SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Freaknik: The Musical / 日本未公開 (2010) (TV) 809本目

Starchild, Citizens of the Universe, Recording Angels. We have returned to claim the Pyramids. Partying on the Mothership. I am the Mothership Connection♪
上のが何のこっちゃ分かる人には、たまらない映画っす!「ブーンドックス」Meetsファンク。「ブーンドックス」の裏方をしていたアニメーターのカール・ジョーンズが製作。声の出演には、T-ペインやリック・ロスと言ったマイアミ系とシー・ローやビック・ボーイというアトランタ系、そしてリル・ウェインというニューオリンズの南部が大集結。他にもスヌープ・ドッグやケリス等から、チャーリー・マーフィやアフィオン・クロケットという注目を集めている若手コメディアンも参加。ヤング・キャッシュというT-ペインのレーベルに所属している若手もかなり良い役で参加してます。

このタイトルになっている「Freaknik(フリークニック)」とは、アトランタで80年代から実際にスプリングブレイク(春休み...だけど日本とはちょっと意味合いが違う)の間に黒人大学で行われていた大きなパーティ(イベントと言った方が近いかな?)である。FreaknikでGoogleで画像検索すると、何となくどんな感じか分かってもらえると思う。そのフリークニックで大活躍していたのが、T-ペインが声を担当するその名もフリークニック。しかし、90年代にパーティの時に警察に連行され逮捕。そして殺されてしまった。今となっては伝説となり、都市伝説化している。フリークニックなんて存在しないんじゃないの?と、80年代の「House Party / ハウス・パーティ (1990)」のダンスを未だに楽しんでいるキドゥン・プレイ(本人達が声で登場)を見て飽き飽きしながら現代の若者達は思っている。そこに登場するのが、車椅子の老人(リル・ジョン)。フリークニックは存在した!と、甦らせてしまうのです。ゴーストとなって現れたフリークニックは、タイラ・バンクストークショーに登場したりで大人気。ゴーストなのに市長になったりと大変。オバマ大統領もフリークニックの人気には敵わないと、大統領の座をフリークニックに渡してしまうのです!!!そのフリークニックが、また以前のように「バトル・オブ・ザ・トリルエスト」というタレントショーを開催する事になって、フロリダから向かうのがSTM事、スィート・ティ・モブスターズの3人のラッパー+マリファナ調達人の1人で計4人のグループ。いちよう彼等が主にこの映画の物語を進めていきます。彼等のアトランタまでの珍道中もあり、ライバルグループとの対決もあり... しかしそんなフリークニックの人気を気に食わないのが、「ザ・ブレイ」の面々。「ザ・ブレイ」はオプラ・ウィンフリー、アル・シャープトン、ラッセル・シモンズ、ビル・コズビー、ジェシー・ジャクソン、OJ・シンプソンが作った秘密結社。アル・シャープトンがパーマかけてるときに殺されて、ロボットになっちゃったりします。この辺に「ブーンドックス」の細胞を感じますね。

T-ペインは前にも書いたように演技とかは下手。でもこの映画はミュージカル仕立てで、T-ペインだけは殆どが歌。なので下手なのも全然気にならない。リック・ロスやシー・ローは割りと台詞がある。でもリック・ロスとヤング・キャッシュはラップを披露。でもシー・ローやビック・ボーイやリル・ウェインは曲披露は無いのが残念!!でもリル・ウェインの使い方とか上手い。このアニメの声優指導したのが、何とデンゼル・ウィッテカー。そう名優2人の名前を持った、「The Great Debaters / グレート・ディベーター 栄光の教室 (2007)」にも出ていた俳優です。T-ペイン以外はみんな割りと上手かった!リル・ジョンの十八番「Oh, Yeah!」も目立たないように上手く使われていたりします。

ワンシーン毎に書いていきたい位に、沢山のネタが詰まっております。キリが無いので全部は書きませんが、何せもうラストは本当に最高!ラストが決まる映画はやっぱり良い!これは絶対に見て欲しいのです!!!特に一番上の意味が分かる人には...

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら。

(5点満点:当初4.75点にしてましたが、ピクルス食べながらやっぱり5点満点にしちゃいました)