SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

When Hell Freezes Over, I'll Skate / 日本未公開 (1979) (TV)

Cast >> Jeffrey Anderson-Gunter, Brenda Braxton, Lynne Clifton-Allen, Cleavant Derricks, Clinton Derricks-Carroll, Lynne Thigpen, Reginald VelJohnson, Marilyn Winbush
Director >> Emile Ardolino, Vinnette Carroll
Writer >> Jeffrey Anderson-Gunter, Brenda Braxton, Lynne Clifton-Allen
Producer >> Emile Ardolino, Judy Kinberg
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント >> 5/5点満点
Contents >> 5 Performance >> 5 Direct >> 5 Music >> 5

Black and Beautiful, and sing about me, and put on plays about me!
若い男性4人(クリーバント・デリックス、クリントン・デリックス=キャロル、レジナルド・ヴェルジョンソン、ジェフリー・アンダーソン=ガンター)、そして若い女性4人(ブレンダ・ブラクストン、リン・クリフトン=アレン、リン・シグペン、マリリン・ウィンブッシュ)は、黒人詩人の歌を詠み歌い踊り、南北戦争の頃からの黒人の歴史をたたえるのだった。

私が特に詩が好きだからかもしれないが、この熱い舞台に力が入り楽しませてもらった。黒人詩人の数々の素晴らしい詩と、熱いパフォーマンスはヴィネッタ・キャロルの演出により、素晴らしいエネルギーで一体化している。演出が素晴らしく沢山の種類のしっとりとなる歌もあったり、楽しい踊りもあったり、力強く詩を聞かせたりと飽きさせない。それは様々な形で黒人の歴史を称えているようにも見え、多種多様な黒人の姿を見る事になる。

舞台の楽しさと素晴らしさが演出によって見事に映像化されている作品。ラングストン・ヒューズやポール・ローレンス・ダンバーの魂の詩がエネルギッシュに伝わってくる。

(7/21/11:DVDにて鑑賞)