SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Fruitvale Station / 日本未公開 (2013)

Cast >> Michael B. Jordan (Oscar), Octavia Spencer (Wanda), Melonie Diaz (Sophina) Chad Michael Murray (Officer Ingram), Kevin Durand (Officer Caruso) ...
Director >> Ryan Coogler
Writer >> Ryan Coogler
Producer >> Forest Whitaker, Nina Yang Bongiovi
Genre >> Drama
Country >> USA
Release (US) >> 07 / 12 / 2013

総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >> 5 演技 >> 5 演出 >> 5 音楽 >> 5

Great way to tell a story and a great story to watch
オスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)は、大晦日に母(オクタヴィア・スペンサー)の誕生日を祝い、その後に花火を見に友達や恋人ソフィア(メロニー・ディアス)と共に出かけた。車で行くつもりだったが、母にお酒飲むなら電車BARTにしたら?と言われ、BARTで出かけた。帰ってくる時、喧嘩に巻き込まれ、オスカーの人生を全て変えてしまうのであった...

2009年の正月に実際に起きた事件の映画化である。これこそが語られるべき物語である。とはいえ、語られたオスカー・グラントは普通の男性である。だからこそ語られるべきでもある。確かに医者でもないし、弁護士でもない。間の悪いドラッグディーラーである。善良市民でもない。頼りない父かもしれない。でも、あの時殺されるべきだったのか?それは絶対に違っていた。監督のライアン・クーグラーは、このありふれた男の物語を淡々を語る事に徹底した。しかし、オスカー・グラントを演じたマイケル・B・ジョーダンは、グラントを熱っぽく演じた。見知らぬ犬を助けようとしたり、娘には甘かったり、ママっ子だったりと、普通の男の魅力が溢れている。だからこそ、最後は観客の涙が溢れてしまう。

事件はニュースや映画では、なぜか犯人を中心に語られる。しかし本当に語られるべき物語は、被害者側にある。彼等、被害者と被害者の家族の生活の全てを奪った事件。その奪われた物を、この映画で観客はずっしりと感じさせられるのである。

(7/26/13:劇場にて鑑賞)