SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

彼らの築いた歴史が暴くこの脚本の秘密『Way Down South』

久々のクラシック映画。RKO作品。これを見ようと思ったのは、なんとあの詩人ラングストン・ヒューズが脚本を書いているから!!!!!とびっくりマークを5つも贅沢に使ってしまうほど驚いた。しかも脚本家としてのデビュー作。一緒に書いたのが、名優クラレンス・ミューズ。クラレンス・ミューズは当時では早くから黒人自身が脚本を書く大事さに気づいていた俳優。この時代の映画では、黒人はメイドや執事の役、そして怠け者で道化師の役ばかりの頃。その頃に自分で黒人の姿を描く事を目指したのが、クラレンス・ミューズ。俳優としては、フランク・キャプラ監督に気に入られていた。そんなミューズがあのラングストン・ヒューズと共同で脚本を書いた作品...と書くとテンション上がりますよね!

タイトル通り、「とてもとても南部」なルイジアナが舞台。しかも南北戦争が起こる前の南部。という事は、まだ奴隷時代という事です。しかし、この作品には最近の奴隷映画『12 Years a Slave / それでも夜は明ける (2013)』や『Django Unchained / ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)』のような目を覆いたくなる奴隷への酷い仕打ちの場面は全くない!逆に、この映画の舞台のプランテーション(大農園)で働く奴隷たちは、優しい主人の下で、歌いながら踊りながら生活しているとてもとても幸せな奴隷たち。しかーし!その主人が事故で亡くなってしまう。残されたのはその主人の養子となっているまだ幼い男の子ティム。悪徳弁護士のせいで、主人の遺産はすべてその弁護士の元へ...奴隷も手放さなくてはならず...幼い男の子ティムはプランテーションと奴隷たちを救えるのか?

幼い男の子ティムを演じたボビー・ブリーンはRKOの子役スターで、この時代にしては出演作が少ないけれど、一時期はあのシャーリー・テンプルのライバルとも言われた男の子。この映画でも歌っているけれど、マジで歌が上手い!

が、しかしである。これ本当ーーーーーーにヒューズとミューズが書いた脚本なのだろうか?私の中でヒューズは、魂から言葉を捻り出す奥深い詩人だ。ヒューズもミューズも私の中では政治的に開眼した活動家でもある。何となくだけど、2人で脚本は書いているけれど、スタジオ側か監督にずさんに改ざんされたとしか思えない。いやむしろその方が自然な考え方だ。ミューズ脚本の『Broken Strings / 日本未公開 (1940)』はこの作品と違っていたし、ヒューズの戯曲『Black Nativity』(戯曲を元に2013年に映画化されてますが、それじゃなくて戯曲の方)はやっぱりこの作品とは趣が違う。黒人映画歴史の権威ドナルド・ボーグルも「Broken Stringsのミューズが一番」と書いている。やっぱりあまりにも温度差があるから、そういう事だよねーと(´・ω・`)。どうやらクラレンス・ミューズは別の人と共に同じタイトル「Way Down South」という本を出していて、それは南部を回る黒人のヴォードヴィルパフォーマーの物語。なので元々はやっぱり違う話だった。

この中で奴隷たちが歌う「Louisiana」や「Good Ground」もラングストン・ヒューズとクラレンス・ミューズの共同作品。大農園で大勢の奴隷たちが歌い踊るシーンは圧巻。あれをミューズとヒューズはやりたかったんだろうなーとは思いました。

Way Down South / 日本未公開 (1939)(3.75点:1553本目)