SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Murder of Fred Hampton / 日本未公開 (1971)

Cast >> Fred Hampton, Rennie Davis, Edward Hanrahan, Bobby Rush
Director >> Howard Alk
Producer >> Mike Gray
Genre >> Documentary
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> N/A Direct >> 5 Music >> N/A

Why don't you live for the people, Why don't you die for the people
ブラックパンサー党のシカゴ支部のチェアマンだったフレッド・ハンプトンが1969年12月4日に警官の銃によって亡くなった。警官側はハンプトンが先に銃を発砲したので仕方なかったと言うが現場に居合わせた目撃者やパンサー側はそれを「殺人」と呼んだのだった。

このドキュメンタリーが作られた時代がそうさせたのかもしれない。久々にガッツのあるドキュメンタリー映画だ。当時を物語るモノクロ映像が生々しくて、当時の模様を甦らせる。ボブ・ディランの腹心だったハワード・アルクはフレッド・ハンプトン本人のスピーチを沢山入れて、フレッド・ハンプトンの伝えたかった精神をも甦らせている。彼が伝えたかった意思を力説で自分の言葉で語れば語るほど、この事件の真相が見えてくるようだった。何よりも重要なのが、この映画で沢山語られている「革命」というブラックパワーが台頭し「共産主義」と「資本主義」の真っ二つに別れていた1971年に作られたという事。下手すれば、この映画の制作者だって「共産主義」とレッテルを貼られて、フレッド・ハンプトンと同じ道を歩んだかもしれないのだ。

全てを理解した上で「殺人」とし、映画を作ったからこそ観客はパワーを感じる事になる。フレッド・ハンプトンが声を大にして伝えていた「私は殺せても革命は死なない」という言葉をこの映画が体現しているのだ。

(7/9/10:DVDにて鑑賞)