SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*奈緒さん&風間俊介さん出演の舞台『恭しき娼婦』のパンフレットに寄稿。(6/4/22)
*TOCANA配給『KKKをぶっ飛ばせ!』のパンフレットに寄稿。(4/22/22)
*スターチャンネルEX『スモール・アックス』オフィシャルサイトに解説を寄稿。(3/29/22)
*映画秘宝 5月号にて、連載(終)&最後のサイテー映画2022を寄稿。(3/21/22)
*「This is Charles Burnett チャールズ・バーネット セレクション vol.1」にコメントを寄稿。(3/19/22)
*キネマ旬報 3月上旬号の『ドリームプラン』特集にて、ウィル・スミスについてのコラムを寄稿。(2/19/22)
*映画秘宝 4月号にて、連載&オールタイムベストテン映画を寄稿。(2/21/22)
*映画秘宝 3月号にて、ベスト10に参加。(1/21/22)
*映画秘宝 2月号にて、連載&『レッド・ブレイク』レビューを寄稿。(12/21/21)
*名作映画鑑賞会 in 京都みなみ会館にて上映される『ウォーターメロンマン』についてパンフレットに寄稿。(12/03/21)
*映画秘宝 12月号にて、連載(パム・グリア#2)&メルヴィン・ヴァン・ピーブルズ&マイケル・K・ウィリアムズ追悼、『リスペクト』、『エターナルズ』のブライアン・タイリー・ヘンリーとローレン・リドルフを寄稿。(10/21/21)
*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
過去記事

Homie Spumoni / 僕のアイデンティティーは一大事?! (2006) 1163本目

意外とこういう映画が日本では放送していたりするんだよね。さすがに未公開でしょ!と思って検索して、あったりすると驚きよ。Wowowで昔放送したらしい。ウーピー・ゴールドバーグ出ているからかな?

主役はドナルド・フェイゾン。日本語ではなぜかフェイソンになってますが、Sはにごってゾンね。日本では「Scrubs」とかも放送していて、そっちでも知られているのかな?私、「Waiting to Exhale / ため息つかせて (1995)」でロレッタ・ディヴァインの息子役やっていた時に、「何?滅茶苦茶可愛い!」と思って、滅茶苦茶調べた思い出がありますわ。アイドル顔だよね。そのフェイゾンがリナートという青年を演じている。イタリアの川に流れていたのが、赤ちゃんのリナート。なんでイタリアの川に流れていたのかは、後で明らかになる。まあ日本だって桃太郎が入った大きな桃が流れていたんだから、イタリアの川にリナートが流れる事だってあるのさ!と、日本人なら納得出来るかもしれない??しかも、桃太郎と同じく、拾ったのは子供に恵まれなかったマリア。まあ実際には他の女性が見つけたのだけど、マリアが奪った形。警察に連れていけと説得されるも、はいはい...と聞き流すマリア。しかも赤ちゃんは褐色の赤ちゃんだった。マリアと夫エンゾーは生粋のイタリア人なので、怪しまれる... ならば「アメリカなら皮膚の色でジャッジされる事はない!」と、アメリカに渡ってしまう。凄い展開。無事にアメリカに渡り、イタリアンデリを経営。成長したリナートもそこを手伝う。周りはみんなイタリア系で、リナートもイタリア語が得意。好きなのはイタリア系の音楽にホッケー。食べる物も当たり前ながらイタリア料理。何も違和感なかった。好きな女の子が出来て、ユダヤ系のアリ。でもアリ側は母親がうるさいので、イタリア系のカトリックのリナートと付き合っている事を隠している。アリは看護士なので、お母さんは病院の先生と付き合ってもらいたいと思っている。所がそれが全部変わってしまう!リナートが家に帰ると、黒人夫婦ジョージとテルマ(ポール・ムーニー&ウーピー・ゴールドバーグ)が居たのだった... リナートはその2人の息子だったのだ!

と、何か80年とか90年初期の匂いが漂う。悪名高い「Soul Man / ミスター・ソウルマン (1986)」とか他にも「True Identity / トゥルー・アイデンティティー/正体知られて大ピンチ (1991)」とか「Livin' Large! / 日本未公開 (1991)」とか。でもここでは黒塗りも白塗りもなし。ただ後天的なアイデンティティとは?というのを問う。育ての親と実の親。こればかりは本当に難しい。これって話題になっている「そして父になる」と同じテーマなんでしょ?私自身は、自分で産んで育てているので、自分の子供のDNAには本当に脅かされる事が多い。しかもずっと一緒なので、いきなり引き離されたら?とかマジで考えたくもない。でも中には、自分の親じゃない人に育てられて、幸せな子供なんてこの世の中には沢山存在している。どれが正解なんて後になってからじゃないと分からないのが実際の所。でも子供の人生は親に左右されるのも事実。という難しい面のある作品。作品に戻ると、この映画での実の親ウーピー・ゴールドバーグとポール・ムーニーは、実にいい夫婦であり親なのよ。完全に中身はイタリア人のリナートに無理強いしない。でもウーピー・ママが「一度だけのお願い。だからママって呼んで」というシーンは、ウーピーが本当にママに見えた瞬間。そして呼んでもらって、「ごめん、嘘!もう一回!!」っていうシーンも最高。もうあのシーンだけで、ウーピーが好きになってしまう程。得点も演技が4点なのは、ぜーんぶウーピーのお陰。他は酷い。ポール・ムーニー・パパも彼女に電話しな!というシーンが良かったわー。もうだからポール・ムーニー大好き!!日本人でポール・ムーニー好きは、多分アメリカでコメディアンヌとして活躍したTamayoさんと争うレベル。多分1番か2番目よ!つーか、私とTamayoさんだけかもしれない。映画にあんまり出ないからね。あ、あとはクリス・ロックの弟のトニー・ロックが出ているよ。クリス制作のTVシリーズ「Everybody Hates Chris」では、超モテモテでいけている弟と描写されていたのが、トニー。確かにクリスよりは容姿はカッコイイけど、まあ普通だよねwww。でもこの映画ではいい感じの兄弟でしたね!

しかし!色々と酷い。そこは80年とか90年のと変わっていない部分もある。日本人が出てくるのよ。リナートの彼女アリの友達が日本人。完全に日本人じゃないけどね!しかも名前が「ニップ・スー」。もうそれだけで、はいはい(´_ゝ`)ハイハイ ですよ。しかもインシンクの男がジャッ○言ってるしー。要らないよねー。そしてリナートが黒人のアイデンティティを取り戻す為?なぜかダシキ着て、槍もって、「あー!」言ってた。要らないよねー。歌も口パクなのがバレバレで酷い。リアリティのまったくない映画なんだよね。あと一歩なんだよね。あ、でもインシンクの人のオチは凄かったね。

タイトルのHomieは黒人が使う言葉。昔からのダチ。Spumoniは、イタリア風アイスの事らしい。

エスニシティ、家族... 難しい問題をコメディにしちゃうと、こうなっちゃうよね。でもやりようはあるのかなー。あと一歩だよ、あと一歩。つーか、イタリアがホッケー好きとは知らなかった!サッカーじゃないの??教えて、長友ー!

感想やあらすじはこちら

(3点/5点満点中:10/15/13:DVDにて鑑賞)