SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

英国男性たちを恐怖に陥れた事件の映画化『My Murder』

フランツ・ドラメーの事を調べている時だったかな?何のタイミングでいつだったか、正確には憶えていないけれど、この作品の事を偶然に見つけた。何!あの『スター・ウォーズ』シリーズに出るまでにもなったジョン・ボーイエガと、あの『Roots / ROOTS/ルーツ (2016) (TV)』でクンタ・キンテを演じたマラカイ・カービーが共演しているですって!とテンション上がった。彼ら2人には、私をそんなテンションアゲアゲにさせる程の明るい現在と未来がある。これは見なければ!

イギリスのBBC...つまり英国放送協会、公共放送局が制作した、実際に起きた事件をTV映画化したものではあるが、マイナーな役柄には若干脚色が加えられているとの事。

シャキリウス(ジョン・ボーイエガ)、家族や友達からはシャキと呼ばれる16歳。刑務所を出たばかりで、今後の人生をどうするか模索し始めた。片や同じ年頃のサマンサ(シモーナ・ブラウン=ジヴコヴスカ)は、17歳のダニー(マラカイ・カービー)と付き合っていたが、ダニーのつれない態度に不満を感じていた。そしてまた喧嘩。バスに乗っていたら、シャキと一緒になった。可愛いサマンサを見て声を掛けるシャキ。ダニーとは違って優しいシャキに心を許すようになる。しかしサマンサはシャキにはダニーの事を元恋人と嘘をついていた。ダニーはサマンサの不審な行動を怪しむようになり、シャキの事を知る。そしてサマンサとダニーは信じられないような行動をとり...

イギリスでは「ハニートラップ事件」として知られている。そしてBBCはこの映画を「近年のギャング問題」として、学校教材として使えるようにもしている。って、おいおい!これは単なる痴情のもつれってやつではないでしょうか...確かにダニーはイギリスにもいるらしいカラーギャングっていうのに属していたみたいだけれど、ギャング問題として扱うのはどうかとも思う。この映画の中でのダニーたちは、そこまで暴力と隣り合わせとも思わなかったかな。まあ彼らは悪い人たちではあるけれど。それはシャキも同じだったと思う。やっぱり三角関係がもつれ、そして女性の感情が先走りしたという感じをこの映画から感じた。事件後にサマンサがサラリと「私の事愛している?」っていうセリフにゾッとした。この子は愛を知らな過ぎる。

事件後にバスでの防犯カメラの映像が公開されたりしたので、この映画でもそのような映像を盛り込んでいて、映画の緊迫感を煽っていた。シャキのお母さんのインタビューもある。でもやっぱりジョン・ボーイエガとマラカイ・カービーでしょう!シャキの腕っぷしは強いけれど屈託ない感じと、ダニーの若い子にありがちな短絡的で幼稚な嫉妬男(がまさか合うとは思わなかったけれど)が余計にこの事件に対して怒りを感じる事になる。サマンサ役の子は、映画の冒頭ではデビュー当時のまだ垢抜けていないリアーナみたいだなーなんて思っておりましたが、とんでもない小悪魔、いや悪魔でした!信じられない!!

あっ、ちなみにここで私が絶賛したフランツ・ドラメーは、『Attack the Block / アタック・ザ・ブロック (2011)』の時と同様にジョン・ボーイエガの親友役。彼は世界一のジョン・ボーイエガの親友役俳優!とは言え、今や彼は『フラッシュ』や『Legends of Tomorrow』でDCコミックスのキャラクターのファイアーストームを演じる程になりましたよ!ボーイエガやカービーと共に若手イギリス俳優の勢いを背負っていく事になるでしょう!そんなイギリスの明るい未来を背負う3人が共演している奇跡的な作品がこれ!

My Murder / 日本未公開 (2012)(4点:1580本目)