SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

"30 for 30" Straight Outta LA / 日本未公開 (2010) 876本目

これがDVDになっているとは知らず... 我等のアイス・キューブ兄貴が初監督に挑んだドキュメンタリー。ESPNが制作している「30 for 30」のシリーズの1つ。そう、最近これを制覇しようと考えております。それよりもなによりも、アイス・キューブ兄貴のだったらふつーに見たいでしょ!兄貴が撮ったのは、オークランド・レイダースとN.W.Aの関係性。レイダースは1982年にオークランドからロサンジェルスに移った。ロサンジェルス市民は大歓迎で彼等を迎える。そうすると張り切ったレイダースがなんと1993年にナショナルチャンピオンになってしまう。レイダースのチームロゴであるパイレーツと黒と銀はロサンジェルスの人々に受け入れられる。彼等はどちらかと言うと勝つ事だけを目的とした汚いラフなプレイが有名で、そのスタイルもロサンジェルスの人々に受け入れられた。そしてその頃のロサンジェルスはダリル・ゲイツロサンジェルス市警による執拗なギャング撲滅運動により、一般市民も黒人というだけで警官から暴力を受けている時期だった。良く知られているブラッズの赤、クリップスの青と真っ二つに分かれたロサンジェルスの街で、ブラックとシルバーはニュートラルな色として一般の黒人男性に受け入れられた。そこに目をつけたのが、1986年にデビューしたN.W.A。彼等はロサンジェルスのコンプトンで起きている日常を克明に伝えるラップで人気となった。そんな彼等が好んで身につけていたのが、レイダースのブラックとシルバーだった。そうだ、アイス・キューブと言えば、私は未だにジェリーカールにレイダースのニット帽である。私もLAでそのニット帽を見つけた時には思わず買った。私も立派にキューブ兄貴ワナビーである。でもそれはアメリカ人には、ジャパニーズレディがレイダース?ホワイ?と不思議がられる。でも兄貴ワナビーとも言えずに、レイダースのダレル・マクファーデンのファンと嘘を言っている。そういえば、LAに居た時に近所で大きな黒のフォードのトラック全体にレイダースのあのパイレーツのロゴをつけている人たちが居たわー。若い人たちレイカーズの旗とかつけていたけど、私の世代の人はレイダースの人が多かった。

面白かったのが、レイカーズと同じイエローとパープルを使っていたアイス・ホッケーのロサンジェルス・キングスが1988年に突如ブラックとシルバーに変えてしまう。結果、N.W.Aもキングスのユニフォームとか着る事になった。キングスはそれによって割と商品で稼いだらしい。

冒頭ではアイス・キューブとスヌープ・ドッグがレイダースが本拠地としていたロサンゼルス・メモリアル・コロシアムでレイダースの思い出を語っている。インタビューもレイダースの往年の選手やオーナーやコーチから、MCレンやアイスTにDJプーとアイス・キューブらしい人選。フットボールとLA、そしてLAとラップ、ラップとフットボール、そしてギャングとLA...それらの歴史がお互いを刺激し合い、そしてそれらの影響がもたらした悲劇を上手く描いていますね。お見事です!兄貴のレイダースへのラブソング「Raiders Nation」とロサンジェルス・レイダースの選手がラップに挑戦した「Silver and Black Attack」もあります。

後はオークランドでは、オークランド出身のLunizがその名もずばり「Oakland Raiders」っていう曲作ってますよね。でもレイダースというよりオークランドラッパー達への愛でしたが...

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:DVDにて鑑賞)