SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

るるぶロンドン『消されたスキャンダル』

イドリス・エルバが主役ってだけで何の情報も居れずに観ました。なんとなくサスペンスアクションスリラーかなーなんて思いながら。全然違ってるしー。なんていうか『クラッシュ』みたいな群像サスペンスドラマ。邦題もサスペンス要素が濃いけれど、サスペンスぽさは薄目。群像ドラマっていう方が近い。ロンドンには行った事もないし、全く詳しくないのですが、ロンドン南部バタシー地区辺りの100のストリートの間(だから原題が100 Streetではなく100 Streetsな訳です!)で起きている群像ドラマです。

この映画のイドリス・エルバは、元ラクビー選手で、それこそベッカム級の花形選手。なのでモテまくりーのイケイケ男。いちよう結婚して子供も居る。しかし、妻の方も元女優で浮気中。まあその浮気の原因にはエルバの浮気というのもある。この状態、日本だったら完全にSNSで炎上して終りになるパターン。で、エルバが浮気で絡む女性の夫が...とか、エルバ妻が再び演技に目覚めてオーディションにやってきた少年が...と、色々とロンドンで絡んでいくドラマです。そのロンドンの街は、るるぶ的に楽しめる!

『クラッシュ』は良く出来た群像ドラマで、それぞれのドラマが中々面白いパターンでしたが、軽い恋愛ドラマを寄せ集めた『バレンタインデー』なんかは、面白くないドラマの部分もあって中だるみしちゃいますよね。このドラマはイドリスとその妻の肝心な話がイマイチ。最後も「え?」って感じ。タクシードライバーの男性とか、演技に目覚める不良と初老とかの話は中々なのに!私は別に不倫とか浮気にうるさいタイプじゃないけれど、この映画でのこの主人公の2人の話は全くもって理解出来なかった!この話がメインだと同情も共感も出来なかった。なので心にさざ波すらできなかった。最後は迷惑な2人だし。群像劇ってお互いが寄り添って生きている感が面白いのに、ただ出会って絡んでいるだけで、何も感じなかった。唯一は、演技に目覚める不良と初老かな。

という訳で、演技に目覚める不良を演じたフランツ・ドラメーが良かったです。ツイッターにも書いたけれど、『Attack the Block / アタック・ザ・ブロック (2011)』でジョン・ボーイエガ君と共に戦ってそうな不良だけど、一本筋が通った迷惑じゃない素敵な不良ぽさが良い!と思っていたら、『アタック・ザ・ブロック』にも実際に出てましたよ!やっぱりイギリスの戦う少年・少女系は素晴らしい!と改めて思いました。

日本でも6月初めからDVD販売らしいです。

100 Streets / 消されたスキャンダル (2016) (3点:1550本目)