SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Red Tails / 日本未公開 (2012)

Cast >> Cuba Gooding Jr. (Major Emanuelle Stance), Terrence Howard (Col. A.J. Bullard), Bryan Cranston (Maj. William Mortamus), Nate Parker (Martin "Easy" Julian), David Oyelowo (Joe "Lightning" Little), Tristan Wilds (Ray "Ray Gun" Gannon), Method Man (Sticks), Kevin Phillips (Leon "Neon" Edwards), Andre Royo (Chief "Coffee" Coleman), Ne-Yo (Andrew "Smoky" Salem), Elijah Kelley (Samuel "Suicide" George), Marcus T. Paulk (David "Deke" Watkins), Michael B. Jordan (Maurice "Bumps" Wilson) ...
Director >> Anthony Hemingway
Writer >> John Ridley, Aaron McGruder, George Lucas (Story)
Producer >> Rick McCallum
Genre >> Action
Country >> USA
Release (US) >> 01 / 20 / 2012

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 4 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Epoch making spectacular adventure movie will prove their "earning" to Hollywood
1944年イタリアに駐在していたのが第332戦闘群の黒人部隊タスキーギ・エアメン達だった。彼等は白人部隊が使っていたお下がり飛行機で訓練をしていたが、中々実践では軍上層部から様々な理由を言われ、使って貰えなかった。しかしバラード大佐(テレンス・ハワード)が直接ペンタゴンで頼み、何とか任務を得る。その任務でタスキーギ・エアメン達は実績を積み、信頼を得たのだった... しかし彼等にはそれぞれの個人的な悩みも抱えていたのだった。

今までにない壮大なスケールで描く黒人部隊の活躍。今まで何千という黒人映画を観て来たが、こんなスケールの大きな映画を見たのは初めてである。手に汗握る緊張感のあるシーンの連続。こういう映画は見たことある。でも白人がヒーローで主役だった。若きネイト・パーカーやデビット・オイェロウォがそれに値するのだ。正直、黒人の社会問題は同じタスキーギ・エアメンを描いた「ブラインド・ヒル」の方が見ごたえある。あちらの方がメッセージ性が強い。しかし、タスキーギ・エアメン達のあの壮大な戦闘を見ているだけで、正直目頭が熱くなった。若きヒーロー達を演じた俳優達のいい映画を作る士気も感じられる。

この映画の主人公タスキーギ・エアメン達が当時自分達が出来る事を証明しなければならなかったように、この映画は黒人俳優の映画にはお金を出さないハリウッドに何か証明する事になるだろう。

(1/20/12:劇場にて鑑賞)