SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

サタデー・ナイト・ライブと黒人問題

あの有名な「サタデー・ナイト・ライブ(以下SNL)」のレギュラーである黒人コメディアンのキーナン・トンプソンが先日「なんでSNLには黒人女性の出演者が少ないのか?」という問いに、「準備出来ている黒人コメディアンヌ・女優が居ないから」と答え、黒人女性たちからのバッシングを受けた。ちなみに彼と同じく現在のレギュラーである黒人コメディアンのジェイ・ファロアはその前に別のインタビューで同じ事を聞かれ「(SNLの制作側は)多様性に注意し関心を持って、黒人コメディアンヌのダーミリア・ブラウソン(モノマネが得意なコメディアンヌ)を雇うべきだと提案したんだ」と答えている。

Kenan Thompson Addresses Lack Of Diversity On 'SNL': 'They Just Never Find Ones That Are Ready' | HuffPost

SNL38年の歴史で黒人コメディアンヌ・女優がレギュラーに選ばれたのは、たった4人。イヴォンヌ・ハドソン (1980-81)*1、ダニトラ・ヴァンス (1985-86)、エレン・クレゴーン (1991-95) 、マヤ・ルドルフ (2000-2007)だ。シーズン35となる2009年から現在までの90エピソードの中で、黒人女性がホストを勤めたのは、2010年4月のガボリー・シディベ、2012年2月のマヤ・ルドルフのみ。

Kenan Thompson: Black female comics not 'ready' for 'SNL'

黒人コメディアンヌに限らず、昔からSNLは黒人に冷たかった。1985年シーズンからレギュラーとなったデーモン・ウェイアンズは、ずっとその不満を抱えていた。面白くないと思っても、やらなきゃいけないストレス。そして突然そのストレスを爆発させ、用意された台詞ではなくアドリブで答えた。それはプロデューサー達の逆鱗に触れ、解雇させられた。デーモン・ウェイアンズの兄キーネン・アイボリー・ウェイアンズはそれを聞いて制作したのが「イン・リヴィング・カラー(以下ILC)」。「才能あるデーモンが埋もれては残念、デーモンには好きな事を俺がさせてあげよう」と願ったのだった。彼等の情熱は、番組をヒットさせ、あの黒人が受賞するのはもっと難しいと言われているエミー賞で受賞までしたのだった。

そして1990年からレギュラーになったクリス・ロックは、そのILCに出演したくて、SNLを去った。「理由はまだSNLは白人のショーだからだよ。それに比べてILCはヒップでホットで、俺がやりたい事やっていた」と語っている。

http://www.laughspin.com/2011/11/03/chris-rock-why-i-left-saturday-night-live/

1975年から5年もレギュラーを務めたギャレット・モリスは、目立たないレギュラーとして有名で、それをジョークにすらされた。本人もSNLの日々を余り良く思っておらず、ステレオタイプな役ばかりやらされて嫌だったと語る程である。

ティム・メドウズは1991年から9年間もレギュラーだったが、映画「The Ladies Man / レディース★マン (2000)」を置き土産に、その後はあまりパッとした活躍を見せていない。

逆にSNLに出たことで有名になったのは、エディ・マーフィトレイシー・モーガンの2人がいる。エディ・マーフィの活躍は説明不要。しかしトレイシー・モーガンSNL出身というよりも、「30 ROCK/サーティー・ロック」で有名。

SNLの制作者ローン・マイケルズは「起こると思うよ」と答えている。

http://www.huffingtonpost.com/2013/11/01/lorne-michaels-snl-black-women_n_4193644.html

そしてこのニュースが流れて数日後に、ケリー・ワシントンがホストを務める事が発表された。

と、コメディが大好きな私だけど、SNLは見ていない。理由は簡単だ。面白くないからである。SNLが面白い時は実に少ない。私にとってSNLが面白かったのは、ジョン・ベルーシが出ていた頃、エディ・マーフィが出ていた頃、クリス・ファーレイが出ていた頃、そしてウィル・フェレルティナ・フェイの頃だけ。「イン・リヴィング・カラー」は違う。ずっと面白かった。確かにキーネンとデーモンが去った後は、完全にパワーダウンしたけれど、それでもジェイミー・フォックス等が番組を盛り上げていた。

いちよう黒人に聞いてみた。「SNLとILCのどっちが面白い?」と。「はあ?イン・リヴィング・カラーに決まってるでしょ!ILCは白人(ジム・キャリー)だって面白かったからね!」。

*1:準レギュラー