SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

ニック・キャノンはきっといい友達『School Dance』

コメディアンでTV司会者で音楽もやって、マライア・キャリーの夫でもあったニック・キャノンの監督・脚本・制作・出演(ちょっとだけ)作。カリフォルニアの高校を舞台にしたコメディ。最近ではスクールカーストと言われているけれど、この映画では黒人らしくスクールカーストなんて呼ばないで、”clique(派閥)”が描かれている。

モンテ・ヴィスタ高には、地元のラジオ局が協賛のダンスイベントが年に1度あり盛り上がる。それで優勝するだろうと思われていたのが、”レンジャーズ”の3人だった。彼らがダンスすれば自然と人が集まる。そしてイケてる女子ばかりが集まったのが”スイート・ガールズ”。他にも色々あるが、ジェイソン(ボビー・J・トンプソン)はどこにも属しておらず、どちらかというとイケていない部類で、レンジャーズに憧れていた。レンジャーズにはジェイソンの遠縁のデイ・デイ(ダション・ブランクス)が居て、入れてくれと直談判する。スイート・ガールズのメンバーをダンスパーティに呼んで、下着を手に入れてこいと言われてしまう。ジェイソンはスイート・ガールズのメンバーのアナスターシャ(クリスティーナ・ディバージ)に小さい頃から恋心を抱いていたが、一度も告白する勇気がなく...

他にも色々とちょこちょこと色んな事が起きます。それよりも、実はケヴィン・ハートや今『Girls Trip / 日本未公開 (2017)』にてブレーク中のティファニー・ハディッシュとか出てくる。ケヴィン・ハートはイージーEを完全に意識したジェリーカールのギャングのOG・リル・プリティ・サグ役。同じギャングの一人がリル・デュヴァルという、アメリカではそこそこ人気のあるコメディアン。そういえば、このモンテ・ヴィスタ高の校長が『Next Friday / ネクスト friday (2000)』のマイク・エプス。デイ・デイのお父さんがこれまた『Friday After Next / 日本未公開 (2002)』のキャット・ウィリアムス。学校のコーチも『A Haunted House / 日本未公開 (2013)』等のコメディアンのアフィオン・クロケット。ジェイソン役の下品なママもコメディアンヌのルネール。と、ケヴィン・ハート世代の黒人コメディアンが割と勢揃いした感ある。ニック・キャノン、この世代とはかなり密接に繋がっているんだと思いました。こういう映画でもみんな出てくれるんだから、かなり仲が良くてキャノンは人望ある筈。あと世代は違うけれどラティーノコメディアンのジョージ・ロペスまで出ている。

まあなんていうか、リアリティは0%。そういうのは全く無視ですね。キム・カーダシアンよりも前にKanye Westの恋人で、そのあとにはウィズ・カリファと息子を授かったアンバー・ローズがスイート・ガールのメンバー。もちろん当たり前だけど、女子高校生感はゼロ!まーったくない。

あと、「You're a Jerk」がスマッシュヒットしたNew BoyzもNew Boyzで出演。

ニック・キャノン、こんなにチョイ有名の人たちを集められるんだから、良い人で人望はあるんだろうなーとはとても感じました。

School Dance / 日本未公開 (2014)(3点:1573本目)