SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Undisputed II: Last Man Standing / デッドロック II (2006) 976本目

Undisputed / デッドロック (2002)」に続いて制作された続編。でも出演者もスタッフも総入れ替え。主演には我らの空手マスターのマイケル・ジェイ・ホワイト兄弟っす。前作ではヴィング・レイムスのおじきが演じていたアイスマンを演じております。って、前作の主役はウェズリー・スナイプスのモンローじゃなかったのか!!と、思わずツッコミ。モンローの方が魅力的なキャラクターだったのに、アイスマン膨らませますか?ってな訳ですよ。まあアイスマンの方が膨らませやすかったんでしょうねー。ヘビー級チャンピオンという肩書きがあるから。

で、そのヘビー級チャンピオンのアイスマンもピークの時期が過ぎて、チャンピオン時代の散財もあって、今やロシアでお酒のCMに出ないといけない程になってしまうのです。しかし、ホテルの部屋に誰が侵入し、運悪く戻ってきたアイスマンは応戦するも、人数で勝てず気を失う。警察の取調べ中に、ホテルの中から大量のコカインが見つかって、御用。全くもって運のないアイスマン。初犯なのに、なぜかロシアの重犯罪刑務所に入れられてしまうのです。そこでは、賭けの対象となっている人気のマーシャルアーツ対決が行われていたのです。その刑務所で君臨しているチャンピオンが、スコット・アドキンス演じるボイカ。まあ、そうなるとアイスマンと対決する事になるよねーってな訳で話が進んでいきます。

でもこの映画はサブキャラクターが多彩。割りとちゃんと描かれているので、物語として面白い。今回も男臭さはなかったけれど、刑務所にはやっぱり行きたくないよねーという陰気さが映像には漂う。そして舞台がロシアだからって、ロシアが敵!と描かれる訳でもなく、ロシア人にもいい奴は居るよねーという描かれ方なので、好感度は上がる。

あれ?この映画って、ボクシングじゃなかったの??アイスマン、なんでマーシャルアーツの達人になってるの?え???とは思った。ま、いいか。いちようその辺も描かれてはいる。納得は出来ないけど。でも、まあいいか!マイケル・ジェイ・ホワイト、やっぱり凄いな。上半身裸になる度に「Trois 2: Pandora's Box / 日本未公開 (2002)」のラブシーンが頭に浮かんだけど... そういえば、今回の映画ではアイスマンに女の影が見当たらなかった。女には懲りたのか?まあマイケル・ジェイ・ホワイトはこういうマーシャルアーツ系の映画の時には、急に硬派になるよね。「Trois 2」ではあんなにエロかったのに。ま、そんな所が兄弟の好きな所ですけど!!

感想やあらすじはこちら

(4.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)