SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Father of Invention / 日本未公開 (2010) 985本目

観た理由は1つだけ。クレイグ・ロビンソンが出ていたからです。このクレイグ・ロビンソンという人、私は結構注目しております。シカゴ出身で、俳優をする前には音楽の先生だった。シカゴの有名なセカンド・シティ出身。セカンド・シティは、「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーを多く輩出している、コメディ劇団。黒人なら、サタデー・ナイト・ライブのレギュラーじゃないけど、ロバート・タウンゼントもシカゴ出身でここで学んだ一人。後は埼玉シカゴが生んだ世界的な駄洒落マシーン...デイブ・スペクターもそうらしいですね。とにかく私はこのクレイグ・ロビンソンを注目してます。なんというか、ちょっとアンソニー・アンダーソン系。おデブなのに軽快。そして面白いのにシリアスも平気。

でも主役はケビン・スペイシー。あんまり好きじゃないけど「Horrible Bosses / モンスター上司 (2011)」では面白かったので観たのもある。この人が、トンデモな発明者。全く関係性の無い2つのものを組み合わせて作るのが好き。例えば、カメラとペッパースプレー。ペッパースプレーで変質者を撃退しながら、その人の顔を証拠として残せるという代物。そして腹筋を鍛える機械とテレビのリモコン。テレビのチャンネルを変えながら腹筋を鍛えられる。でもその機械で指を挟んで指を失う人が続出して、監獄入り。8年お勤めをして、無事に自由になったけれど、前みたいな華々しい職はない。妻もいつの間にか再婚。その再婚相手が、クレイグ・ロビンソンなのでした。物語は、戻って来たときにもうすっかり大人の女性になっていた娘との関係を修復していくというコメディ仕立てのドラマ。娘のルームメイトの1人がへザー・グラハム。彼女が出ていた「運転免許証」なんて、私が10代の頃に見ていたので、私よりも確実に年上の筈なのだけど、全然老けない。変わらないよね。レズビアンという面白い役でした。

あんまり評判はよろしくないかもだけど、私は普通に楽しんで観ちゃいました。在り来たりではあるけどね。在り来たりじゃない部分もあったり。サラっと観るのに丁度いい。

オフィシャルサイトもないようなので、IMDBはこちら

(3.75点/5点満点中:4/2/12にDVDにて鑑賞)