SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

映画やアイス・キューブと共に見てみる1992年のLA暴動『LA 92』

ロドニー・キングへの暴行ビデオから始まり、その加害者である警察官たちの無罪判決によって始まった一連の出来事を、人々はLA暴動というけれど、黒人、とりわけLAの黒人は「暴動」という言葉を回避しているように思える。このドキュメンタリー映画のタイトルも「LA 92」。敢えて暴動という言葉を使用していない。『Undefeated / アンディフィーテッド 栄光の勝利 (2011)』にてアカデミーのドキュメンタリー賞を受賞したTJ・マーティンとダニエル・リンゼイのコンビによる最新ドキュメンタリー作品。サンダンス映画祭で上映された後、一般的にはナショナルジオグラフィックにて放送。

この映画は1965年に起きたワッツ暴動から歴史を遡る。当時のニュースキャスターが伝えるワッツ暴動。当時のLA市警署長ウィリアム・パーカーは、「動物園のサルのようだ」とその暴動を嘲笑した。そして時は経ち、湾岸戦争終結した3日後の1991年3月3日、ロサンジェルス近郊にて車のスピード違反で止められた黒人のロドニー・キングが警官4名から暴行を受けた。それを目撃しビデオに残したのが、ジョージ・ホリデイ。ホリデイが撮ったビデオはCNNなどを通じて全米を駆け巡った。暴行で膨れ上がった顔と目をやられて血で赤くなった眼球に、ティーザーで火傷した身体...などを見せられた黒人側は怒りを露わにした。しかし「ビデオという証拠があるのだから今度こそは正義は味方するだろう」とも思っていた。

しかし...次の年になる1992年4月29日に言い渡された4人の警官たちの評決は「無罪」だった。黒人たちはそれは仕組まれたものだと理解した。色々な理由をつけて事前に裁判所を白人住民が88%であるシミ・ヴァレーに移したのが大きかった。

元々、黒人側の鬱憤は随分前から明らかにされていた。N.W.Aが1988年に発売した「Straight Outta Compton」の「Fuck the Police」にその怒りは代表されている。N.W.Aメンバーアイス・キューブは続くソロデビューアルバム「AmeriKKKa's Most Wanted」の中でも「Endangered Species」で警告している。なにしろ、アイス・キューブは『Boyz N The Hood / ボーイズ’ン・ザ・フッド (1991)』に出演し、LAに蔓延る暴力的な鬱憤を体現してくれていたじゃないか!

そしてこの時、なぜに韓国系vs黒人になったか?というのもちゃんと記録映像だけで説明している。もちろんその背景にはロドニー・キング暴行時間からたった13日後に起きたラターシャ・ハーリンズ殺人事件がある。アイス・キューブは、この事も暴動になる前の1991年10月にセカンドソロアルバム「Death Certificate」の中の「Black Korea」で両者の確執も語っていた。そして映画『Menace II Society / メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙 (1993)』では、ラターシャ事件の結末を真逆に描いてみせた。

このドキュメンタリー映画は、音楽や当時を知る人のインタビューなどのドキュメンタリー映画にありがちな味付けを一切回避している。記録映画という名に相応しい、ただ残っている記録ビデオを編集しただけなのだが、それが余計に当時の臨場感を感じる事なる。いま、そこで起きているかのような感覚。

そうすると流石にレジナルド・デニー(路上でトラックから引きずり出され暴行を受けた男性)への暴行や、店舗での略奪の映像を見ると、LA暴動(LA Riot)ならぬ「LA蜂起(LA Uprising)」だとは言い難い。だがしかし、LA混乱・不安(LA Unrest)だったと痛感する。

しかし黒人の人々はあの時、絶望的だったのは間違いないが、それでも何か変えようと居ても立ってもいられない状況であった事も手に取って分かる。思い思いのプラカードを手にし、中にはマルコムXのTシャツを着ていた人も居た。映画『Malcolm X / マルコムX (1992)』の公開はもうこの暴動が治まった1992年の11月だが、映画は制作前から随分と話題になっていて、先に原作となっているアレックス・ヘイリーの「マルコムX自伝」が1988年頃から売り上げが300倍に跳ね上がっていたのだ。その影響も随所に映像からは伺えた。

そして映画は冒頭の1965年のワッツでのニュースに戻る。一語一句の全てが1992年のLAに当てはまった。フレデリック・ダグラスは「我々は現在と将来に役立つ為に、過去と関係しなければならない」と語った。過去から学ばない者はまた同じ過ちを犯すという事。今、アメリカで起きている無数の無実の黒人が警察の手によって殺されている事件も、あの1965年のワッツのニュースを伝えるニュースリポーターとまた同じな気がしてならない。最近のアイス・キューブでは映画では面白おかしくやっているが、2008年のアルバム「Raw Footage」では「Why Me?」という曲で銃の被害者となった人々の事をラップしている。噂では2017年にアイス・キューブの新譜が出る予定だ。今度こそ彼らの声を聞いて欲しい。しかしあの人がアメリカ大統領である限り、また過去から学ぶ事は無さそうだという絶望しか見つからないのだ。

LA 92 / LA 92 (2017)(5点満点:1548本目)