SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Chronicle / 日本未公開 (2012)

Cast >> Dane DeHaan (Andrew Detmer), Alex Russell (Matt Garetty), Michael B. Jordan (Steve Montgomery) ...
Director >> Josh Trank
Writer >> Max Landis, Josh Trank
Producer >> John Davis, Adam Schroeder
Genre >> Sci-Fi

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 4 Direct >> 5 Music >> 5

Yes, it was the black guy this time...
高校生のアンドリュー(デイン・デハーン)は、ビデオカメラで撮影する事が好きだったが、学校ではイジメに遭っていた。学校へは、従兄弟のマット(アレックス・ラッセル)の車で通っていた。マットに誘われていったパーティでも、アンドリューはカメラで撮影し、またイジメられて外でイジケていたら、学校一の人気者スティーブ(マイケル・B・ジョーダン)が話しかけてきた。カメラで撮って貰いたいものがあると言って、連れて来られたのは、大きな穴だった。先に待っていたマットと共にスティーブは穴に入っていく。アンドリューは仕方なくついて行く、クリスタルのようなもので一面が覆われており、奇妙な音を出していた。それが一瞬光った後、3人は記憶を失った。次の日、彼等3人には不思議なパワーが宿っていたのだった...

高校生達が超人になってしまう作品。アンドリューが撮っている映像がメイン。なので一瞬「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を思い出させ、嫌だなって思ってしまったが、高校生が超人になった辺りから物凄く面白い。せっかく超人になったのに、3人はくだらない事をしてパワーを使っているのである。それが面白くて仕方ない。そうなのだ。普通の人なんだから、超人パワーを手に入れだからって、人助けをする必要なんてないのかも知れない。今までの映画は「スーパーマン」シンドロームなだけだったのかもしれない... なんて思っていると、この映画はまた最後に変化を見せる。「フランケンシュタイン」のようだ。最後は余りに切ない。

くだらなさで笑い、切なさで泣く。映画は一瞬にして違う雰囲気になる。映画テレポーテーションだ。

(4/9/12:劇場にて鑑賞)