SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Tuskegee Airmen / ブラインド・ヒル (1995) (TV)

Cast >> Laurence Fishburne (Hannibal Lee), Allen Payne (Walter Peoples), Malcolm-Jamal Warner (Leroy Cappy), Courtney B. Vance (Lt. Glenn), Andre Braugher (Benjamin O. Davis), John Lithgow (Sen. Conyers), Cuba Gooding Jr. (Billy Roberts), Mekhi Phifer (Lewis Johns), Vivica A. Fox (Charlene) ...
Director >> Robert Markowitz
Writer >> Robert Williams, T.S. Cook, Paris Qualles, Trey Ellis
Producer >> Bill Carraro
Genre >> Drama

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 4 Music >> 5

Dreams, realization then hopes
ハンニバルローレンス・フィッシュバーン)は小さい頃から大空を飛行機で飛ぶ事を夢見ていた。成績優秀なハンニバルは、アラバマのタスキーギで行われる、戦争時に黒人が飛行士になれるかという「実験」の試験も受かり、アイオワの小さな町からタスキーギに向かっていた。道中では仲間となるビリー・”Aトレイン”・ロバーツ(キューバ・グッティング・ジュニア)や真面目で寡黙なウォルター・ピープルス(アレン・パイン)等と出会った。「タスキーギ・エアメン」と呼ばれる事になる彼らには、厳しい訓練と悲しい差別が待っていた...

HBOで作られたこの小さな映画のお陰で、「タスキーギ・エアメン」という歴史に出会った人は数多く存在する。軍隊の中にもあった差別。それを浮き彫りにし、彼等がいかにそれに打ち勝ったのかを描いている。戦争という悲しい背景を舞台にしているので、やはりそこには死がかなりの部分を含んでいる。デスプロイテーションとまでは言わないが、もう少し美化して描いても良かったのでは?と思う位に、死が描かれている。ちょっと安易さもある。しかしローレンス・フィッシュバーンをはじめ、キューバ・グッティング・ジュニアやアレン・パインの演技は絶妙。フィッシュバーンは残された者としての虚しさと、残った者としての希望の両方が表情に表れている。またグッティングの演技は涙無しには見られない。

多少メロドラマ的ではあるが、逆にそれが我々の心に残る。タスキーギ・エアメン達の苦悩と希望、そして夢。彼等の努力無しには、多くの黒人の少年達の夢はまだ叶う物ではなかったかもしれない。そう思わせてくれるパワーのある作品。

(Unknown:テレビ放映にて鑑賞、1/21/12:DVDにて鑑賞)