SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Lil' JJ :Almost Grown / 日本未公開 (2008) 470本目

リル・JJ君はアーカンソーリトルロック出身。この子が出てきたBETの「Comin' to the Stage」はアメリカン・アイドルが流行り始めた頃にBETがコメディアン発掘の為に作ったオーディション番組。審査員にはあのご意見番のポール・ムーニーなんかも出てきて、さすが的を得たコメントを出していたのが印象的でした。番組は好きだったんですが、短命でした。この番組で戦った人で印象に残っているのが、一番最初のシーズンで優勝した若干13歳のこの作品のリル・JJ君と、アトランタでコメディアンをやっているリル・デュバルですかね。リル・デュバルはお酒飲んでちょっと酔った状態でステージに上がって失敗。でもそれまでは面白くて優勝するだろうなーと思っていたのですが、プレッシャーに負けたんですね。ポール・ムーニーにこっぴどく怒られてましたっけ。優勝は逃しました。でも今になってリル・デュバルは結構出てきてますね。と、リル・JJ君に話を戻しましょう。

リル・JJは2代目ニック・キャノンという感じかな??同じく小さな時からスタンダップコメディを初めて、ニコロディオンに認められて看板番組を持ちました。「Just Jordan」という番組で、リル・JJと同じように主人公はアーカンソーから母親と一緒に出てきてお爺ちゃんがロサンジェルスで営むレストランで世話になるというお話。それにしてもリル・JJにしても、ニック・キャノンにしても、デイブ・シャペルにしても、小さな時からスタンダップコメディをしていた人のママはみんなパワフル。しかし、10代で夜にコメディクラブに出入りというのは環境的に良くないと思うのだけど、デイブ・シャペルのママは「隠れてヘンな事されるよりも、自分で運転して送り迎えしてる場所だから大丈夫!」みたいな事を言っていて、根性があるなって思いました。

そのリル・JJも今や18歳。この映像の時にはまだ16歳。って、若い〜〜!私は彼の...。もう歳の話は止めよう。悲しくなるだけだ。13歳の頃に出ていた「Comin' to the Stage」は年齢を生かしたネタが多かったけれど、さすがに今はあんまり無い。逆に彼女の話とかしちゃって、「人の子は育つのが早い」を実感しました。タイトルは「もうちょっとで大人」ですが、あの小さい時から見てるからもう大人に見えましたね。というか、それ位長い事見てるんですよ。このブログを書き始めた3回目に既に登場(リンク先の写真はJJの13歳の頃)。ちなみに1回目はマーロン・ウェイアンズアウトキャスト、2回目はデイブ・シャペルチャールズ・バーネット、4回目はリー・ダニエルズ監督でした。さすがにこの歳になるとあんまり好みは変わらないみたい。

肝心な内容は、リル・JJのスタンダップコメディとラップとダンス、若いシンガーやラッパー達が前座として登場してました。スタンダップコメディのライブというよりも、バラエティショーですね。途中でアトランタのモールでサイン会をしている映像もあるのだけど、誰も並んでない。そんな状況は16歳の子には辛いと思うんだけど、この子は腐ってない。何とか場を明るくして笑わせようとしている態度に関心しました。16歳なのに姿勢はプロ。私なんて16歳でバイトしていた時、お金貰ってるのにふざけてたよ、今思うと。私の16に比べたら立派な大人です。なんかカッコつけて背伸びした所も可愛いのよ、この子は。アトランタの会場の若い子達のノリも良いっす。

しかしなんでコメディアンってあの右上の写真みたいなポーズ取るんだろう??

感想はこちら

(3.5点/5点満点中:DVDにて鑑賞)