SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Soul Brothers of Kung Fu / 日本未公開 (1977) 1361本目

もう見るからにダメじゃん!って思ってしまいがちな映画ってあります。「どうせ...」と思わせてしまうんですよね。たしかに優秀な映画じゃない。でも何だか最高に面白くって大好きになっちゃって、人に教えまくりたくなる映画ってある。それがこの映画だ。絶対にダメじゃんって思ったんだ...でも、最高だった!

小船に乗って香港へ仕事を探しにやってきたのが、まだ若いウェイ・ウォン・ロン(ブルース・リィ)とサウシェン(ロー・マン)とチャイユン(オーヤン・プイシャン)の3人だった。ウェイロンとサウシェンの男2人は港の力仕事で頑張り、かわいらしい女の子チャイユンはそんな2人を家事仕事で支えた。故郷を離れたが自由に仕事をして生きている事に幸せを感じていた。仕事をしていたら、黒人の少年が暴力を振るわれていた。正義感の強いウェイロンはサウシェンと共にその黒人を助けた。黒人の名はトム(カール・R・スコット)。トムとウェイロンは意気投合し、ウェイロンはトムにカンフーを教える事になった。しかし助けた事が原因でウェイロンとサウシェンはトラブルになり港での仕事を失った。サウシェンは賭け事に夢中になる。ウェイロンは「クラブ たそがれ」のウェイターをしたが、トラブルとなっている金持ちのチェンが店に居て、さらにトラブルになる。ウェイロンとチャイユンは密かに愛を育んでいたが、サウシェンがそれを嫉妬した。仕事が無いので、ウェイロンは空手大会に出場する。それで勝ったら、チャイユンと結婚するつもりであった。ウェイロンとチャイユンは訓練中に襲われてしまう...

確かに酷いんだ。あの『ロッキー』の感動的な名曲「ザ・ファイナル・ベル」がやたらと使われている。それがトレーニング中とか争いで勝った後とか効果的に使われるならまだ許す。飛行機が飛び立つところとか、なんでそこで?という所で使われるんだよー!!!そして戦っている時に肌が当たった所の効果音も脱力系で、こちらが脱力する系。編集も途中でバッサリ切られている所も少なくない。元々は『Sweet Sweetback's Baadasssss Song / スウィート・スウィートバック (1971)』のメディア化などで知られる会社Xenonがアメリカで発売したビデオは、ずたずたに切られているらしい。私が見たのはGround Zeroという所から出ていたDVD。アンカット版。と言っても、酷いよ。そりゃ。最後なんて、「The End」が出たのに、別バージョンのエンディングがそのまま流れるからね。という事で、この映画には2つのエンディングがある訳です。

主役のウェイロンを演じたブルース・リィはもちろんブルース・リーの2番煎じのような人であるが、この映画ではぴったりだったよ。訓練後に強くなっていく姿が好きですわー。そして、ロー・マンね!あの『五毒拳』のガマだった、あの!!!やっぱりこの人良い!!ガマが一番好きなのよ。間で嫉妬する役を上手く演じてましたねー。そして調べたらチャイユン役の人は、その後に『新ポリスストーリー』にも出ていたらしい。それにしてもカンフー・スターたちは名前を探すのも大変だわ。ブルース・リィさんは後に名前を変えているし、ロー・マンもLo MengやLo MangにMeng Loと表記が色々。チャイユン役に至っては名前が全然違っていてどういう事か良く分からない!という事で、カンフー・スターたちの確認はここが一番親切ですね。そうそう、タイトルも絶対に5つ位あるから大変っすよ。ちなみにあのユン・ピョウやユン・ケイもちょいっと出てますよ!

で、最後のお楽しみですよ。カール・R・スコット!!素晴らしかった。余り背は高くないけど、筋肉がばっちり綺麗についていて、型が綺麗。体格的にはバスケットボールのポイントガードのような体系。まだ10代の時に『Bruce Lee: The Man, the Myth』にエキストラとして参加して認められ、この映画の出演に抜擢。多分この映画でもまだ10代じゃないかな?とてもあどけなさが残る顔。この映画の監督でもあるホア・シャン監督の『Sun Dragon』にビリー・チョンと出演。もう一本でまたもやビリー・チョンと共演したが、映画出演はその4本のみ。ひじょーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに残念な事である。もっと見たかったねー。今は医療用のマリファナ診療所でセキュリティをしてらっしゃるらしい。あーーーーもったいない!でもホームページ持っております。カール・スコットの再評価ブームが絶対に来ますよーーーに!!!!!

で何がそんなに面白いの?って??ストーリーも面白いし、どんどん強くなるのも面白いし、割りとエロ入っているし、ちょっとグロも入っているし、とにかく飽きない!確かに酷いけど、全然飽きない!もっとくれ!と思う。やっぱりどんどん強くなっていって、悪い人たちをガンガンにギッタギタに倒していくカンフー映画の醍醐味が味わえるからですね。最高よ!って...でも敷居は低くして見ましょう。

感想やあらすじはこちら

(4.5点/5点満点中:5/22/15:DVDにて鑑賞)