SOUL * BLACK MOVIE * ブラックムービー

ブラックムービー、ブラックスプロイテーションなどについて


*10/15/2018に「ブラックムービー ガイド」本が発売になりました!よろしくお願いします。(10/15/18)

*映画秘宝 11月号にて、連載(パム・グリア#1)&『キャンディマン』新作&旧作、Sonny Chiba追悼を寄稿。(9/21/21)
*映画秘宝 10月号にて、連載(武道普及)&アイザック・ヘイズ&ロバート・ダウニー・Srを寄稿。(8/20/21)
*映画秘宝 9月号にて、連載(女性アクション映画史)&サブスク便利帳に寄稿。(7/19/21)
*映画秘宝 8月号にて、連載(『Yasuke -ヤスケ-』)&特集の「映画館に行こう!」を寄稿。(6/21/21)
*映画秘宝 7月号にて、連載(DMX追悼)&『ファルコン&ウィンターソルジャー』について寄稿。(5/21/21)
*映画秘宝 6月号にて、連載「Baadasssss Cinema Club」を開始。(4/21/21)
*ミュージック・マガジン 5月号のデイヴィッド・バーン特集にて、「スパイク・リー~闘い続ける映画作家」を寄稿。(4/20/21)
*キネマ旬報 4月下旬号の『21ブリッジ』特集にて、「ブラックムービー史からみる『21ブリッジ』」を寄稿。(4/5/21)
*映画秘宝 5月号にて『21ブリッジ』とチャドウィック・ボーズマン、『星の王子ニューヨークへ行く2』を寄稿。(3/19/21)
*映画秘宝 4月号にてLL・クール・J、『ラスト・フル・メジャー』、『ミナリ』について寄稿しました。(2/21/21)
*映画秘宝 3月号の「ベスト&とほほテン」に参加と『FARGO/ファーゴ』シーズン4について寄稿。(1/21/21)
*駒草出版 WEBにてBLM(ブラック・ライヴズ・マター)を理解するための5本を寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 2月号にて「オールタイム・シスターフッド映画30」と「イケメン女優名鑑BIG5」に寄稿。(12/21/20)
*映画秘宝 1月号にて監督4名について、そして『40歳の解釈: ラダの場合』レビューを寄稿。(11/21/20)
*映画秘宝 12月号にて『ラヴクラフトカントリー 恐怖の旅路』について寄稿。(10/21/20)
*映画秘宝 11月号にてチャドウィック・ボーズマンの追悼文を寄稿。(9/19/20)
*映画秘宝 10月号にて『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』、『行き止まりの世界に生まれて』について寄稿。(8/21/20)
*映画秘宝 9月号にて『ザ・ファイブ・ブラッズ』レビュー&キャスト、最新ブラックムービー&ドラマ10選、ブルース・リー『Be Water』レビューを寄稿。(7/21/20)
*ミュージック・マガジン 8月号「ブラック・ライヴズ・マター」特集の「映画ガイド」にて29作選出、11作を解説を寄稿。(7/20/20)
*FRIDAYデジタルにて「映画が描いてきた「Black Lives Matter」の深層」というコラムを寄稿。(6/18/20)
過去記事

2019年ゴールデン・グローブ賞ノミネート

2019年ゴールデン・グローブ賞ノミネートのまとめ
f:id:blackmovie:20181207000702j:plain:right:w250
2019年1月6日発表のゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表。今年は映画ドラマ部門作品賞でブラックムービーが3作も入るという快挙を成し遂げたのと、140字じゃ収まり切らないので、ブログでまとめます。

まずその映画ドラマ部門作品賞にノミネートしたのが、『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』、『BlacKkKlansman / ブラック・クランズマン (2018)』、『If Beale Street Could Talk / ビール・ストリートの恋人たち (2018)』(発表順)の3作品。他はブラッドリー・クーパーの『アリー/ スター誕生』とクイーン自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』。『ブラックパンサー』に関しては、マーベル映画での作品賞ノミネートは確か異例で快挙。『ブラック・クランズマン』は、スパイク・リー監督にとって『Do the Right Thing / ドゥ・ザ・ライト・シング (1989)』以来ぶりのゴールデン・グローブ賞ノミネート!『ビール・ストリートの恋人たち』はまだ全米公開前なので、私も未見の為深い事は書けませんが、バリー・ジェンキンス監督は『Moonlight / ムーンライト (2016)』以来、ハリウッドで確実に信頼を得た監督となった証拠である。

そして映画ドラマ部門主演男優賞には、『ブラック・クランズマン』のジョン・デイヴィッド・ワシントンがノミネート。あの偉大なる俳優であり、ジョン・デイヴィッドの父であるデンゼル・ワシントンですら、初主演作品でノミネートは果たしていない。ちなみにデンゼルの初主演映画アメリカ作品は『The Mighty Quinn / 刑事クイン/妖術師の島 (1989)』。初主演映画はイギリス映画『For Queen & Country / 女王と祖国のために (1988)』。ちなみに初主演作品はTV映画の『License to Kill / ライセンス・トゥ・キル 殺しのライセンス (1984)』。と、デンゼル父はジョン・デイヴィッドほど恵まれていなかった。デンゼルが初のゴールデン・グローブ賞ノミネートとなったのは、『Cry Freedom / 遠い夜明け (1987)』の助演男優賞。その時はノミネートだけで、2年後に『Glory / グローリー (1989)』にて助演男優賞受賞。主演に至っては、『Malcolm X / マルコムX (1992)』にて初ノミネート。主演男優受賞は7年後の『The Hurricane / ザ・ハリケーン (1999)』にて。その後5回ノミネートしているが、受賞はたった1度きり。偉大なる父を超えられるのか?非常に楽しみである。ちなみにジョン・デイヴィッドは母似だと私は思う。(どうでもいい事だが)
『ブラック・クランズマン』は、スパイク・リーが監督賞ノミネート、共演のアダム・ドライバー助演男優賞ノミネートと、4部門でのノミネート!日本では3月から公開!首を長ーーーーーーーくして待っていて欲しい。

ブラックパンサー』は作品賞、そして最優秀オリジナルスコア、最優秀オリジナルソングの3部門でノミネート。という事で、作品と曲の良さが認められている。が、私は不満だ。ライアン・クーグラー監督は監督賞と脚本賞(ジョー・ロバート・コールと共作)に選ばれても良かった。あと助演男優賞マイケル・B・ジョーダン助演女優賞ダナイ・グリラが入っても良かった。いやノミネートされるべきであった。ゴールデン・グローブ賞には衣装とかセット部門がないので、オスカーではもうちょっと多くの部門でノミネートされる筈である!

『ビール・ストリートの恋人たち』は、『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督最新作。作家ジェームス・ボールドウィン原作の作品。作品賞の他に、ベテラン女優レジーナ・キング助演女優賞ノミネート。レジーナ・キングはTV映画部門の主演女優賞に『SEVEN SECONDS』でもノミネートしている。どちらかの受賞は期待出来る!そして監督でもあるバリー・ジェンキンス監督が脚本賞にもノミネート。という事で、『ブラックパンサー』と並び3部門でノミネート。日本公開は2月22日から。

他には、『グリーン・ブック』のマハーシャラ・アリが映画ドラマ助演男優賞にノミネート。こちらの作品はコメディ・ミュージカル部門の作品賞を含め5部門でノミネート。

これから全米公開予定の『Spider-Man: Into the Spider-Verse』がアニメ部門でノミネートし、監督の1人であるピーター・ラムゼイの監督作品として 2度目ゴールデン・グローブ賞ノミネートとなった。

TV部門では、アマゾン・プライム『Homecoming』にて、ステファン・ジェームスがドラマ部門男優賞にノミネート。ジェームスは『ビール・ストリートの恋人たち』の主演男優でもある。

人気TVシリーズAtlanta / アトランタ (2016-Present)』は、作品賞のノミネートは逃したが、ドナルド・グローヴァーがコメディ・ミュージカル主演男優賞にノミネートしている。グローヴァーは2年前の2017年に同賞を受賞。その時は作品賞にも輝いており、話題になった。

そしてこの部門の常連になりつつある『ウエストワールド』のタンディ・ニュートンTVシリーズ助演女優賞にノミネート。ニュートンは去年エミー賞の方で同じTVドラマシリーズ助演女優賞を受賞している。

と、長くなりましたが、まとめてみました。悔しいのは『ブラックパンサー』の監督と脚本と助演ですかね!

Golden Globes