SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

今世紀最高のコメディアン、デイブ・シャペルはなぜそんなに凄いのか?『デイヴ・シャペル』

2000年以前はリチャード・プライヤー、2000年以降はデイブ・シャペルが、スタンダップコメディの神。『Dave Chappelle: Killin' Them Softly / 日本未公開 (2000)』を観てからは、その位に私は思っている。日本ではデイブ・シャペルよりもクリス・ロッククリス・ロックよりもクリス・タッカーの方が知名度が高い。スタンダップコメディそのものよりも、映画の方が世界では言葉の壁などを超えて受け入れられやすいからだ。なので『ラッシュ・アワー』という大ヒット作を持っているクリス・タッカーが日本では一番知名度がある。しかし、マイク一本のスタンダップコメディの世界なら、やっぱり今現在デイブ・シャペルが一番面白い!ブランクはあったけれど、やっぱり...

インターネットの普及により、家に居ながら見たい映画を選択し、家にまで届けてくれるという宅配レンタルから始まったNetflix。画期的だった。それだけでなく、配信サービスを始め、更には自分たちのオリジナル映画やシリーズの制作まで乗り出し成功を収めている。そのNetflixが最近一番力を入れているのが、スタンダップコメディスペシャル。スタンダップコメディのライブの模様をカメラに収めるだけなのでお手頃。制作費が安い上に、当たると結構な収益をもたらす。なので、長らくブランクがありながらも、『Chappelle's Show / シャペル’ズ・ショー (2003-2006)』からの熱でカルト人気となっているデイブ・シャペルなら大きな成功が期待できる!&長いブランクからの復帰では話題になる筈!と、Netflixは破格の60ミリオンドルで契約!2本のスタンダップコメディライブのスペシャルを!という訳で、今回は2本をまとめて。

『Deep in the Heart of Texas』は2015年4月、『Age of Spin』の方が2016年3月に開催され収録。『Age of Spin』では、あのサタデー・ナイト・ライブの時と同じ衣装だった!両方共に最高に面白かったけれど、『Age of Spin』の方が若干面白さが上。『Deep in』の方は、マディ・ウォーターズのブルース曲がオープニング曲。そんな所も何となく『シャペル’ズ・ショー』を思い出す。ライブ中にバナナを投げつけられた話や、LAクリッパーズのドナルド・スターリングや料理番組のポーラ・ディーンやNFLのレイ・ライスの話題など、若干ネタが古めで今更感があった。それでもリル・ウェインの物まねコントなどは時を感じさせずに面白い。最後も思いっきり下ネタではあったが、犬可哀想ーと思いながらも笑ってしまう。上手い!(って褒めている場合じゃないけど)
その点『Age of Spin』は、逆に2年後見ても面白いだろう普遍的なネタが多い。ビル・コズビーやO・J・シンプソンは、ドナルド・スターリングやポーラ・ディーンのような所謂15 minutes of fameと言われる一発屋とは違う。ビル・コズビーやOJは70年代80年代からコメディアンたちの食い物にされネタにされ尽されてきた。その中でも、映画でいうところの時系列シャッフルじゃないが、OJ出会いネタシャッフルはお見事。最後の決め方が流石だった。で、ア・トライブ・コールド・クエスト...(号泣)。

デイブ・シャペルは所謂Realest。トゥパック・シャクールが作り出したRealの最上級の造語。ラッパーなら2パックがRealestで、コメディアンならデイブ・シャペルがRealestなのだ。ありのまま、実質的で偽りのない、現実的で正しい、本物中の本物。それがデイブ・シャペルと2パック。ライバルであるケビン・ハートの事をあんな風に率直に話しながらも、最高に面白いデイブ。2パックの「Hit 'Em Up」ほど辛辣ではないが、「俺の方が上」というインパクトを与えるパンチがあるし説得力もある。キー&ピールへの「俺のショーを彼らがやっている」も同様。2パックが「Hit 'Em Up」でビギーの曲と同じ曲をサンプルしたような一つ上の上手さを感じる。

デイブ・シャペルのこのスタンダップを観たクリス・ロックがこう書いていた「自由な黒人男性というのはこの事」。ありのままをありのままに伝える本物中の本物、だから人々はデイブ・シャペルに惹かれる。Da Realest。

Dave Chappelle : The Age of Spin: Live at the Hollywood Palladium / デイヴ・シャペル (2017) (VOD)(5点:1536本目)
Dave Chappelle : Deep in the Heart of Texas: Live at Austin City Limits / デイヴ・シャペル (2017) (VOD)(4.75点:1536本目)