SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Kicks / 日本未公開 (2016) 1514本目

私もNBA&バスケットボール厨である。とはいえ、少し間が空く期間もあった。NBA&バスケットボール厨でも、色々ある。選手厨、チーム厨、スニーカー厨、(ビデオ)ゲーム厨、トレカ厨(最近減った)などなど。私の場合は選手、およびチーム厨であろう。単純にチームと選手を応援する人である。勝ち負け以外には全く興味がない。この映画はスニーカー厨。というか、特にバスケットが好きという訳でもない(バスケは遊び程度でやっているけど)。とにかくスニーカーに取りつかれている人々である。まあでも、今のアメリカの少年たちはみんなそう。べつに取りつかれている訳でもなく、「ジョーダン」を履かないと、自分の評価を保つ事が出来ないとすら思っている。「ジョーダン」履けば、女にモテる的な男の子らしい単純な思考だ。

しかしこの映画の主人公のブランドンにはジョーダンが無かった。母と2人でやっと暮らしているので、そんな余裕はない。ダッサい白い靴を履いている。親友のリコとアルバートは履いているのに... だから僕はモテないし、みんなにもイジメられる...と思ってしまっている。しかし彼の姿を見れば一目瞭然。イジメられてしまうのは、ジョーダン関係なく、みんなよりも小さい体であどけなさが残り過ぎているからだ。しかもエキセントリックなウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス風。そりゃ、何となくイジメやすい。でも努力して何とかジョーダンを手に入れる。しかし...日が暮れる頃にはジョーダンを悪い奴らに取られてしまう。取り戻そうと躍起になるのだけど...という物語。もうとにかく、ブランドンの親友の2人が最高!滅茶苦茶いい子たち。ブランドンはそんな2人を巻き込んでしまうんですよねー。悪い子じゃないんだけど、そこがちょっと許せない。

親友のアルバートを演じたのが、なんとノートリアスBIGの息子クリストファー・ジョーダン・ウォレス。本当に良いキャラしていた。しかも童貞。絶対に友達になりたいタイプ。言う事は面白いし、そして友達思い。リコも同じく。この2人の台詞が面白いんですよねー。この映画ではもうとにかく2人が気に入った。良い奴!

そしてこの映画のもう一つの主役がオークランドリッチモンドというベイエリア。監督はそのベイエリア出身。そして今やベイエリアと言えば、Ryan Coogler (ライアン・クーグラー)監督ですね!クーグラー監督とも旧知の仲だそうです。この映画のジャスティン・ティッピング監督は見た感じ黒人ではないですが、白人という訳でもなさそう。多分、少し何かが混じっていそうかな。そして面白い台詞を書いた脚本家は白人。なので、ラスト部分は正直ありえなーい!と思ってしまいますが、あれはあれで希望が描かれているので良いです。使用されている曲もライアン・クーグラー監督よろしく、ベイエリアが多めですがそうでもなかったりします。ただ、Mistah FABが面白い役で出てきて、主人公の人生変えちゃうのが良かった!

スニーカー厨でも、じゃなくても、楽しめる映画でした!

(4.25点/5点満点中)
Kicks / KICKS/キックス (2016)