SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

「我々は戦う事を諦めない!」あるブラック・パンサー党員の叫び『Passin' It On』

トゥパック・シャクール自伝映画『All Eyez on Me / オール・アイズ・オン・ミー (2017)』の冒頭で使われたのがブラック・パンサー党員ドルーバ・ビン・ワハドのスピーチ。なぜかそれをマルコムXだと思っているバカな批評家もいる。トゥパックならマルコムの前にブラック・パンサー党員のスピーチ使うだろうに、本当にバカ!あの人たちは無知過ぎる。単純すぎる。何も分かっちゃいない。という訳で、ブラック・パンサー党のドキュメンタリーを。

ブラック・パンサー党と言っても、この映画はそのドルーバ・ビン・ワハドと、彼が属していたニューヨーク支部についてのドキュメンタリー。この作品では触れられていないが、トゥパックのママのアフェニ・シャクールもそこに属していて、ドルーバやこの映画でもインタビューを受けているジャマール・ジョセフの先輩であり彼らに教え込んだのがアフェニ。アフェニが逮捕される事になった「パンサー21」なども語られる。しかし、主役というかメインはドルーバ・ビン・ワハド。彼自身もインタビューを受けている。ドルーバはブロンクスで生まれ育ち、マルコムXと同じく刑務所内で転機を迎えて、ブラック・パンサー党に傾倒。ドルーバはパンサー党員となった後にも逮捕されているが、パンサー21とは無関係の事件なのだが関係なくもない。パンサー21を追う地方検事を狙い、検事の家を警備していたNY市警の2人に発砲した罪。2人は重症を負った。で、ドルーバが逮捕されたのが黒人向けナイトクラブで、そのナイトクラブでドルーバはマシンガンを持ち、客を全裸にして虐待していたらしい。なんでもそのクラブでは、警官たちが賄賂を貰う場所として有名で、クラックなどの麻薬売買が見過ごされていたという事で、麻薬なんかするな!という意味で虐待していたらしい。分かるような分からないような... 複雑。

何はともあれ、このドルーバ・ビン・ワハドという人が、とてもナチュラルなスピーチスピーカーというのは分かった。オバマ大統領もそうだったけれど、人に話を聞かせるのが上手い。恐らくアフリカで尊敬されていた語り部「グリオ」とはこういう人たちなのだと思う。言葉選びから話し方が上手い。生まれ持ったもの。

なんでもこれはジョン・J・ヴァラデスというラティーノ系監督の卒業プロジェクトだという。今もドキュメンタリーを撮り続けている。この作品には、あの『Slavery by Another Name / 日本未公開 (2012)』のサム・ポラードが制作総指揮で参加したり、『Symbiopsychotaxiplasm: Take One / 日本未公開 (1968)』の伝説的なドキュメンタリー監督ウィリアム・グリーブスの撮った映像がアーカイブで使われていたりする。この作品自体はPBSにて放送された。

あの時代の力を持って推し進めていく「ブラックパワー」的な革新派のリーダーって、ストークリー・カーマイケルとかエルドリッジ・クリーヴァーとかみんなアフリカやキューバとかに亡命したけれど、ドルーバも亡命じゃないけれどアフリカのガーナに長らく住んでいたみたいで、DVDにはボーナス特典でガーナでインタビューを受けている映像があった。今は、アメリカに戻っている。

で、最初に書いたマルコムXの演説だと思っているアホが、続いて「(マルコムXの演説を使用したという事は)トゥパックがブラック・パワーの英雄という事を述べており...」とか書いていて、本当に無知で嫌になる。マルコムXはブラック・パワーの象徴みたいに使われるけれど、実際にブラック・パワーが台頭した頃には暗殺されてこの世には居ない。なのでブラック・パワーについて公言する事はなかった。「ブラック・パワー」を連呼したストークリー・カーマイケルやブラック・パンサー党でマルコムの思想が受け入れられただけの事。直接的な関係性はまるでない。何なら「ブラック・パワー」という言葉自体は、作家リチャード・ライトが1954年に既に使っている。イメージとかステレオタイプだけで語らないで欲しい。という事で、いかにアメリカのメインストリームでも黒人映画がステレオタイプやイメージだけで語られているのか、よく分かる例でもある。

Passin' It On / 日本未公開 (1993)(4.25点:1577本目)