SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

『ムーンライト』の先駆者たち

『ムーンライト』がアカデミー賞の作品賞を取ってくれて、本当に良かった。そしてこの映画で本当に良かった。心からそう思う。なぜなら日本では特にオスカーを取った作品だからというだけで作品を観てくれる人が多数居るからだ。そうして『ムーンライト』を観て気に入った人の中には、この映画の問題が気になって続けて同じような作品も気になって観てくれる人も少なからず居る筈。バリー・ジェンキンス監督の前作『Medicine for Melancholy / 日本未公開 (2008)』を観たいと思う人や、マハーシャラ・アリの過去作品を観たいとレンタル店で手に取る人もいる筈。また、黒人のLGBTQについてもっと知りたい!と思う人もいるかもしれない。今回はそんな人たちの為に...

『ムーンライト』についての100本映画は既に書いているが、祝・日本公開決定!という事もあるし、私的にも色々とあるので、3日連続で書いてしまいましょう!まだ言い足りない事一杯あるし。

実は『ムーンライト』以前にも同性愛者と黒人の現状を描いた作品は幾つもあった。恐らく全く知られていないだけで、中には優れた作品もある。黒人LGBTQ映画は、毎年何十本も制作される訳ではないが、割りと確立されたジャンルである。

その中でも一番有名なのが『Young Soul Rebels / ヤング・ソウル・レベルズ (1991)』だ。ただこの作品はアメリカではなくイギリスが舞台。イギリス人のアイザック・ジュリエン監督作。カンヌ映画祭で賞を受賞した程。イギリスの社会問題、そしてもちろん人種差別に同性愛者への偏見など、イギリスらしい反骨精神で描いた名作。ジュリエン監督はその前の『Looking for Langston / ルッキング・フォー・ラングストン (1989)』でもラングストン・ヒューズの作品と性アイデンティティが語られる作品を作っていたし、自らが同性愛者である事をオープンにしているが、最近は特にLGBTQ映画を作っている訳ではない。

アメリカで一番有名で人気あるのが『Paris Is Burning / パリ、夜は眠らない。 (1990)』。ドキュメンタリー映画になってしまいますが、この映画は本当に面白い。追われた被写体たちが、キラっキラしていて美しい。当時のボール文化を見事に映し出している。オピューレンス!

私が昔から口酸っぱくなる位に推しているのが『Brother to Brother / 日本未公開 (2004)』。アンソニー・マッキーが有名になる前(つまりファルコンになる遥か前)に出演している作品。黒人の同性愛文化と言えばハーレムルネッサンス。という訳で、そのハーレムルネッサンス時代を支えた作家が、若きマッキーと出会い、ハーレムルネッサンス時代ついて語り、性アイデンティティに悩む若きマッキーの背中を押す。この作品の監督ロドニー・エヴァンスは同性愛者として、他にも『The Happy Sad / 日本未公開 (2013)』などを撮っている。

アメリカ黒人の同性愛者の監督として一番有名なのが、恐らくシェリル・デュニエ。『The Watermelon Woman / ウォーターメロン・ウーマン (1996)』で強烈な印象を残した女流監督。ベルリン映画祭のLGBTQ部門の賞テディ賞を受賞!シェリル・デュニエの初期の短編などについてはこちらにまとめてあります。

最近積極的なのがディ・リース。スパイク・リーの元でNY大で勉強し、そして映画制作でスパイクに制作総指揮として手助けしてもらったのが『Pariah / アリーケの詩(うた) (2011)』。そういう世界があるんだ!と非常に面白かった。そして同性愛者だったと言われているベッシー・スミスを同性愛者だと噂されているクイーン・ラティファが演じた『Bessie / BESSIE/ブルースの女王 (2014) (TV)』もエミー賞を受賞したりと成功させている。既に映画祭などで評判の良い次回作『Mudbound / マッドバウンド 哀しき友情 (2017)』は、今の所観た感じLGBTQとは関係無さそうだ。

あと同性愛者だと公言している『Empire 成功の代償』などで知られる俳優ジャシー・スモレット主演の『The Skinny / 日本未公開 (2012)』という作品もある。こちらは割と軽快な作品。パトリック・イアン=ポーク監督も同性愛者についての映画を撮り続けている。『Blackbird / 日本未公開 (2014)』や、TVシリーズ『Noah's Ark』とかも成功させている。

Tangerine / タンジェリン (2015)』も忘れてはいけない。トランスジェンダーの2人の主人公が印象的な作品。あとトレンスジェンダーとして生きて行くのか高校生が悩む『Gun Hill Road / 日本未公開 (2011)』は全く有名じゃない作品だが、とても印象に残る素晴らしい作品。両作品ともに本物のトランスジェンダーが好演。

マーロン・リッグス!彼は映画監督、そして活動家としても有名だった。自身が同性愛者で映画監督という人達の先駆者。恐らく一番リスペクトされている筈。『Tongues Untied』が有名ですが、私は観ていないどころか、サイトに登録もしていないので、近々観て登録します!彼の作品で唯一観ているのが『Black is... Black Ain't / 日本未公開 (1994)』。

という感じで、大体が90年代以降の作品になるのです。が、実はその前に制作されている紹介したい作品がある。『Portrait of Jason / 日本未公開 (1967)』という作品。実はチャンネルを変えている時に偶然見つけた作品なので、全編観ていない。同性愛者でキャバレーのパフォーマーだったジェイソン・ホリデーが自らをただただ語るドキュメンタリー。語り口が面白くて見入ってしまう。いずれちゃんと通して見たい作品。なんと国立フィルム登録簿入りしている。

他にもトランスジェンダーが出てきたり、同性愛者が出てくる映画はある。飽くまでも題材となっていて、描かれているものを集めた(それでも全てではない)。原作ではそれが描かれているのに、映画化で削除されてしまった『The Color Purple / カラーパープル (1985)』なんていう残念なものもある。

バリー・ジェンキンス監督は奇跡の人だ。監督の出身校フロリダ州立大は、とても素晴らしい大学であるけれど、ここ出身の映画監督は聞いた事がない。アメリカンフットボールの名門校という印象がかなり強いのだ。しかもジェンキンス監督は、この映画の題材の一つである同性愛者ではない。脚本の原作となる戯曲家のタレル・アルビン・マクレイニーは同性愛者だと公言している。そんな2人の物語が綺麗に合わさった奇跡がこの映画だ。

これを書こうと思った時に見つけたのが、黒人の同性愛者が語る『ムーンライト』の感想を語る映像。その中で圧倒的に語られていたのが、もっとこういう話が見たい!というものだった。結構昔から色んな話が語られているのにな...と私は思った。そんな彼らの声を結構な確率で聞いている私のまとめでした。