SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

Freedom / 日本未公開 (2014) 1415本目

Netflixとは、この12月で丁度10年の付き合いになります。引っ越してもずっと一緒。色々ありました。でも、9月の始めにキャンセルしてやりました!っていうのも、この映画を1番にしているのに、なかなか送ってこねー!全然こねー!他の新作も送って来なくなりましたね。どうやら所謂ブラックリスト入りしたみたい。というのも、ストリーミングを足したので、DVDを1枚減らしたんですよ。そしたら、リスト入り。前に4枚から3枚に減らした時は平気だったのに!!と、Netfilxも段々厳しくなりました。どうしたらいいんだ!と、一回キャンセルしてみた。1か月間辞めました。あんまり変わらない気もするが、とりあえずブラックリストからは脱出出来たかも??多分。という事で、日本でも始まったばかりのNetflixですが、皆さまもお気をつけてお使いくださいませ。10年の付き合いでも厳しい奴...それがNetflixです!

という訳で、私とNetflixを決別させた映画『Freedom』です。単純なタイトルです!我らのビデオスルー男優キューバ・グッティング・ジュニアが主演。逃亡奴隷サミュエルを演じている。彼の家族が逃亡する所から物語は始まる。途中で地下鉄道(Underground railroad)のトーマス・ギャレットと待ち合わせて、彼の手引きでカナダまで逃亡。途中で、サミュエルの祖母が自分たちの祖先の話をし始める。まだまだ小さい少年が母と共に捕えられ、ガンビアの海岸から奴隷船に乗っていた。その奴隷船に乗っていたのが、イギリスのジョン・ニュートンだった。

ジョン・ニュートンとは、あのオバマ大統領が先日スピーチ中に歌った「アメージング・グレイス」の作詞家。彼は奴隷船の船員だったのだ。つまりは、奴隷をぞんざいに扱っていた側。まあこの映画では、奴隷に同情的だったと描かれておりますけどね。でも長い事、奴隷船の船員をやっていたみたいですね。まあ私が何を言いたいのかは、お察しください。そのジョン・ニュートンと、キューバ・グッティング・ジュニア演じるサミュエルとの数奇な運命を描いております。ジョン・ニュートンだけでなく、地下鉄道のトーマス・ギャレットとか、黒人奴隷解放運動家のフレデリック・ダグラスとか出てきます!出てこないけど、地下鉄道のハリエット・タブマンも名前は出てくる!でもフレデリック・ダグラスはこの映画で描かれたよりも、もっと勇敢でカッコ良かったと思う!とはちょっと思った。

最後がちょっと出来過ぎかな?話が上手すぎる。あとちょっとの所で休憩しちゃう奥さん(シャロン・リール)が相当謎だし。私だったら、あんな風にゴールが目の前だったら、今まで以上にスピードアップして走って逃げるね!追われているの分かっている訳だし。まあ感動的なラストの為でもあるのは分かるんだけどね。

「アメージング・グレイス」誕生秘話でもあるので、半ミュージカル的。歌うシーンが多いっす。「スイング・ロウ・スウィート・チャリオット」とかも。ロウの方ね、ダウンじゃなくて。

ところで、キューバ・グッティング・ジュニアの持ち主モンロー役が、デビット・ラッシュだった!!そうだね、私が大ーーー好きな『俺がハマーだ!』のハマー役の人だね!こんな嫌な奴になりがやって!トランク署長に怒られろ!私がモンローの邸宅にバズーカ撃ち込んでやる!!って思いました。

感想やあらすじなどやオフィシャルサイトはこちら

(3.25点/5点満点中:10/4/15:DVDにて鑑賞)