SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

マイケル・チェという男は何者なのか?

元々ライターとして参加していたアメリカのコメディ番組の老舗中の老舗である『サタデー・ナイト・ライブ』(以下SNL)の人気コーナー「ウイークエンド・アップデート」を担当する事になったのが黒人コメディアンのマイケル・チェ。このコーナーは長いSNLの歴史の中でももっとも長いコーナーになっていて、今までにチェビー・チェイスやジミー・ファロンにエイミー・ポーラーティナ・フェイが担当していて、番組の中でもスターになる登竜門的なコーナーであった。しかし今まで黒人コメディアンが担当した事は無かった。今回のマイケル・チェが初となる。そんなマイケル・チェとはどんな人物なのか。

マイケルはニューヨークのマンハッタンに1983年に生まれ、高校はあの映画やTVシリーズFame / フェーム (1980)』で有名になった芸術高校を卒業。その後はスタンダップコメディアンとなり、ニューヨークのコメディアンの大会で優勝。2013年にはローリングストーン誌が選んだ「今面白い50人」に選ばれたり、同年ヴァラエティ誌では「見るべきコメディアン10人」の1人に選ばれた。同年にはSNLのライターとして参加するようになり、2014年にはジョン・スチュアートの人気番組「ザ・デイリー・ショー」に特派員として参加。そして今回、SNLのウィークエンド・アップデートのレギュラーとなったのでした。と、物凄くとんとん拍子で成功しており、現在若干31歳!

そんなマイケルは実は参加する前はSNLの事を知らなかった。彼は正直に「俺にとってのSNLエディ・マーフィで、ビデオでミスター・ロビンソンとかを見たんだ」と語っており、毎週欠かさずテレビの前で見ている訳じゃなかった事も認めている。「俺、イン・リヴィング・カラーが大好きだったんだ。デーモン・ウェイアンズとか彼ら(家族)が大好きでね。だから小さい頃はSNLは見てなかった。けどウィル・フェレルとか出てきた時に注目するようになった。そしてクリス・ファーレイとかビデオで見直すになったんだ」と語っている。

'SNL' writer Michael Che talks upcoming Boston show, Comedy Central special, and more | Go To It | Events around Boston

ならば、憧れのデーモン・ウェイアンズのようにSNL辞めちまえ(デーモンはクビだけど)!なんてね。嘘です嘘。でも、これでチャンスを掴んで、大きく活躍してもらいたいですね(同じデーモン・ウェイアンズ・ファンとしては尚更)。エディ・マーフィ級、せめてトレイシー・モーガン級には... でも...なんかくすぶるこの私の思いが杞憂で終わればいいんだけど...

Michael Che

併せて読んで欲しい以前のSNLについてのエントリー。

SNLで思うんですよね。やっぱり分離なのか?と。融合は難しいのか?と。でも、「イン・リヴィング・カラー」の成功を見ると、融合は可能。むしろ、キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ(黒人)の下で、ジム・キャリー(白人)はノビノビと自分を表現してスターダムを掴んだ。SNLの制作者ローン・マイケルズ次第でしょうね。そのマイケルズがデーモン・ウェイアンズをクビにしてますからね...