SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Second Coming / 日本未公開 (2014) 1476本目

我々の大好きな司令官イドリス・エルバ出演のイギリス産インディペンデンス映画。イギリス産なんだけど、アメリカのインディぽい雰囲気があった。映像が綺麗な感じとかね。イドリスは、少年の息子が居る鉄道の線路とか修理する?仕事をしているマークという男。妻のジャックスが主役。ジャックスとマークは仲がいい。でも今は所謂セックスレスというやつでご無沙汰。でも特に喧嘩になったりもしない。それにマークはとても息子を可愛がっているし大事にしている。いいパパで夫(しかもセクシー)。妻は割りとふさぎ込みがちで暗い。でもいいママである。ずっと何かを言えずにいて、今もふさぎ込み中。親友にすら何も言えない。なんで?なんでーーー!面倒臭い女だなー!と思っていたら、息子が突然パパに爆弾発言。「生まれてくる子は女の子がいい?男の子がいい?」と。パパは「へ?!?(゚〇゚;)マ、マジ...だって俺たち...」となりますわな。そうすると、観客は「なんだってぇええええ!イドリスが隣に寝ているのに、他の男と浮気かよ!」っていう思考になり、もうイライラ。しかも中々どうやって妊娠してしまったのか、ぜーーーーーーーーんぜん説明なし。なので中盤かなりジリジリと焦らされる。焦らす必要なんて無いのに。やっぱりまずは夫のイドリスに一番先に話して理解してもらうべきなんですよ!偽りがないなら余計に!で、理由聞いて「はぁあああああ??ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!」となる事間違いなし!しかも妊婦が自殺とか、見ていて本当に腹立ってしょうがなかった。でもイドリスは超カッコいいし、超良い人だし、最後は最後でやっぱり映像が綺麗だった。途中のあのイライラさえ解消してくれれば、最高だったのに。(4点)
Second Coming / 日本未公開 (2014)