SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Looking for Langston / ルッキング・フォー・ラングストン (1989)

Cast >> Ben Ellison (Alex),l Matthew Baidoo (Beauty), Akim Mogaji (James), John Wilson (Karl), Dencil Williams (Marcus), Guy Burgess (Dean), James Dublin (Carlos), Harry Donaldson (Leatherboy), Jimmy Somerville (Angel) ...
Director >> Isaac Julien
Writer >> Isaac Julien
Producer >> Nadine March-Edwards
Genre >> Biography

総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

"This is what I'm gonna sing I feels de blues a comin'"
ハーレム・ルネッサンスの中心的人物で詩人のラングストン・ヒューズの人物像を彼の詩や彼の仲間の詩や歌、そしてそれらにインスピレーションを得たアイザック・ジュリアンの映像によって表現していく。

ラングストン・ヒューズ。アメリカ文学でも必ず語られる人物である。アフリカ系アメリカ人の文学の翻訳本が少ない日本でも彼の詩集は何作も訳されているほどである。そんなヒューズの功績を、アイザック・ジュリアンが蘇らせる。とても不思議な作品で、所謂ドキュメンタリーでもないし、ドラマ作品でもない。しかし映像で彼の人生が語られていくという、映画そのものらしい作品ではある。アイザック・ジュリアンは、同性愛者であり、それを映画で語り続けている。この作品も、ヒューズの同性愛者という面が大いに語られているのである。ジュリアンの解釈で、ハーレム・ルネッサンス時代の同性愛者たちの愛が美しく表現されているのだ。

アイザック・ジュリアンが愛する愛しいラングストン・ヒューズとブルース・ニュージェントの世界観が切なく伝わってくる映像美。

(10/29/14:DVDにて鑑賞)