SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Day Late and a Dollar Short / 日本未公開 (2014) (TV) 1227本目

テリー・マクミランの小説が原作のTV映画。テリー・マクミランと言えば「Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)」ですよね!他の作品も必ずや映画化されている位、黒人女性の間で支持を受けている作家。彼女の小説の中では「えくぼ消さないで」が一番好き。それは「Disappearing Acts / フェイス・イン・ラブ (2000) (TV)」としてTV映画化されておりますね。という訳でこちらは「プライス一家は、いつも一日遅れ」がTV映画化!しかも主演にはやはりテリーの小説が映画化された「How Stella Got Her Groove Back / ステラが恋に落ちて (1998)」にも出演していたウーピー・ゴールドバーグ!!

という事で、ウーピー・ゴールドバーグはこの映画の主役ヴァイオラを演じている。夫のセシル(ヴィング・ライムス)とはもう膠着状態。子供たちはみな30歳を越して家には居ない。セシルは引退してフロリダにでも越してゆっくり過ごしたいなーと思っているけど、ヴァイオラはそんな事どうでもいい。喧嘩をして、別居となった。そして3ヵ月後、ヴァイオラは喘息が悪化して倒れる。30年間タバコを吸い続けたツケである。病室にセシル、そして娘のシャーロット(ティチアナ・アーノルド)、パリス(アニカ・ノニ・ローズ)、ジャネル(キンバリー・エリス)、そして1人息子のルイス(メキー・ファイファー)に集まった。彼等はそれぞれ問題や悩み、そして嫉妬等もあって、顔を合わせれば喧嘩が始まってしまう。ヴァイオラが倒れている病室でもだ!そんなヴァイオラは、自分の寿命が長くない事を知る。ヴァイオラは子供たちにはその事を伝えず、なんとか彼等が家族としての絆を取り戻すように、根回しをしていくが...

お母さんが頑張るタイプの感動作。泣いちゃうよね。しかもそういう泣いちゃうような映画やTVドラマを沢山作っている「ライフタイム」チャンネルにて放送。この前の泣いちゃったガブリエル・ダグラスの自伝映画もこのチャンネル。もう「ライフタイム」って聞いちゃっただけで泣いちゃうもん。でもうちの夫の若い従兄弟君は、ライフタイムチャンネルばかり観ていると聞いて、軽く引いた事はある。ライフタイムとホールマークチャンネル観ている男は繊細過ぎるよねと、思ってしまいます。偏見なのは分かっておりますが... でもなんとなく分かってくれるでしょ?でも、テリー・マクミランの小説は感動作じゃないので、今回泣いちゃったのは自分でびっくり。テリーはなんていうか都会的な成功した女性像の描写が上手いと思っていたので、こういう家族愛的な作品でびっくり。

というか、あれ思い出した!黒人家族を描いた名作「Soul Food / ソウル・フード (1997)」!ほぼ一緒的な... というか、黒人家族は揉めがちだよね。って、黒人家族に嫁いだ人はよーーーく分かってくれると思う。うちの家族はかなーーーりまともで真面目な方だけど、それでも揉めてる。ってこれ打っている横でね、うちの夫は妹と電話して家族問題を話しているwww。従兄弟とかの悪口言ってるよwww。なんていうか、この映画でもそうだったけど黒人同士だとかなーーーり率直に言い合うから揉めるよね。お互い心を開けているからこそ喧嘩しているっていう感じ。あと嫉妬心も強いよね。シャーロットみたいなずーーーっと文句言っている人も多すぎだよね。ティチアナ・アーノルド、リアル過ぎる熱演。こういう役やらせると、彼女は最高だよね。適役。そしてウーピー・ゴールドバーグはいつも通り最高!彼女のコミカルな演技が余計に最後にグッと来るんだよねー。

という訳で、ウーピー・ゴールドバーグのさすがの安定感とテリー・マクミランの意外性が楽しかった作品でした!

感想やあらすじやオフィシャルサイトはこちら

(4点/5点満点中:4/25/14:TV放映にて鑑賞)