SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Livin' Large! / 日本未公開 (1991) 977本目

なんか最近やたらとデ・ラ・ソウルの「Me, Myself And I」がずーーーーーっと頭を駆け巡ってました。いや、今現在も。ずーーーーーっと「Mirror mirror on the wall. Tell me mirror what is wrong?」いってます。話はいきなりズレるけど、アメリカでもイジメ問題が激化している。今回のオスカーで1人勝ちしたハーヴェイ・ワインスタインが「Bully(いじめっ子)」というドキュメンタリーを作っていて、でも映倫R指定になってしまい格闘中。R指定だと、17歳以下は親と一緒じゃないと観る事が出来ない。まあそれほどイジメはアメリカでも激しい映像内容の問題となっているという事。当事者達が見れないなんて本末転倒ではある。虐められている子達には、このデラの曲で頑張って欲しいわ。自分らしいスタイルでいじめっ子達に打ち勝つ美学を教えてくれたのがデラだぜぇ。ワイルドだぜぇ。すごいだろぉ!

それ以来、ずっと頭は80年代終わりから90年代初頭。その時代のこんな感じの映画が見たいわーと探したら出てきた。以前にも見ているけど、ちゃんと感想とか書いてなかったので丁度いいじゃなーい!しかもさ、デラとは同じネイティブタン一派のジャングル・ブラザーズのアフリカ・ベイビー・バム事ナサニエル・ホールが出演。ぴったりじゃなーい。

主役にはそのネイティブタン一派のクイーン・ラティファが出演していたシットコム「Livin' Single」のレギュラーだったテレンス・TC・カーソン。彼が演じたデクスターは、ニュースアンカーを夢見る若者。でも実際には親が残してくれたクリーニング業を手伝っている。そんな夢を支えているのが、同じお店で働くトネール。可愛いんだ。「Madea's Family Reunion / 日本未公開 (2006)」とかにも出てたけど、この映画が一番可愛い。ラストとかもカッコいい位。デクスターのお姉さん役にロレッタ・ディヴァイン。いいよね。アフリカ・ベイビー・バムは、デクスターの親友、及び映画のナレーション役。

映画の感想の方では難しい事を書いてしまいましたが、本当はそういう難しい事が軸となっているけれど、それを全く感じさせずに軽く描いているのが、この時代の良さだったかもしれません。というか、同じ年に作られた「True Identity / トゥルー・アイデンティティー/正体知られて大ピンチ (1991)」もそうだったけど、人種をネタにこんなに陽気に作っていたのですよ。今なら、タイラー・ペリーやマーティン・ローレンスが女装しただけで、喧々囂々なので、無理ですよねー。とは言え、時代と共にカルト映画とならずに、フェードアウトしてしまった感はありますね。でも私は嫌いじゃないです。

感想やあらすじはこちら

(4点/5点満点中:3/18/12にDVDにて鑑賞)