』

これね、あり得ない位斬新!あの伝説的な『Wild Style / ワイルド・スタイル (1983)』の監督チャーリー・エーハンが、80年代後半に住んでいたタイムズスクエアにあった(正確には43rdと8th Ave.)アパートの部屋から路上で起こった事(主に夜)を記録してい…

しごきとイジメと暴力と縦社会『ヘルウィーク』

日本とアメリカの大学の大きな差はフラタニティ&ソロリティとサークルだと思う。グループを作って、飲み会したり、ゆくゆくはOBからの就職のヘルプなど、大まかに似ている点はあるけれど、フラタニティの方がはるかに厳しい感じを受ける。フラタニティは規…

自国の歴史すら知らないアホで間抜けな人々に捧ぐ『John Lewis : Get in the Way』

今年の1月からアメリカ大統領になった男は、ジョン・ルイスにツイッターでこう噛みついた「トーク、トーク、トーク。行動も結果もなし!」と。元々、第45代アメリカ大統領”と呼ばれている男”の事はアホで間抜けだと思っていたが、ここまでバカで無知な男だっ…

映画の持つパワー『Birth of a Movement』

黒人歴史月間になると、アメリカの公共放送PBSは、黒人関連の映画やスペシャル番組に力を入れる。その1作がこの作品。60年代から権利の為に戦う俳優ダニー・グローバーがナレーション。この作品の監督は2人共白人だが、スパイク・リー軍のサム・ポラードとハ…

選挙後にデイブ・シャペルが『サタデー・ナイト・ライブ』で語った大事な事

2016年11月8日、アメリカで大統領を決める選挙の日。アメリカは日曜とか普段の日とか関係ない。4年に一度必ず11月8日に選挙が行われるのだ。その直後の11月12日の『サタデー・ナイト・ライブ』のホストにデイブ・シャペルが決まったのが、11月4日。『サタデ…

キング牧師

@LeratoAnzjp: ジョージア州にあるストーン・マウンテンはキング牧師のあの「私には夢がある」にも登場する場所だが、刻まれているのは南北戦争の南部軍の軍人。しかし、そこにキング牧師が語ったように自由鐘をレリーフする事を発表した。URL2015-10-14 23:…

Passing

白人でありながら黒人だと主張する黒人学の大学教授レイチェル・ドールザル(Rachel Dolezal)。収拾がつかないでエスカレートしている。彼女はNAACP(全国有色人種向上協会)のワシントン州スポケンの代表でもある。事の発端は彼女の両親からの告発である。…

ウィリアム・チャップマン

@LeratoAnzjp: 万引きを疑われた無防備の18歳の青年ウィリアム・チャップマンが、以前にやはり無防備の人を射殺して停職処分となった警官に射殺されていた。#WilliamChapmanURL2015-06-02 22:54:45 via Twitter Web Client

クリーブランドで起っている事

@LeratoAnzjp: ツイッターでクリーブランドを検索すると、NBAファイナルの事かニュースサイトしか見当たらない。あんまり人々に興味をもたれていないみたい。もう食傷気味なのかな。いや黒人の人にとっても同じような事が起ってばかりで食傷気味ですよ。なん…

ハリエット・タブマン

@LeratoAnzjp: 20ドル札はアンドリュー・ジャクソンだが、そろそろ女性に変えよう!とオバマ大統領が提案し、誰がいいか投票していたが、ハリエット・タブマンが勝利!本当に変わる事になるのか?乞うご期待!URL URL2015-05-13 23:12:57 via Twitter Web Cl…

トニー・ロビンソン

@LeratoAnzjp: 本日、ウィスコンシンで無防備のトニー・ロビンソンが、警官の7発の発砲で亡くなった事件の加害者である警官に対して、地方検事は罪を追及しない事を発表した。#TonyRobinson2015-05-13 08:08:28 via Twitter Web Client@LeratoAnzjp: ちなみ…

トレイヴォン・マーティン

@LeratoAnzjp: ジョージ・ジマーマン(フロリダで無防備の少年トレイヴォン・マーティンを殺害したが無罪)は、本当にどーしようもない。今回は運転中に喧嘩になり、銃で脅したら、逆に発砲され顔に傷。一度平気だったから自分はゴールデンチャイルド位に思…

第2のトレイヴォン・マーティン事件か?

最近CNNが、第2のトレイヴォン・マーティンと精力を挙げて伝えているのがトレイヴォン・マーティンの殺人事件と同じフロリダ州で起きた黒人青年ジョーダン・デイビス殺人事件。事件当時、デイビスは17歳。そしてその殺人者は47歳(当時)の白人男性マイケル…

Murder, somebody wrote?

今さっき、CNNのアンダーソン・クーパーのスクープで観た。黒人男性アルフレッド・ライトが死んでいた。まあ日常的にある事かもしれない。でもその男性の死体は、テキサス州のジャスパー近くの茂みで発見された。私はもちろんすぐにあれを思い出した。テレビ…

Where is the justice in Florida? or in America??

フロリダと言えば、トレイヴォン・マーティン事件が記憶に新しい。犯人のジョージ・ジマーマンは正当防衛(Stand your ground law)が認められて、警察からの起訴を免れた。所が、同じくフロリダに住む31歳の黒人女性マリサ・アレクサンダー(Marissa Alexan…

"Chief" known as the father of Black Aviation

はてなのブログの編集画面で見られる「リンク元」っていうのを見ると、やたらと目に付くのが「Red Tails 日本公開」というもの。または「タスキーギ・エアメン」とかもたまに居る。日本の映画ファンも楽しみにしているんだなーって感じ、ちょっとほくそ笑み…

ラターシャ・ハーリンズ事件から20年、黒人と韓国人の今の関係

ロドニー・キング事件と言えば、大抵の人があのLA暴動のきっかけとなった事件として知れ渡っている。そのロドニー・キング事件からたった13日後に同じLAで起きたのがラターシャ・ハーリンズ事件。事件はロドニー・キング事件が起きた場所からもっと南でイン…

Think Like a Woman, Act Like a Man!!!!

長ーーーい、プロモーション期間を経てようやく全米で公開されたのが、「Think Like A Man / 日本未公開 (2012)」。プロモのお陰で無事に興行成績1位を獲得。パチパチ。プロデューサーのウィル・パッカーは、プロモ上手いよね。かなり長い事かけて丁寧にやっ…

トレイヴォン・マーティン事件アップデート#2

またアップデートする日があるとしたら、その日は犯人であるジョージ・ジマーマンが逮捕された時!と心に決めていました。その日が来たようです。二日前に、フロリダ州特別検事のアンジェラ・コーリーがこの事件について大陪審を使わないという決断をした。 …

トレイヴォン・マーティンのアップデート

この前、だいぶ溜めてから書いたので、もうアップデートも平気かな?と思っていたのですが、あれから思っていた以上に話題となっているようなので、アップデート。トレイヴォン・マーティンの事件自体の詳細はこの前のエントリーをご覧ください。オバマ大統…

I am Trayvon Martin

またもや、というか、またまた健全な一般市民が銃弾で命を亡くした。亡くなった犠牲者は、17歳のトレイヴォン・マーティン。ある日、彼はフロリダのオーランド郊外のサンフォードという白人地区に住む父親の家にNBAのオールスター戦を観に出かけた。帰りにお…