SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Thurgood / 日本未公開 (2011) (TV)

Cast >> Laurence Fishburne
Director >> Michael Stevens
Writer >> George Stevens Jr.
Producer >> Michael Stevens
Genre >> Drama

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Law is my weapon
黒人で初の最高裁判所判事となったサーグッド・マーシャル(ローレンス・フィッシュバーン)。マーシャルは50年以上も法に彼の全てを捧げ、法を武器にして戦ってきた。母校ハワード大学で、マーシャルは1人自分の半生を振り返っていく。

サーグッド・マーシャルは法で戦った。その彼の壮絶な人生を、ローレンス・フィッシュバーンが1人演じる。同じ時代に生きたライバルのデンゼル・ワシントンマルコムXを完璧に演じたなら、フィッシュバーンはこの舞台でマーシャルを完璧に演じている。弁護士であるサーグッド・マーシャルは、絶対に雄弁であった筈だ。その雄弁さと、言葉巧みなユーモラスさ、そして勇壮な姿を見事に演じている。老人の部分のマーシャルと、若い頃のマーシャルの違いも見事。わざとらしくシフトしていく訳じゃない。スーツの着脱だけで変身していく。そして1人芝居は台詞ばかりで飽きてしまう。しかしこれにはそれが全くない。次の展開が気になるような面白さがある。

ローレンス・フィッシュバーンは完璧な状態でサーグッド・マーシャルの人生、思い、そして魂を生き返らせている。余りにも見事で圧巻だ。

(2/11/12:DVDにて鑑賞)