SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて

An En Vogue Christmas / 日本未公開 (2014) (TV)

Cast >> Terry Ellis (Terry Ellis), Cindy Herron (Cindy Herron), Rhona Bennett (Rhona Bennett), David Alan Grier (Marty), Genelle Williams (Kendall), Eugene Clark (Nathan), Ashanti Bromfield (Saige), Ciara Alexys (Young Kendall/8 years), Daren A. Herbert (Vaughn) ...
Director >> Brian K. Roberts
Writer >> Dayna Lynne North
Producer >> Nicholas Hirst
Genre >> Drama

総合ポイント 4.25点/5点満点中
内容 >> 4 演技 >> 4 演出 >> 4 音楽 >> 5

"We want something really hot to wear on stage"
サンフランシスコにあるクラブ「オペラ・ハウス」では恒例となっているアン・ヴォーグのクリスマスライブで盛り上がっていた。オーナーの娘であるケンダル(ジェネル・ウィリアムス)もお手伝いをしていた。ケンダルは早くに母を亡くし、働き者の父(アーノルド・ピノック)が大好きだった。しかしいつも人に褒められるのは、父の兄妹でアン・ヴォーグのマネージャーであるマーティ(デビット・アラン・グリア)で、それはケンダルをガッカリさせた。それから時が経ち、ケンダルは有名な歌手のPRとして働いていた。父が亡くなった後オペラハウスはマーティが経営していたが、倒産の危機が迫っていた。それを知ったケンダルはアン・ヴォーグにまたクリスマスライブをお願いするが、アン・ヴォーグとマーティの間には確執があり...

最近やたらと映画を作るTV局ライフタイムによって制作されたアン・ヴォーグのクリスマス映画!ライフタイムといえば、先日アリーヤの自伝映画でかなりの批判を浴びた。なので期待は出来ない。しかもアン・ヴォーグの元メンバーであるドーン・ロビンソンが映画にご立腹という事もあり、益々期待値は下がる。が、しかし... そんな不安を一気に払拭する作品であった!クリスマス映画という事で、とても感傷的に作られてはいるが、アン・ヴォーグの歌がたっぷり楽しめて、しかもクリスマスシーズンにピッタリな人を許そうという気持ちが生まれる作品である。確かにオリジナルメンバーで一番馴染みのあるテリー・エリス、シンディ・へロン、ドーン・ロビンソン、マキシーン・ジョーンズの4人でこの映画を観たかったとは思うが、新しいメンバーのローナ・ベネットも非常に魅力的だった。しかも後に加入した人にありがちな仲間外れぽさが無かったのも良い!多分それはシンディ・へロンが大人だったからだと思う...というのもこの映画で非常に感じられたのが面白い。今のアン・ヴォーグの映画として正解な出来であった。

意外と号泣。デビット・アラン・グリアで号泣。分かっちゃいるけど号泣。そしてアン・ヴォーグの歌でまた号泣。水分補給をお忘れなく。

(11/22/14:TVにて鑑賞)