SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

The Skinny / 日本未公開 (2012) 1439本目

大人気TVシリーズ『Empire 成功の代償』では次男のジャマールを演じているジャシー・スモレットが主演。彼が成功する直前の作品。『Empire』で成功する前は、どうも妹のジャーニー・スモレットの方が小さい頃から天才子役として知られていたので、彼女のお兄ちゃんだなっていう印象しかなかった。すまぬ。そんなジャシー・スモレットは、『Empire』のジャマールがそうであるけれど、ジャシー本人も同性愛者。TVで堂々と告白したのも話題になった。という訳で、この作品でも同性愛者を演じている。というか、アメリカにはそういう映画ジャンル(所謂ノン・ポルノで)まであり進んでいる。

マグナム(ジャシー・スモレット)は、店先で恋人のライアン(ダスティン・ロス)と堂々とキスをしていた。毎週ライアンと過ごしているマグナムだが、今週末はゲイ・パレードに参加する為、ブラウン大学時代の仲間がやってくる事になっていた。ライアンは「せっかくなんだから友達と楽しんで来なよ」と、快く送り出した。LAで芸能関係の仕事をしているカイル(アンソニー・バレル)、アトランタ在住のジョーイ(ジェフリー・ボイヤー=チャップマン)、パリに居たセバスチャン(ブレイク・ヤング=ファウンテン)、唯一の女性でイェール大に在籍中のラングストン(シャニカ・ウォーレン=マークランド)が集まった。未だあどけなさが残るセバスチャンは、ずっとカイルを思い続けているが、カイルは気が合えば誰とでも寝てしまう男であった。しかし、今回はセバスチャンが一番最初の相手はカイルと決めてやってきた。そんなセバスチャンを後押しする仲間だったが、マグナムの相手ライアンの浮気を発見し...

この作品の監督・脚本家のパトリック・イアン=ポークは、同性愛者をターゲットにしたTVチャンネルにて『Noah's Ark』というシリーズを手掛けた。私はそのTVシリーズにもチャンネルにも出会った事がない(南部なのでお察しください)が、どうやら人気らしい。そんな彼の最新作は『Blackbird / 日本未公開 (2014)』。そちらの方を先に見ている。結論からいうと、この映画は面白かった。同性愛者でも様々な趣味嗜好を持った人たちがいて(当然だけど)、それがそれぞれのキャラクターになっていたのが面白い。一途な人に、誰とでも寝れる人、ポルノ好き、奥手、完璧主義者... やっぱり未知な世界を知るのは楽しい。こういう形なら尚更楽しい。

最新作の『Blackbird』の方はなぜか刺さってこない作品だったけれど、こちらは何だか刺さってくる。ジャシー・スモレットも良かったけれど、セバスチャンの可愛らしさといったら!ちょっとお姉系だけど、仕草とか表情が可愛い。ジョーイやラングストンも面白かったし、カイルは眼福。何かそれぞれが本当にキャラクターにぴったりで、仲間ぽい。なんていうか同性愛者版『セントエルモス・ファイヤー』みたいな?物語的にも全然違うけれど、同じ群像劇の面白さがあるんですよね。

あ、そうそう、この映画で車でHIVの検査をしてくれるヘテロの医者?看護師?を演じていたのが、『ウォーキング・デッド』のガブリエル神父!今回はウザくないです。素敵な医者?看護師?です。

そしてなぜかこの映画は最後でホイットニー・ヒューストンへこの映画を捧げられております!なぜかは本当に分からない!けど。

感想やあらすじはこちら

(4.25点/5点満点中:1/25/16:DVDにて鑑賞)