SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

A Day Late and a Dollar Short / 日本未公開 (2014) (TV)

Cast >> Whoopi Goldberg (Viola), Ving Rhames (Cecil), Mekhi Phifer (Lewis), Anika Noni Rose (Paris), Kimberly Elise (Janelle), Tichina Arnold (Charlotte) ...
Director >> Stephen Tolkin
Writer >> Shernold Edwards, Terry McMillan (novel)
Producer >> Bill Haber, Jeffrey M. Hayes
Genre >> Drama
Country >> USA

総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 4

"This is it Lord? If it is, I just want my kids to be happy"
子供たちも30歳を超え巣立っていった。夫セシル(ヴィング・ライムス)はフロリダで余生を暮らしたいと言っているが、ヴァイオラウーピー・ゴールドバーグ)はそんな気はもう無かった。セシルとは別居を始めるヴァイオラ。しかし悪化している喘息が酷くなり倒れた。病室に駆けつける子供たち。シャーロット(ティチアナ・アーノルド)はいつも怒っていて、パリス(アニカ・ノニ・ローズ)に嫉妬している。そのパリスは料理家として成功を収めていたが、1人でティーンの息子を抱え、ペインキラーの薬に頼っていた。ジャネル(キンバリー・エリス)は再婚し幸せだったが、年頃の娘が反抗している。ルイスは唯一の息子で、IQは146もあったが、今は刑務所を出たばかり。息子が居るがなかなか会えていない。ヴァイオラが寝ている病室でも彼等は喧嘩を始めてしまう...

「ため息つかせて」等で人気の作家テリー・マクミラン小説が原作のテレビ映画。割りとオーソドックスな家族模様が描かれている。なんというか、懐かしいとすら感じる90年代の名作「ソウルフード」を思い出させる。それぞれが問題を抱えていて、親がそれをどう解決していくのか?今回はウーピー・ゴールドバーグが中心。このウーピーの母親像が想像通りの力強さがあって素敵だった。そしてウーピーなので、もちろんコミカルにそれが描かれているので観やすいのだ。ケーキのローソクが消せない所は表情といいさすがだ!テリー・マクミラン的な素敵でパーフェクトな男性は絶対に見つかる!というのも、今回も確かにあるのですが、以前に比べるとそこの描写は薄い。

この手の家族ドラマは似ていようが、何度観ても面白い。暖かい気持ちに必ずさせてしまいます。狙い過ぎな感じは受けますが... ウーピーが面白いし素敵なので許しちゃう!

(4/25/14:TV放映にて鑑賞)