SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

Red Tails / 日本未公開 (2012) 956本目

構想23年。ハリウッドで一大帝国を築いているジョージ・ルーカスが、大好きなP-51を一杯使ったドッグファイトがたっぷりの映画撮りたいなーと思ったのが23年前。それがトム・クルーズとかブラッド・ピットが出るような映画だったら、23年も掛からなかった。でもルーカスが撮りたかったのは、タスキーギ・エアメン...黒人飛行部隊の映画だった。それ故に23年。
黒人映画で大掛かりな作品を作ろうと思ったら、それ位余裕でかかってしまうという事。女子高生だった私も23年を経て、中学生の子供を持つ立派なオバサンだ。あのルーカス帝国をもっても、23年掛かってしまったのです。事実、ルーカス本人が「思っていた以上に大変だった」と黒人雑誌のエボニーに語っている。また「ウィル・スミスが白人の映画の主役を演じるのと、この映画(レッド・テイルズ)みたいに、みんなが黒人だと全く違うジャンルなんだ」とも語っている。事実、監督のアンソニーヘミングウェイも黒人、脚本のジョン・リドリーやアーロン・マックグルーダーも黒人、制作者の1人ヴィンス・ジョーンズも黒人、そして出演している俳優もほぼ全員黒人なのです。

この映画もこの作品で描かれたタスキーギ・エアメン達と同じ運命にある。タスキーギ・エアメン達は「実験」と称して、アラバマのタスキーギ大学に集められた黒人のエリート達。試験でもほぼ満点を叩き出す秀才ぞろい。しかし彼等はその「実験」で成功する事は望まれていなかった。「ほら、やっぱり黒人には飛行は向いていないんだ」と言わせたいが為の「実験」だった。失敗する者達は「Washout(失格者)」と軽蔑的に言われていた。事実80%がWashoutされた。白人の飛行士達がもう使わないおんぼろ飛行機での訓練。そんな状況でタスキーギ・エアメン達は自分達をWashoutではなくて、出来る者だと証明しないといけなかったのだ。この映画もそうだ。公開時には、俳優や映画関係者のみならずミュージシャンなどの多くの黒人アーティスト達が、この映画を見るように訴えかけた。サミュエル・L・ジャクソンツイッターで「マザーファ○カー達よく聞け、俺は出てないけど、レッド・テイルズは見に行ってくれよな。スタジオが間違っている事を証明してやるんだ!」と呼びかけていた。サミュエルの言うスタジオの間違いというのは、黒人映画は客を集められないというハリウッドの定説。ルーカスが93億も私産を使った大掛かりな黒人映画でも、お客が集められるという事をこの映画は証明しないといけなかったのだ。そんな運命を俳優達は肌で感じていた。ジョージ・ルーカスが若い俳優達に軍のブートキャンプを用意させた。そのブートキャンプではあのグラミー賞を受賞しているNe-Yoだって皆と同じく携帯を取り上げられて、数週間の訓練に耐えた。その甲斐あって、若手の俳優達が見せている軍人同士の仲間意識が熱い。そして彼等が宿舎に集まれば自分のキャラクターの個性を自然に演じているのが分かる。そしてアカデミー賞に輝いているキューバ・グッティング・ジュニアやノミネートされているテレンス・ハワードの威厳もうかがえる。特にキューバは上手かった。それ以上によかったのが、やっぱり若手のネイト・パーカーとデビット・オイェロウォ。ネイト・パーカーは若い頃のデンゼル・ワシントンを思い出させる。そして面白い事に、オイェロウォの演技は「The Tuskegee Airmen / ブラインド・ヒル (1995) (TV)」の時のキューバ・グッティング・ジュニアを彷彿とさせている。泣かせるのだ。トリスタン・ワイルズは、何となく音楽で言う所のクリス・ブラウンを思わせるような、虜にさせる憎めないチャーミングさと危なっかしさがある。

ちょうどジョージ・ルーカスがこの映画を撮ろうと決めた位から、ずっとブラックムービーを見続けている私が断言する。こんなど迫力で大掛かりなブラックムービーは見たことない!確かに台詞は「ブーンドックス」のマックグルーダーぽくないイマイチな台詞も多いし、もうちょっと違う面のタスキーギ・エアメンも見たかったとも思う。彼等の苦悩はこれだけじゃなかった筈だ。私だったらドックファイトはそのままで、内容をもうちょっと違う風に作る。しかし、もっともっとこんなスケールのブラックムービーが見たい。ブラックムービーに何の感情の持っていない、たんなる戦闘機好きの親父達も満足出来る映画である。実際に私の斜め後ろに座っていた白人の青年は飛行機が出るたびにあれはP-40だ、なんだとずっーーーとうるさかった!でも一方で帰る時に、感動しているのか立てなくなっている黒人の兄ちゃんも見かけた。しかし何が悲しいって、こんなにみんな(サミュエル兄貴も)が気合入っていたのに、結局は興行成績初登場2位。私は泣いたね。でも1位の「アンダーワールド」と500館も差があるし、バジェットもかなり差があるので、成功だと思いますね。しかしなんで一番上演館数少ないんだろ?ハリウッドって、まだまだ酷いね。日本でも公開されたら、沢山の映画館で公開されて、P-51ファンの人たちで劇場が溢れかえりますように。ちゃんとお金が入れば、下のようにスパイク先生が怒る事も減るのですよ!!スパイク先生も好きな映画が楽に撮る事が出来るのですよ!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.75点/5点満点中:1/20/12に劇場にて鑑賞)