SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Blindspotting / 日本未公開 (2018) 1650本目

ダヴィード・ディグスのオークランド物語『Blindspotting』

ヒップホップを取り入れて話題そして人気となったリン=マニュエル・ミランダの舞台『ハミルトン』に出演し、一躍有名となったダヴィード・ディグス主演・脚本・制作の作品。ディグスは、ブラウン大学では陸上もやっていたが、専攻は演劇で学位を取得。実験的なヒップホップもやりつつ、そのまま演劇の世界に進み、地元サンフランシスコの舞台に立っていた所、リン=マニュエル・ミランダに見い出され、『ハミルトン』に出演。生まれも育ちもカリフォルニア州オークランド。そのオークランドで共に青春を過ごした親友で俳優のラファエル・カサールと共演、そして脚本を共作したのがこの作品。

カリフォルニア州オークランド。コリン(ダヴィード・ディグス)は、あと3日で保護観察が終わる。ハーフウェイ・ハウスに住みながら、引っ越し屋の仕事を真面目にこなし、3日を無事に過ごそうと思っていた。一緒に仕事をしているのが親友のマイルス(ラファエル・カサール)。マイルスは自分が法の世話になっていないこといい事に、衝動的でコリンをトラブルに巻き込ませる。やっと一日が終わる...引っ越しトラックで戻ろうとした時、交差点で止まっていた所、黒人男性が警官に追われ、そして目の前で背中を撃たれて死んだ... あと2日間、コリンの保護観察が終わる予定だが...

ちょっと分かりにくいかな?保護観察中にトラブルになると、また刑務所にすぐ戻される。普通の社会生活の準備期間みたいな感じ。普通に戻れるのか「試される」という意味合いが強い。ハーフウェイ・ハウスも普通の生活に戻る前の準備期間ではあるが、「監視されている」感じが強い。この映画でもそうだったけれど、門限とかある。まあでもこの映画のハーフウェイ・ハウスはまだマシな方。LAでハーフウェイ・ハウス見たけれど、隣に酒屋があったりで日中から死んだ目をした人が路上でボーっとしていたり喧嘩していたりと、色々とカオス。ゾンビの館ぽかった。あまり更生させる気を感じさせない。

そしてこちらはダヴィード・ディグスの生まれ故郷だからという理由ですが、何でしょう、このオークランド舞台映画ブーム!火付け役はもちろん『Fruitvale Station / フルートベール駅で (2013)』や『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』のライアン・クーグラー監督。この映画でもマック・ドレとかMistah F.A.B.、さらにはタワー・オブ・パワーなんてオークランド出身アーティストの曲がふんだんに使われている割りには、ライアン・クーグラー作みたいに急にE-40の真似で「hella」とか言いたくなるようなオークランドぽさを感じなかった。町が映画の個性になっていない。何か「使いました!」って感じなんですよね。

物語は、最近の警察官による行き過ぎた暴力、そして判断の悪さを描いた見ごたえある作品。肝心な所はラップになっているのも『ハミルトン』で鍛えられたダヴィード・ディグスという感じ。

Blindspotting / 日本未公開 (2018)(4.25点:1650本目)