SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Freelancers / 日本未公開 (2012) 1028本目

50セントに魅力を感じた事はない。ラッパーとしても俳優としてもイマイチ好きになれない。「Things Fall Apart / 日本未公開 (2011)」はまあまあだったけど、やっぱり彼の演技力の未熟さがあった。今の50セントは80年代後半のフレッド・ウィリアムソンを思わせる...とは感じている。70年代はブラックスプロイテーション映画のヒーローとして飛ぶ鳥を落とす勢いのあったフレッド・ウィリアムソン。そのウィリアムソンは80年代に入ると、イタリアに渡ってチャック・ノリスのパロディのような訳分からない映画を沢山作っていた。50セントもさ、ラッパーとして認められたのに、映画では自分で制作会社まで設立したのに訳分からない映画ばかり作ってる。どうせ面白くないだろうなーって最初から分かってしまうような映画ばかり。他の作品は無視したけど、さすがにこれはフォレスト・ウィッテカーとしかもロバート・デ・ニーロが出ていると聞いて、気になってしまった。嗚呼、気にならなければ良かったのに...

輪廻ですかね。自分が小さい時に亡くなった父親と同じく50演じるマロも警官になる。そして自分も父親と同じく腐敗へと染まっていくのだけど、父親が亡くなった本当の理由を知り...と、まあ映画では普通な設定。ロバート・デ・ニーロがマロの父の元相棒役で、フォレスト・ウィッテカーがマロを指導するベテラン警官。どちらも悪役っす。フォレスト・ウィッテカー演じた警官がこれまた悪いんですわー。多分「Training Day / トレーニング デイ (2001)」のデンゼル・ワシントンが演じた役よりも悪い警官!!多分フォレスト・ウィッテカーの役が主役の映画だったら、アカデミー賞ものですよ。最後とか滅茶苦茶カッコいい。でもさ、主役は50セント。父親への愛とか全く感じないのですよ。彼の演技からは。しかも無駄に50のトレーニングシーンとか、エロいシーンが挟んであるので、散乱した映画ですわ。こんな映画で名演技を披露しているフォレスト・ウィッテカーの人の良さだけが際立ってますわ。

感想やあらすじはこちら

(2.5点/5点満点中;09/09/12:DVDにて鑑賞)