SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*Cinemoreにて定期的に映画について書いております。
*映画秘宝 1月号にて『ルディ・レイ・ムーア』について寄稿&インタビュー翻訳手伝い。(11/20/19)
*Cinemoreにて『大逆転』(83)についてを寄稿。(7/17/19)
*Cinemoreにて『星の王子ニューヨークへ行く』(88)についてを寄稿。(7/6/19)
*Cinemoreにて『スタンド・バイ・ミー』(86)についてを寄稿。(7/2/19)
*サイゾー 7月号にて『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ』についてコメント出しております。(6/18/19)
*Cinemoreにて『シャフト』(2000年)についてを寄稿。(6/26/19)
*映画秘宝 7月号にてジョン・シングルトン追悼記事を寄稿。(5/22/19)
*ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 6月号にて「ブラックムービーとアカデミー賞」の記事を寄稿。(5/7/19)
*ユリイカ5月号のスパイク・リー特集にて2本の記事を寄稿。(4/27/19)
*映画秘宝 6月号の「サノスの倒し方大全!」特集でサノスの倒し方を寄稿。(4/20/19)
*Fridayデジタルにて「激ヤバで面白い『ブラック・クランズマン』はトランプへの挑戦状!」というコラムを寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 5月号にてブラックムービー、スパイク・リー、『ブラック・クランズマン』、『ヘイト・ユー・ギブ』を寄稿。(3/20/19)
*映画秘宝 4月号にて『ビール・ストリートの恋人たち』&『グリーンブック』レビューを寄稿。(2/21/19)
*DU BOOKS 「ネットフリックス大解剖 Beyond Netflix」に『親愛なる白人様』について寄稿。(1/25/19)
*映画秘宝 3月号秘宝ベスト&トホホ10&ドラマ・オブ・ザ・イヤー2018に参加。(1/21/19)
*リアルサウンドにて「ブラックムービーの今」というコラムを寄稿。(1/3/19)
*『ブラック・クランズマン』マスコミ向け試写会用プレスにスパイク・リーについて寄稿。(12/19/18)
過去記事

選挙後にデイブ・シャペルが『サタデー・ナイト・ライブ』で語った大事な事

2016年11月8日、アメリカで大統領を決める選挙の日。アメリカは日曜とか普段の日とか関係ない。4年に一度必ず11月8日に選挙が行われるのだ。その直後の11月12日の『サタデー・ナイト・ライブ』のホストにデイブ・シャペルが決まったのが、11月4日。『サタデー・ナイト・ライブ』(以下SNL)と言えば、昔からずっと政治家を風刺するのがお約束。新しい大統領が決まれば、それ用にキャスティングする程。コメディ好きの私だけど、SNLは好きじゃない。理由はこちら。いつもは観ないけれど、デイブ・シャペルが出るとなるとそんなプライドはすぐに捨てる事が出来る!デイブ・シャペルは日本では全く知名度もないし、人気もない。だけど、デイブは黒人コメディアンの中では大きな時代を作った人である。生存している黒人コメディアンの中では3本の指に入ると言っても過言じゃない。デイブ・シャペルの『Chappelle's Show / シャペル’ズ・ショー (2003-2006)』は、レジェンドだ。デイブがこの番組でしたスキット(コント)は、当時の若者の心に残っていて、かなりの影響を与えている。リック・ジェームスやプリンスを見ると、デイブもついでに一緒に思い出してしまう程だ。しかしデイブはスポットライトから消えた。相変わらずスタンダップコメディでコメディクラブに立つ事はあったし、『Chi-Raq / 日本未公開 (2015)』にはちょこっと出たし、TVのトークショーにちょこっと出て話す適度は出たが、ほぼ10年間、表舞台のスポットライトを浴びていない。そのデイブが選挙後というベストタイミングでまたスポットライトを浴びる『サタデー・ナイト・ライブ』...

まずはレナード・コーエンの追悼でケイト・マッキノンヒラリー・クリントンの恰好でピアノを弾きながら『Hallelujah』を歌う。そしていよいよ、デイブ・シャペルSNLお馴染みのバンドを背後にしたセットに登場。拍手に包まれる。
「ありがとう、ありがとうございます。長い間ご無沙汰しちゃっているのは知っているよね、だからご辛抱を。

俺だって、まさかドナルド・トランプが選挙で当選するなんて思ってなかった。疑った。ヒラリーが優勢ぽかったからね ―― でも白人たちだからね。君たちは以前のように驚かせてくれないじゃないか。これは黒人を代表して話すけど、オマローサ(黒人女性でトランプ陣営でTVリアリティショースター)に神のご加護を!彼女が何やっていたのか俺たちだって分からないよ。

けど、アメリカはやってしまった。俺たちはついにネット上の荒らしを大統領として選んだ!

白人たちは、激怒さ。あんな感じ、見た事ない。OJ(・シンプソン)裁判以来だね。白人たちは、両サイドで「ああああぁああ!」って叫んでいる。

楽しんでいるとか言っている訳じゃない ―― ただこんなの見た事ないって言っているんだ。オレゴンポートランドでの白人暴動をテレビで見ていたんだ。ニュースはミリオンドルのダメージだって言っていた。黒人全員がそれを見て思った筈だ「アマチュアたちめ!」とね。

だから、放っておくよ。俺はただ跪くだけさ、キャパニック(コリン・キャパニック、NFL選手で国歌斉唱を拒否しプロテストで跪いている)みたいにね。そして白人達に自分たちで考えてもらうんだ、分かるだろう?俺たちはそうやってきた、そうやってきた。

俺はそれが俺たちが関係している最も重要なものだとは思わない。忘れるな。起こっている事すべてを忘れるな。発砲事件。それについてはどう思うんだ?去年起きたすべての発砲事件。アメリカの歴史で最も最悪な大量殺人だった。パルス・ナイトクラブ(オーランドのゲイクラブで起きた50人も亡くなった事件)は、ISISがやったものだと言われていたけれど、実際には全然違った。

(中略)

どうして俺たちは「ブラック・リヴス・マター」と言わないとならないのか?確かにベストスローガンとは言えないと認めるけど、マクドナルドが「今日の貴方にはブレイク(休憩・公正な機会)に値する」を先に取っちゃったからね。
みんなが使っているから、キャッチーだったんだと思う。警察すら使っているからね「ブルー・リヴス・マター」ってさ。って、警察は生まれながらに警察だったのか?ブルーライフじゃないじゃんか。あれは、ブルースーツ。もし気に入っていなかったら、脱いで別の仕事を探せばいい事。俺だって黒人辞められるなら、速攻で辞めてるさ。

(中略)

ドナルド・トランプ、やってくれた。奴が俺らの大統領だ。トランプ・ホテルに今滞在中なので、悪い気がする。素晴らしい大統領に奴がなるかどうかは分からないが、ホテルのスイートを見事にする事は出来るみたいだ。ハウスキーピングが、朝に来て部屋を綺麗にしてくれてる。そしてこう言うんだ「おはよう、ハウスキーピング」、そして思いっきり性器を掴んでやる(トランプの失言そのままに)んだ、君のボスはやっても良いって言ったよってね。

ごめん、ローン(・マイケルズ SNLリエーター)。(性器の放送禁止用語を言った為)

お金持っている黒人の友達がトランプが当選してからこう言うんだ、「こりごりだ、俺は国を出る。一緒に来るか?」ってね。けどこう返す「いや、俺は残るよ。優遇税制措置(トランプは当選したら1%の富裕層への税優遇を約束している)がどうなるか見守る」ってね。

(中略)

これからどうなるかは分からない。けれど、オバマは良い仕事をしたというのは分かっている。オバマは素晴らしかった。みんな彼を恋しく思うと思う、そうだろう?

(中略)

終わらす前にこれだけは言いたい。これはジョークじゃない。けど、とても大事な事なんだ。外では行進が行われているからね。

ちょっと前にホワイトハウスにパーティに行ったんだ。久々の事だからとても嬉しかった。BETがパーティのスポンサーだったから、居たのはみんな黒人。とても美しかった。門を潜り抜けて ―― 俺はワシントン(DC)出身だから、それは特別な事なんだ。バス停が見えたんだ。そのバス停はその日の夜の事を夢にみていた時代に学校に行くバスを待っていた場所なんだ。

本当に本当に美しい夜だった。終りには、みんなでウエストウィングに行って、とても盛大なパーティさ。みんな黒人でね ―― ブラッドリー・クーパー以外はね、なぜ彼が居たかは分からない。

壁には歴代の大統領の写真さ。本当かどうかは確かじゃないんだけど、ホワイトハウスに招かれた一番最初の黒人はフレデリック・ダグラス(元奴隷で奴隷制度廃止運動家)だったと聞いている。けど、ダグラスは門で止められたんだ。リンカン大統領直々に門まで出向き、ダグラスをホワイトハウスに入れたんだ。俺が知る限りでは、(セオドア・)ルーズベルトまで黒人がまた招待される事はなかった。けれど、メディア攻撃が収まらず、大統領は「絶対にもうニ○ー(黒人蔑視)を招待しない」と言ったんだ*1

あの部屋にいた黒人の人々の顔、そしてブラッドリーを見て、みんな幸せそうなのを見て、そんな事を思い出していたんだ。歴史的に権利を奪われた人々だ。とても希望に満ちた気持ちになったし、アメリカ人としてとても誇りに思え、これからの見通しもとても幸せに思えたんだ。

だから、ドナルド・トランプの幸運を祈る。そして、彼にチャンスを与える。そして俺たち歴史的に権利を奪われた人々たちにも彼らから同様のチャンスを与えてくれると要求する。ありがとうございます!」

という長いモノローグで始まった。最後のパーティの話は圧巻で、正直言うと涙がこぼれ落ちました。選挙結果にとても落胆していた私に希望を与えてくれたデイブ・シャペルのモノローグ。今まで見たどのSNLの回よりも素晴らしい神回だった!スキット(コント)もクリス・ロックが特別に参加した選挙ネタから、あの『ウォーキング・デッド』のシーズン7の1話目のパロディまで。しかもそのパロディのスキットには、なんとデイブ・シャペルが『シャペル’ズ・ショー』でやった人気キャラクターが勢ぞろい!という嬉しいサプライズまで。

そして一緒の音楽ゲストであるア・トライブ・コールド・クエストもファイフを追悼する素晴らしいステージだった。こちらでも泣いた。そしてこちらもスペシャルゲストが嬉しいサプライズ。

余りの神回ぷりで、未だに余韻に浸って、その勢いでこれを書いている。

デイブ・シャペル、最後には「カムバックは正直死ぬほど怖かった。カムバックって言うのかな?」と正直に話していた所も素晴らしかった。デイブのそれを聞いて思い出したよ、これLLクールJの。
Don't call it a comeback, I been here for years, Rockin my peers and puttin suckas in fear, Makin the tears rain down like a MON-soon, Listen to the bass go BOOM, Explosion, overpowerin...
エクスプロージョン、圧倒的。

選挙後に落ち込んでいた私を一気に明るくしてくれました。風刺・笑う・希望。これこそがコメディアン!!!デイブじゃないけど、土曜の夜は美しい夜だった。

*1:調べたけれど、本当に言ったかどうかはまだ分からず。でも物凄く論争になって半端ない騒ぎになったのは事実。もうちょっとまだ調べてみる。