SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

『ムーンライト』をより愉しむために

アカデミー作品賞を見事に獲得した『ムーンライト』を観て、一番に感じたのが黒人の詩人たちの世界観。叙情的ながら自分たちらしいリズム、そして言葉に隠された深い意味と感情、心を抉る圧倒的なパワー。特にラングストン・ヒューズに似ていると思った。ラングストン・ヒューズの生き方と『ムーンライト』の主人公が重なり合う部分が多いからだ。

まず、ラングストン・ヒューズ。黒人文化の中枢であり源である「ハーレムルネッサンス」の中心人物。ハーレムルネッサンスとは1920年代にニューヨークはハーレムを中心に活動していた作家・画家・ミュージシャン・活動家などが集まった芸術的ムーブメント。作家ゾラ・ニール・ハーストンやラングストン・ヒューズは、南部(ヒューズが生まれたミズーリー州は南部に含まれない時もあるけれど)で生まれている。1910年代のハーレムの黒人人口はたった10%、それが1930年には70%になっていた。第1次世界大戦後、国の為に戦った兵士たちが帰国。他の国を自由にさせる為に戦ったのに、自分たちは自国で自由ではないという不満が勃発。そして1919年には「レッド・サマー」と呼ばれた全米各地で暴動が多数勃発。南部での黒人差別に嫌気を感じていた人々が自由と仕事を求め、北部や西部に移住する「グレート・マイグレーション」が進んでいく。1925年に発売されたアレン・ロックの「ニュー・ニグロ」という本により新世代の黒人の姿が明らかとなり、ハーレムルネッサンスの格子が明らかになった。ヒューズやハーストン、そして他の芸術家たちが集まり「Fire!!」という雑誌を作っていたのだ。そしてデューク・エリントンキャブ・キャロウェイ、そしてルイ・アームストロングなどのミュージシャンは「コットン・クラブ」に集まり演奏していた。

ラングストン・ヒューズは正式に公言はしていないが、研究者たちの間ではヒューズは同性愛者だったと言われている。彼の作品の中にそれと思われる秘密コードが隠されているからだ。そして作品の数々にそれを思わせる。

ラングストン・ヒューズと同性愛については、先日もおススメしたロドニー・エヴァンス監督の『Brother to Brother / 日本未公開 (2004)』や、アイザック・ジュリエンの『Looking for Langston / ルッキング・フォー・ラングストン (1989)』に描かれていますので、是非ご覧ください。

Poem - Langston Hughes
詩 - ラングストン・ヒューズ

おれはおれの友を愛していた
やつはおれの元から離れていった
それ以上話す事はなにもない
詩は終わる
始まった時と同じように優しくー
おれはおれの友を愛していた

I loved my friend.
He went away from me.
There's nothing more to say.
The poem ends.
Soft as it began-
I loved my friend.

この「詩」は『ムーンライト』の主人公そのもののような気がしてならない。

Wonder - Langston Hughes
奇跡 - ラングストン・ヒューズ

まだ青がかった夕方
明かりはまだついていない
あっちを見ろよ!
今、明かりがついたんだ!

Early blue evening.
Lights ain't come on yet.
Looky yonder!
They come on now!

『ムーンライト』の象徴「青」を感じさせる詩。

Lullaby - Langston Hughes
子守歌 - ラングストン・ヒューズ
(割愛)

お月さま、お月さま
夜に口づけする
大きなダイアモンドのようなお月さま
おお、小さな黒い赤ん坊よ
夜のように黒い赤ん坊よ

Moon,Moon,
Great diamond moon,
Kissing the night.
Oh, little dark baby,
Night black baby,

長い詩なので割愛させて頂きましたが、『ムーンライト』の月を感じる。シャイロンとケビンで2人で眺めた月。

I, Too - Langston Hughes
おれだって - ラングストン・ヒューズ

おれだってアメリカを歌う

おれの肌は黒い方だが兄弟だ
客が来ると
やつらは俺を台所へと追いやる
けどおれは笑い
そして良く食べ
そして強くなる

明日には客が来たって
おれはテーブルにつくさ
そん時は
誰もおれに「台所で食え」なんていえるものか

それにやつらは
どれほどおれが美しいか気づき
恥じる事になるだろうよ

おれだってアメリカを歌うんだ

I, too, sing America.

I am the darker brother.
They send me to eat in the kitchen
When company comes,
But I laugh,
And eat well,
And grow strong.

Tomorrow,
I'll be at the table
When company comes.
Nobody'll dare
Say to me,
“Eat in the kitchen,"
Then.

Besides,
They'll see how beautiful I am
And be ashamed-

I, too, am America.

長い詩ですが全文。様々な人が居て、様々な趣味・思考を持つ事で、豊かな社会になる。黒人、同性愛者、いじめられっ子、麻薬売人、麻薬中毒者。社会からは道を外した麻薬売人は、シャイロンにとって生きる価値を見出してくれた父親的存在だった。彼らも存在している事を映画は語りかけ、彼らもアメリカを形成している事を語りかけている。

如何でしたか?専門家が素敵な訳書を出してくれておりますが、勝手に載せてはいけないかもなので、悪筆乱文ながら私が訳しました。そしてもちろん、『ムーンライト』を感じさせる詩はラングストン・ヒューズ以外にもあります。『ムーンライト』はこのようにラングストン・ヒューズや他のハーレム・ルネッサンスの真髄まで吸収しつくした作品であるとハッキリ言える。その奥深さと歴史故に、人々の心を抉るのだ。もちろんハーレムルネッサンスを知らなくても『ムーンライト』は十分に楽しめる。けれど、ここからの歴史が『ムーンライト』を輝かせた事も知って貰いたかった。そこに辿り着くのは大変な道のりだった。ラングストン・ヒューズの有名な詩「母から息子へ」の言葉を借りれば、「クリスタルの階段みたいなもんじゃなかった」。