SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

2 Days in New York / 日本未公開 (2012) 1053本目

ジュリー・デルピーの「パリ、恋人たちの2日間」の続編らしい。らしい…という事。ジュリー・デルピーは「恋人までの距離」とその続編で見た位。フランスの女優で芸術思考という事は知っている。なぜ今回見たかというと、そりゃクリス・ロックが出ているから。クリス・ロックといえば、確実にエディ・マーフィの次を担い90年代の黒人コメディを牽引した1人。「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーも獲得したエリート。でもこのエリート、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズの「イン・リヴィング・カラー」に出たいからと、SNLを辞めちゃうラディカルなコメディアン。そのクリス・ロックがなんでジュリー・デルピーと映画出てるんだよー!とファンなら不安になります。ちょっぴり。

デルピー演じるマリオンは「パリ、恋人たちの2日間」の時の恋人ジャックと共に1児を授かるも別れていた。その頃にマリオンが働いていたヴィレッジボイスの編集部に居たのが、クリス・ロック演じたミンガス。ミンガスはマリオンを慰めている間に恋愛に発展。今はミンガスの連れ子の女の子と4人で暮らしている。そこにフランスからマリオンの父ジャノと妹のローズ、そして妹の恋人マニュがやってくる。色々とハチャメチャなことが起こるんです。

私も国が違う同士で結婚しているので、この騒動には笑える部分が多かった。自分は国の文化とか言葉を乗り越えて結婚したから、2人でいる時には摩擦もなく平常。所がその家族はそうはいかない。彼等にとっては関係ない。そんな彼等に振り回されるのよね。

お父さんのジャノが自然。それもそのはず。実際にジュリーの父親。このお父さんが実にチャーミング。でも口が悪いのが笑った。でもフランス語の部分はものすごく早口で字幕でついていくのも大変。で、喧嘩ばっかりだから余計に疲れる。英語もフランス語も分るジュリーには楽だよね。しかもジュリーは帰化しただけあって英語上手いね。ジャン・デュジャルダンとか全然話せないもんね。そして他のハリウッドの女優達とは違って老いを変に隠さないのも素敵。でもハリウッドで他の国・人種が映画を作ろうとすると、どうもやっぱり自分達のステレオタイプを誇張しないとダメなのか…とは思った。主人公以外は割りと酷い描写。

そしてヴィンセント・ギャロが出てくるところだけ、物語が余りにも変化しちゃってた。あの部分だけ、無理につけた感じがしちゃうんだよね。

で、肝心のクリス・ロックは今までにない位に落ち着いた役。マリオンの妹の挑発にも乗らず、タイマッサージに行ったりしてた。クリス・ロックはこういうウッディ・アレン風味なニューヨークの物語をやりたかったんだろうなーとは思った。意外と芸術思考。このミンガスって役が、ロックの相棒でもあるネルソン・ジョージぽいよね。ヴィレッジボイスのライターとかさ、クリス・ロックぽくないもん!この映画でもある程度言いたい事は言っていたと思うけど、やっぱりロックにはもっと思いっきり言ってもらって発散させてあげたい。と言うかね、ファンとしてはそんな演技派で芸術思考なロックは求めてないのよ。その分野には才能あるジェフリー・ライトとかジョーモートンが居るし。これは別のクリス、クリス・タッカーにも言いたい!爆笑王達よ、よろしくお願いしますよ!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(3.5点/5点満点中:11/19/12:DVDにて鑑賞)