SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

An En Vogue Christmas / 日本未公開 (2014) (TV) 1302本目

またまたライフタイムチャンネル制作・放送の作品ですよ。ライフタイムチャンネルは、先日アリーヤの自伝映画『Aaliyah: The Princess of R&B / 日本未公開 (2014)』を放送し、その出来の酷さにツイッターではずーーっと「ライフタイムが自伝映画を作るとこうなる」というハッシュタグが出来て、全然違う人になっちゃう!という祭りが開催され、ライフタイムは八つ裂きの刑になったほど。今度は女優アンジェラ・バセットが初監督に挑むホイットニー・ヒューストンの自伝映画『Whitney / 日本未公開 (2015)』が控えている。そんな中、クリスマス企画として制作されたのが、女性ヴォーカル・グループのアン・ヴォーグの映画!わお!でも、期待は出来ないよなーと半信半疑で鑑賞。でもでも、大好きな『Blankman / ブランクマン・フォーエバー (1994)』のアザーマン!事、私のアイドルであるデーモン・ウェイアンズの連れというか相性ピッタリのデビット・アラン・グリアが出演なので、ソコソコ期待しながら鑑賞。ところが!!ソコソコどころか、私、ボロボロ泣きながら観ちゃいました。

サンフランシスコにあるクラブ「オペラハウス」は、アン・ヴォーグの恒例のクリスマスライブで盛り上がっていた。クラブオーナーのまだ小学生位の娘ケンダルもお手伝い。一生懸命働くパパ(アーノルド・ピノック)が大好きなケンダル。それ故に、アン・ヴォーグのマネージャーである叔父のマーティ(デビット・アラン・グリア)ばかりが認められる事を悲しく思っていた。パパも一生懸命働いているのに!と。私もパパみたいに働いて頑張る!とケンダル。そのケンダル(ジェネル・ウィリアムス)も大人になり、有名な歌手のPRとして活躍していた。父亡きあと、オペラハウスの経営をしていたのが、叔父のマーティだった。マーティとは色々な事情で敬遠していたケンダル。しかしオペラハウスが倒産しそうだと聞き、父が残したクラブを残そうと、ケンダルは動く事になる。クラブを残すには、やはりあのアン・ヴォーグのクリスマスライブしかない!と、テリー・エリス&シンディ・ヘロン&ローナ・ベネットの3人に話をするケンダル。しかしアン・ヴォーグの3人もマーティにお金を横領された事で確執があり、そしてそれぞれ歩みだした生活もあるので、出演を渋るのだったが...

というお話。分かりやすいんだけど、意外とえー!という驚きもあり、先は割りと見えないっすよ!まあ何よりも良いのが、アン・ヴォーグの歌を聞ける事でしょう!テリーの「Free Your Mind」のアカペラとかさすが!!でしたよ。確かにオリジナルの4人じゃないのは残念ではあるけれど、それでも面白かった!まあドーン・ロビンソンがこの映画について「訴えてやる!」とダチョウの上島氏のように怒っているらしいですけど... まあドーンは一番最初に脱退しちゃって、テリーとシンディがその間アン・ヴォーグを消滅させまいと頑張った訳だし、ドーンはアン・ヴォーグについてはあまり言えないんじゃないかと...思う。新しく入ったローナ・ベネットが頑張っているよ。彼女はこの映画の中では、恋との両立で悩む。というか、恋人が野心家なので、アン・ヴォーグと彼との間で悩むという、中々面白いキャラをつけてもらって出ている。しかも彼氏がバービー人形の彼ケンみたいな男前。しかも、そのローナがこういう女性グループの脱退&加入にはありがちな...後に入ってきたメンバーの浮いた感じがしていなくて良い!多分シンディ・ヘロンがその辺を上手くやっていたんじゃないかなーっていう感じが、映画の中からも受け取れたのが面白かった!というシンディと言えば、横浜の暴れん坊助っ人外国人グレン・ブラッグスですが、この映画の中では特に元野球選手として描かれてはいない。その代わりにとても理解のある優しい夫として描かれていた!その夫と共にすっかり家庭に入った奥様&お母さんを演じていたのがシンディ。それで家庭に入った女性が職場に復活する不安とかを、シンディを通じて描いていたのが面白いのだ!シンディと言えば『Juice / ジュース (1992)』だよね!オマー・エプス演じた主人公Qの年上彼女役!テリー姉さんは、グループのリーダー的存在でまとめ役!ザ・ディーバ!なのですね。

アン・ヴォーグと言えば、歌だけでなく、その美貌でも話題になったグループ。4人共にモデル並で、それ故に衣装・化粧についての逸話や武勇伝も多い。90年代はこぞってコメディアンたちがジョークにしていた程!なので「ホットなステージ用衣装を用意する事!」というテリーの台詞が最高でしたな。確かに老けたなとは思った。けれど、今の3人のアン・ヴォーグだからこそ出来たクリスマス・スピリットに溢れた作品だったよ!ライフタイムにしては頑張った!あ、デビット・アラン・グリアについても語りたかったけど...またいつか機会があれば... DAG泣かすぜぇー!!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4.25点/5点満点中:11/22/14:TVにて鑑賞)