SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Uprising: Hip Hop & The L.A. Riots / 日本未公開 (2012)

Cast >> Snoop Dogg (Narrator), Ice Cube, Ice-T, Arsenio Hall, John Singleton, Kurupt, Nas, Cheo Hodari Coker, Too $hort, Rodney King, KRS-One, DJ Yella ...
Director >> Mark Ford
Writer >> Mark Ford
Producer >> Wesley Jones, Mark Ford, Snoop Dogg
Genre >> Documentary

総合ポイント >> 4.75/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 4 Music >> 5

Fu** tha Police
ロドニー・キング事件から始まったロサンジェルスの蜂起から20年。ヒップホップとの関係を紐解いていく。

我々はロサンジェルス暴動と言うが、この映画のタイトルは「蜂起」という言葉を使っている。ロドニー・キングが警察官に暴力を加えられ、そしてその警察官達は無罪となった事を発端に、ロサンジェルスの町が大きく変わっていく。南カリフォルニア大の教授であるトッド・ボイドはこう語った。「彼等(警察や政治家)は、もっと早くにアイス・キューブやアイスTを聞いておくべきだったんだ」と。アイス・キューブが居たN.W.Aは、ロサンジェルス蜂起の前の1988年に「Fuck tha Police」という曲を作っている。警官への怒りをぶちまけた曲。その時に彼等が対応しておけば、ロドニー・キング事件もなかったし、ロサンジェルス蜂起もなかった。ヒップホップは以前からずっと市民の言葉を代弁していた。そしてこの曲が皮肉にもこの蜂起のアンセムとなる。

そしてロサンジェルス蜂起の後に残ったもの。暴力の率が減り、ギャングの2大巨頭クリップスとブラッズが和解したりもあったが、残ったのは何も変わらない黒人コミュニティの傷跡だ。

(5/2/12:TV放映にて鑑賞)