SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Rampart / 日本未公開 (2012) 1004本目

ロサンジェルスの警察の腐敗を描いた作品。何か知らないけど、ロサンジェルス警察の腐敗のドラマとか大好き。色々とネットでその腐敗について調べるだけでも面白いからね。この映画は特にランパート署が舞台。ランパートは色々な映画やTVにもなっているし、ランパート・スキャンダルはあのノートリアス・BIGの殺害にも関わっている。これは相当面白いに違いない!って思った。けれど、この映画はランパート・スキャンダルを描いているけれど、ノートリアス・BIGとか無関係。デイブ・ブラウンという警察官のスキャンダル。ブラウンを演じたのがウッディ・ハレルソン。ハレルソンが狂気沙汰な男を演じているのは、ワクワクしちゃうよね。本当ーーーに最悪で最低な男。彼だから演じられた役。娘の気持ちは分かってないし、女達の気持ちも分かっちゃいない。弟の事も分かってないので、野放し。人種差別者だし、可愛いのは自分だけ。自分のやっていることは、悪い奴等を殺したのだから、別にいいじゃないか!という態度。けど、自分がヒーローとなった事件の顛末を聞いてから、ちょっとバランスが崩れる。本当は弱い男。だって自分の父が警官だからという理由で、自分も警官になった位の男だからね。自分の意思なんか無い男。しかも離婚した妻2人は、なんと姉妹。

そのブラウンを追い詰めるのが、検事のアイス・キューブ兄貴とシガニー・ウィーバー兄貴の2人。アイス・キューブ兄貴がまたまさかの検事とはね!!最後がカッコいいです。アイス・キューブ兄貴らしい最後。あのラストがあったから、兄貴は出演したんじゃないかな?それと警官を追い詰めるなんて、正に兄貴の昔の「Fuck da police」魂が炸裂してるじゃないですか!!上の立場で追い詰めるって辺りが、兄貴も成長したわ!!シガニー・ウィーバーは居るだけでかっこいいよね。何か大好き。

物語自体は、ランパート・スキャンダルそのものを期待していると、期待外れ。だって私がそうでしたもの。元々のランパート・スキャンダルはもっと人種が入れ乱れていて、もっともっと複雑。この映画もかなり複雑だったりするけど、人種の面で言ったら単純。ランパート・スキャンダルって根が深くて、黒人のギャングのブラッズが関わっていたり、メキシカン・ギャングが関わっていたりする。そしてラップ、特にアイスT辺りで名前を聞くダリル・ゲイツ署長の悪名高きCRUSHの人達が犯したスキャンダルだったりで、もっともっと面白いんだよね。本当はブラウンよりももっと狂気沙汰。なぜかデス・ロウ・レーベルのシュグ・ナイトも関わってるし。なので私的には、物語がちょっと期待外れ。もっとストレートなランパート・スキャンダルが見たかった。でもウッディ・ハレルソンは超凄い。そんな感じの映画でした。

PBSのこっちのサイトの方が面白いよ

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)