SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

そのまんまニューヨーク『Doin' Time in Times Square』

これね、あり得ない位斬新!あの伝説的な『Wild Style / ワイルド・スタイル (1983)』の監督チャーリー・エーハンが、80年代後半に住んでいたタイムズスクエアにあった(正確には43rdと8th Ave.)アパートの部屋から路上で起こった事(主に夜)を記録しているだけ。なので上からのショットばかり。しかも遠目。ね、斬新でしょ!でもね、当時のニューヨークだから、それはそれは色んな事が起こる。夜に拡声器で聖書を読んでいる人とか、黒人女性同士の喧嘩とか、夜中に音楽掛けて踊っている人たちとか、逮捕されたけど逃げてすぐ捕まる少年とか、白人男性と黒人男性の喧嘩とか、銃声?とか、大きなリムジンが止まっていたりとか、叫ぶ女の人とか、警官の車が10台くらい来たりとか... あああの頃はこんなにギラギラしていたんだなーと。ちなみに拡声器で聖書を読んでいる人が居ましたが、あれと全く同じような感じでうちの留守電に入っていた事2回もあった。怖いよー、マジで。

ちなみにDVDにはチャーリー・エーハンの最近のインタビューもおまけ映像である。なんでもこの近辺がウータン・クランのカンフーおたくRZAも通ったであろうカンフー映画ばかりを上映する映画館があったそう。それもあって、監督はあの素敵な黒人カンフー映画The Deadly Art of Survival / 日本未公開 (1979)』を思いついたという。そして!この映像を撮っていた頃、あの『Paris Is Burning / パリ、夜は眠らない。 (1990)』もアパートの真下で撮影されていたって!近くに彼らのボールがあったのがその理由。それも観たかったー!って、人の映画を勝手に録画しちゃーいけないか。

チャーリー・エーハンの奥さんがアーティストで、その2人の間に出来た子供ジョーイの成長記録でもある。彼の誕生日が2回位出てきて、妹が出来る。なので2年位、ただ路上を取り続けたんだと思う。彼らが飼っているネコが、ネズミの死骸をぉおおお....あわあわ... と、いきなりグロテスクなシーンもあったりするけど、どれもニューヨークぽい。寧ろニューヨークしか感じない。

最高に面白そうだった80年代後半のギトギトギラギラしたニューヨーク。そんなニューヨークが100%そのままに残っている斬新な作品だ。

Doin' Time in Times Square / 日本未公開 (1991)(4.5点:1545本目)